2014年3月21日金曜日

鎌倉の古道・切通し


古道・切通し


鎌倉七口と呼ばれる往時の鎌倉への進入路や古道に旧態地形を残した切通し路などを主とした記事を集めました。

Google Map 鎌倉の主な古道
①巨福呂坂 ②亀ヶ谷坂 ③化粧坂 ④大仏坂 ⑤極楽寺坂 ⑥朝比奈峠坂 ⑦名越坂 ⑧小坪坂 ⑨白山道間道


大仏坂


長谷・甘縄から常葉・深沢方面に向かう道の一部に残された切通し路。旧態地形で往時の趣きを感じられる古道。

画像をクリック

極楽寺坂


鎌倉の西側からの玄関口。西国の要人のほとんどが通っていたであろう道。近現代で深く掘り下げられてしまいましたが、往時の切通し頂部と云われる成就院前で由比ヶ浜を望む鎌倉市内指折りの景色を眺められる。

画像をクリック

朝比奈切通


鎌倉の二大幹線道路の一つ、六浦道の峠坂部分。豊かな自然に囲まれた旧態地形を残す切通し路。房総半島に根拠地や所領を持つ和田氏・千葉氏・上総氏などが六浦港に向かうため往来していたであろう古道。

画像をクリック

名越坂


鎌倉と三浦半島を往来する道で丘陵越えの切通し路。周辺はまんだら堂やぐら群などが隣接する史跡エリアで往時の葬送地区に雰囲気もバッチリ。

画像をクリック

小坪坂


古東海道の一部と云われる鎌倉幕府開幕以前からあった古道。コンクリート舗装されているが、鎌倉を囲む山稜を越える往時の雰囲気を少しだけ味わえる。

画像をクリック

白山道間道


朝比奈切通六浦側出口から釜利谷方面に向かう古道に繋がる尾根道。不明な部分も多いがとにかく旧態地形のままで残されているところが魅力的。

画像をクリック


□カテゴリー別一覧に戻る


鎌倉遺構探索リンク