2014年12月1日月曜日

建長寺シリーズ記事一覧


建長寺エリアマップ


Google map 建長寺
①中心伽藍 ②西来庵 ③その他塔頭エリア ④雲外庵跡 ⑤旧道エリア ⑥勝上獄・半僧坊 
⑦十王岩 ⑧回春院・地獄谷エリア

建長寺資料


建長寺伝延宝図

延宝六年(1678)徳川光圀施入と伝えられる建長寺境内を描いた古絵図

画像をクリック

建長寺歴代住持

どこかで聞いたことのある名前ばかりの建長寺歴代住持。なかでもさらに有名な住持たちにスポットをあててみました。

画像をクリック

建長寺門内


建長寺中心伽藍

日本初の禅寺建長寺の直線上に伽藍が建ち並ぶ魅惑の中心部

画像をクリック

建長寺雲外庵跡

何気なく通っていた半僧坊参道には、往時では雲外庵という建長寺塔頭がありました。現在とは違う建長寺境内の風景が見えてきます。

画像をクリック

建長寺旧参道

勝上獄へ向う旧道沿いに残る塔頭や華厳塔の痕跡をめぐるエクセレントな尾根道ルート。なんと、四方鎮守の熊野社跡らしき痕跡も。

画像をクリック

建長寺勝上獄 半僧坊

雄大な景色を望める半僧坊権現が祀られた勝上獄。大覚禅師にまつわる遺構や、被災した記憶を伝える痕跡が残されていました。

画像をクリック

建長寺回春院と地獄谷

建長寺の歴史を遡る地獄谷に残された斉田地蔵・原田地蔵などの伝承の痕跡をめぐる

画像をクリック

建長寺門外


建長寺四方鎮守 第六天エリア

建長寺の四方鎮守のひとつ第六天が所在する丘陵部に残された遺構

画像をクリック

ワメキ十王跡

建長寺伝延宝図に描かれた「十王跡」と鎌倉のレイライン上に位置する十王岩をめぐる

画像をクリック

巨福呂坂

鎌倉と山ノ内を結ぶ鎌倉の大動脈。巨福呂坂の往時の姿を偲ぶ

画像をクリック