2013年7月8日月曜日

妙法寺編 2013年7月鎌倉便り


茎の部分が人間の背丈ぐらいあったんですが、そういうものなのでしょうか。まさに気品あふれる美しさといった感じでした。

一番上のタイトル画像はこれのアップです。甕に注いだ水の上にアジサイが浮かんでいます。普段やぐらを美しいとか言っている人間に妙法寺も言われたくないかもしれませんが、凄いキレイです。それとも生け花などのプロの世界にこういう手法があるのでしょうか。家にあったらずっと見とれていそうです。

苔の生えた階段頂部から朱塗りの仁王門を見下ろす個人的な妙法寺の絶景ポイント。

法華堂のある平場。緑がキレイでした。

裏山頂部にある護良親王墓位置から見える景色。こちらも安国論寺同様に運が良ければ富士山を眺めることができます。



2013年7月鎌倉便りに戻る

□2013年7月鎌倉便り 関連記事

安国論寺編

妙本寺編



□妙法寺 関連記事

妙法寺(探索記事)