2014年7月17日木曜日

2014年7月 鎌倉遺構探索便り


鎌倉行ってきました。2ヶ月以上ぶりなのでちょっと久しぶりです。曇ったり日が射したりと安定しない天気でしたが、雨に降られることはありませんでした。久しぶりだったので今日の目的地に向かう前にちょっと色々とまわってみました。


極楽寺坂


鎌倉遺構探索でここから撮った画像を何度掲載したでしょうか。極楽寺坂大好きです。坂の頂上から海が見える絶景ポイントというだけでなく、鎌倉を目指してきた当時の人達がここで「鎌倉に着いた~」ってなる情景が浮かんでくる歴史的付加価値も魅力だと私は思います。何度撮っても坂の向こうにある海岸線が白くなってしまうので、そろそろいい加減この安物カメラを買い換えようかとこの日思いました。極楽寺坂はあじさいの名所として有名ですが一切何も残されていません。枯れたら全てキレイに取り除いてしまうようです。

極楽寺坂

妙本寺


昨年もこの時期に来ましたが、妙本寺のあじさいは未だ健在です。それとも咲くのが遅いのでしょうか。ちょっとわかりませんが、とにかく遅れながらに梅雨時期の鎌倉がちょっと味わえる有難いお寺です。ホントにキレイです。頼朝や実朝も納涼の地として比企ヶ谷に来ているのが吾妻鏡に記されています。

妙本寺
ノウゼンカズラっていう花なんだそうです

海蔵寺


海蔵寺には色んな自然の色がありました。

海蔵寺

十二所


さて本日のメインイベント。鎌倉在住のご老公から話を聞いていた尾根道をいつか行こう行こうと思いつつ行ってませんでしたが、とうとうやって来ました。十二所から逗子方面に向かう尾根道です。意外にも立派に切り通されていてビックリ。その他、やぐらもしくは古墳時代横穴墓とも思える謎の横穴などを発見しました。場所が場所だけに鎌倉の他のハイキングコースとは雰囲気が異なります。ちょっと面白かったので近いうちに記事にします。
追記:記事にしました「幻の池子・長ネギ道

十二所~逗子への尾根道
謎の横穴
熱中症で倒れていたレンタルサイクルのレンタ君


大倉幕府に関する道跡?


大倉幕府跡付近の六浦道沿いで何やら地中を深く掘っていたので、「おいおい鎌倉でそんな深く掘っていいのかよ」と近寄ってみると、なんか見えてます・・。現場にいたおじさんに尋ねたところ、道跡が出てきてしまったそうです。こういう発掘現場みたいなの初めて見ました。ちょっと面白かったです。何か頼朝邸に関する新しい発見となるのでしょうか。

二段目の地層に何やら石列らしきものが確認できるのがわかりますか

宝戒寺


こんな時期ですし得崇権現にご挨拶してきました。

宝戒寺
得崇権現
滑川


探索期間 2014年7月
記事作成 2014年7月17日


2014年7月鎌倉遺構探索便り 関連記事


極楽寺坂

京と鎌倉の往還路、極楽寺切通沿いの史跡などを紹介

比企ヶ谷 妙本寺

比企一族の痕跡が残された比企氏邸跡に建つお寺

海蔵寺

十六ノ井など貴重な遺跡が残る扇ヶ谷上杉氏の禅宗寺院

海蔵寺旧境内と源翁禅師

海蔵寺周辺に残された遺跡と謎多き源翁禅師

鎌倉~江ノ島サイクリングコース

鎌倉の海を堪能する爽快サイクリングコース




鎌倉日記のTOPに戻る