2014年3月18日火曜日

本龍寺


山号寺号 龍口山本龍寺
建立   乾元元年(1302)
開山   日行
開基   -



本龍寺縁起


乾元元年(1302)の創建当初は与蓮山(よれんざん)という山号でしたが、龍口寺輪番八ヵ寺の一つとなってから山号を龍口山に改めたと伝えられています。龍口寺輪番八ヵ寺の中で最も古い創建です。本堂には田辺ヶ池の雨乞いの日蓮像や室町時代作の日行像が本尊と共に祀られているそうです。明治に住職を置くまで龍口寺には住職を置かず近くの日蓮宗のお寺が順番で龍口寺を守っていました。これを龍口寺輪番八ヵ寺と云います。

本堂

本龍寺境内


境内は一目で見渡せます。広くはありません。門をくぐって正面に本堂、付属する建物、右手が墓地といった具合です。周辺は平坦な住宅街ですが、境内の地形に段差がみられる他、切岸が残されています。Google Mapで見るとわかるのですが、若干の旧態地形を残した丘陵が隣接しています。もしかしたら本龍寺の裏山だったのかもしれません。丘陵部壁面にはやぐらのような造作がみられましたが、なんか微妙です。

切岸
やぐら? 奥に小さな石像が安置されている

比企大学三郎高家


私は確認していませんが、境内には比企大学三郎高家の墓があるそうです。墓石には文永二年(1265)に亡くなったと刻まれていて、石塔は江戸時代のものとありました。本龍寺はこの比企高家の邸跡に建てられたと云われています。また、この比企高家なる人物は、妙本寺の比企能本だとも云われています。真相は定かではありませんが、邸跡が日蓮宗寺社になったこと、北条氏を避けるように鎌倉中心部から離れた腰越に邸を構えた点など、なんか「意外に本当なんじゃないの」と思えてきます。

境内には中世のものらしき五輪塔があったりする
近世の墓塔

旧道


本龍寺付近の住宅街にある狭い路地に庚申塔が置かれていました。「こんな所に道が通ってたの?」と思うような場所です。『太平記』の記述にあった十間坂がここ腰越辺りを通っていたそうですが、現代の区画整備で何処かに小さくなって埋もれているそうです。そういった意味では、旧道がこのような寂しい箇所にあったとしてもおかしくないのかもしれません。

庚申塔

ニオイマツリカ


本龍寺で興味を惹かれる花を見つけました。詳しい人に聞いたところ、ニオイマツリカと云うそうです。おしとやかな見た目の割りに香りが強めです。

ニオイマツリカ

マツリカとは茉莉花でジャスミンのことだとありました。みなさんにはどうでもいいことかもしれませんが、私はジャスミン茶が好きでよく飲んでいます。外出の際にもペットボトルを購入するなら大抵ジャスミン茶です。寺社では遺跡ばかりに気をとられ、普段はなかなか植物まで目が届かないのに何でこんな気になったのか、その訳が自分でも納得いきました。ジャスミン繋がりでした。

5月撮影



より大きな地図で 江ノ島・腰越 を表示

探索期間 2013年5月
記事作成 2014年3月18日

本龍寺エリア関連記事


龍口寺

龍ノ口の法難跡と伝わる日蓮宗の聖地

比企ヶ谷 妙本寺

比企一族の痕跡が残された比企氏邸跡に建つお寺

霊光寺 田辺ヶ池

忍性が祈祷祈雨に用いた龍池が現存する地

本蓮寺

前身は開創595年の古刹で龍口寺輪番八ヵ寺の一つ

江ノ島・腰越エリア関連記事


江ノ島

鎌倉時代の人達も参詣した江ノ島の神社や岩屋などの史跡

腰越

中世の駅・宿場町だった腰越

満福寺

義経の腰越状で知られる古刹

本龍寺

比企能本の邸跡とも伝わる龍口寺輪番八ヵ寺の一つ

常立寺

片瀬・江ノ島道に立地する龍口寺輪番八ヵ寺の一つ

桟敷尼とぼたもち寺

日蓮に帰依していた桟敷尼とぼたもち寺の由縁に迫る!

宝善院

往時は龍口明神社別当寺だった宝善院

小動神社

八王子宮に由来する腰越の鎮守

鎌倉~江ノ島サイクリングコース

鎌倉の海を堪能する爽快サイクリングコース

鎌倉遺構探索リンク