2014年4月18日金曜日

2014年4月 鎌倉遺構探索便り


行って来ました鎌倉。初詣以来なので結構久しぶりです。甘縄~極楽寺坂、そして海岸線から腰越方面に向かうことにしました。こちらの記事(鎌倉~江ノ島サイクリングコース)とちょっとカブる行程です。未だ見ていない龍口寺輪番八カ寺と、鎌倉街道を確かめることが今回の主なテーマです。最近読んでいる『旧鎌倉街道 探索の旅』(芳賀善次郎著)に触発されました。4ヶ月近いブランクで体力的な問題もあるので、今回はウォーミングアップを兼ね海を眺めながらのサイクリングとしました。鎌倉にいられて幸せな一日でしたが、ちょっとあいにくの曇り空でした。

Google Map 鎌倉~江ノ島
①長谷寺 ②極楽寺坂 ③十一人塚 ④七里ヶ浜駐車場 ⑤常立寺 ⑥本蓮寺 ⑦密蔵寺 ⑧上諏訪神社 ⑨ぼたもち寺 ⑩宝善院 ⑪日坂

上地図画像の番号は史跡を表し、かつ行程順路です。②~⑧の点を線で結ぶと旧鎌倉街道となります。そして⑨のぼたもち寺から日坂と、ちょっとマイナーな道をたどってまた海岸線に戻ってくることとしました。6時間ぐらいかかったと思います。


レンタルサイクル店が装い新たに


久しぶりに鎌倉に来てみると変わった事が。駅前のレンタルサイクル屋さんが新装開店していました。従業員の方と話したところ、2月にお店の建て直しをしたそうです。なんと自転車そのものも新品です。テンション上がります。以前の古い自転車だと亀ヶ谷坂のような急坂ではブレーキが効かないというスリルを味わうことが出来ましたが、これで一安心でしょうか。それでは出発。

駅前のレンタルサイクル店

長谷寺


早い時間ならそんなに人はいないだろうと思ったところ、もう修学旅行の学生が来る時期なんですね。それにしても長谷寺、人気のお寺だけあって相変わらずキレイです。この時期は新緑と花がキレイなのでなおさらでした。


極楽寺坂


天気のせいでしょうか、それとも長谷寺がキレイすぎたからでしょうか、極楽寺坂からの景色に今日はあまり感動しませんでした。海沿いを行きたいところですが、今日は鎌倉街道を行くのがテーマなので江ノ電に沿って進みます。ある意味予想通り、十一人塚(十一面観音堂跡)以外これといったものはありませんでしたが、後深草院二条(とはずがたりの作者)や西行(鳥羽院下北面の武士から遁世僧になった歌人)など、西側から来た人達がここを通っていたのかもしれないと考えると聖地巡礼みたいな感覚で楽しいです。

極楽寺坂 成就院前
十一人塚の碑

七里ヶ浜駐車場


極楽寺坂から連なる旧道を伝い海岸線134号に出ます。七里ヶ浜駐車場には近くにセブンイレブンやファストフード店などがあるので休憩場所としました。天気があまり良くないとはいえ、東京じゃぁこんなロケーションで一服できません。久しぶりだったのでトンビの存在を忘れていましたが、この日は鳩に見つめられるだけの平穏なランチを過ごせました。

七里ヶ浜駐車場から

龍口寺近辺


小動交差点から龍口寺に向かう道が鎌倉街道です。江ノ電が道路と並行しています。龍口寺をちょっとだけ通り過ぎた湘南モノレールの江ノ島駅辺りを右に入っていくと、常立寺・本蓮寺(ともに龍口寺輪番八カ寺)、密蔵寺・諏訪神社などが街道沿いにあります。龍口寺満福寺小動神社、それから本龍寺などの腰越駅周辺の輪番八カ寺は昨年に行ったので今回はスルーということで。

江ノ電が通る旧街道
常立寺

本蓮寺はキレイなお寺でした。境内は手入れが行き届いています。また、年代物っぽい大きな多宝塔が建てられていたのが印象的でした。どうやら自動車道開通のため、常立寺・本蓮寺共に裏山部分は失われているようです。残念。

本蓮寺

密蔵寺の拝観から戻ったところ、レンタルサイクルのレンタ君が新人のためか、もう疲れたようで、壁にもたれかかっていました。「もうあんまり上り坂とか行かないようにするから」となだめて再出発しました。

「自分もうダメっす・・」

西行の戻り松と江ノ島弁財天道標


道沿いにあった案内板です。西行がこの辺りを通ったとされる逸話が紹介されています。また江ノ島弁財天道標が残されています。市指定重要文化財なんだそうです。その他にも3つぐらい見かけました。ここが街道だったことが伝わってきます。

江ノ島弁財天道標
狭い道だけど旧街道

ぼたもち寺


龍口寺に戻って、別名ぼたもち寺で有名な法源寺(龍口寺輪番八カ寺)へ。丘の上にある感じで、海が見渡せます。予想を軽く良い方に裏切ってくれました。

法源寺

宝善院


ぼたもち寺前面通りを奥に進みます。お寺もなく墓地だけのエリアがありましたが、ここが風土記にあった観音堂跡でしょうか。庚申塔や道祖神までありました。

庚申塔などの石塔群

やぐらセンサーが反応! 怪しい雰囲気を察したので、住宅地を奥に入って行くとありました! やぐら・・にしてはデカすぎ。開口部が3mぐらいあります。上郷で見た古墳時代横穴墓と形状がソックリですが、よ~く見ると副室があったりと造りが凝っています。もしかしたら古墳時代横穴墓を中世でやぐらとして転用したのかもしれません。それにしても偶然にして横穴を見つけた時の感動ったらありません。

宝善寺付近にあった横穴 フェンスで近づけないようになっている

そして少し進んだ奥まった所にひっそりと宝善院が佇んでいました。小さなお寺でしたが、今ちょこっと調べたところ、龍口大明神の別当寺として往時はとてつもない大寺院だったそうです。現代の墓地となっている往時の裏山部分であろう箇所を登っていくとかなり景色が開けます。そして墓地だけに天国かと思う程にキレイな花がこれでもかと植えられていました。

宝善寺から
宝善寺裏山のお花畑

日坂


宝善院から新田義貞が鎌倉攻めの際に通ったとされる日坂(鎌倉高校前)へと進み海岸線に戻ります。日坂から海が見えます。

宝善寺から日坂に行く途中
日坂

楽しかった鎌倉探索を終え鎌倉駅に戻ります。今回初めて訪れた本蓮寺・宝善院など、市史や風土記などで詳しいことを調べてから改めて記事にします。




より大きな地図で 江ノ島・腰越 を表示

探索期間 2014年4月
記事作成 2014年4月18日





鎌倉日記のTOPに戻る