2015年1月19日月曜日

やまなみルート


中世の生活道 やまなみルート


十二所から池子にまたがる丘陵を伝って、鎌倉・逗子・六浦間を往来する尾根道をやまなみルートと云います。「中世以来、三浦半島から鎌倉に至る重要な生活道」と、久木大池公園の案内板にありました。この復元された「中世以来の生活道」は、地理的にも池子米軍施設内を横切れない事情から、一部はただの迂回ルートとも思えましたが、単純に米軍施設内を横切っていたであろう岐路が失われただけなのかもしれません。特に明石ヶ谷や熊野神社付近で古道らしい趣きを感じられ、また、鎌倉(光触寺・果樹園・朝比奈切通)・逗子(久木大池)・六浦(六浦駅)のどこからでもアクセスできます。

久木大池公園にあったやまなみルートの案内板

やまなみルートの光触寺~久木大池公園間(『幻の池子長ネギ道』)は、以前に訪れたので、今回は光触寺から六浦に出てみようと思います。がしかし、前述したように、米軍施設がある関係で、池子方面には行けないようになっている散策路に、違和感を感じ萎えてしまいます。急遽、熊野神社から朝比奈切通と並行する尾根道に出て、また十二所に戻るというコースを歩きました。

Google map 十二所
赤線がやまなみルート光触寺~十二所 白線が朝比奈切通

とても地味な散策路ですが、途中で十二所果樹園を通るので、ちょっとした見晴らしを望むこともできます。あとは考え方次第でしょうか。鎌倉~六浦間を頻繁に往来していた有名人と言えば、三浦・房総半島を根拠地とする三浦・千葉・上総などの一族が挙げられます。それほどの大物らがこのような生活道を通っていたのかどうかは微妙ですが、彼らもここを通ったと考えながら歩けば、少しは盛り上がるかもしれません。妄想を広げて鎌倉を誰よりも楽しみましょう。

やまなみルート 光触寺~


光触寺裏にある巨大な石切り場跡から尾根を登って行きます。光触寺ヶ谷から明石ヶ谷にかけて、羽黒神社・宇佐八幡などがあったそうなので、この辺りの尾根道も中世から開発されていたのではないかと想像が膨らみます。平場・堀切・石切り跡などが確認でます。

光触寺裏山尾根

登り坂を突き詰めると、米軍施設との境界線を表すコンクリートの壁が現れます。なんと、ご親切に、そのコンクリートの壁に方向指示などの案内が落書きのように記されています。


上記したように、今回は、久木大池公園とは反対の十二所果樹園方面に向かいます。久木大池方面と同じくコンクリートの壁が延々と尾根道に並行します。これが本当に中世からあった尾根道であれば、とても感慨深いものです。ちなみに、鎌倉・逗子・六浦の境界線が尾根道で区切られているようなので、意外と本当に昔からあった道なのかもしれません。だって丘陵で境界線を引く場合、「尾根道で分けるとわかりやすいよね」みたいな話になりそうじゃないですか。


尾根道にいきなり頑丈そうな鉄の扉が現れます。扉部分だけなので、どこでもドアかと思いました。これは米軍池子弾薬庫の名残りなんだそうです。


さらに進むと切通しが現れました。尾根道より低い部分に並行して足元が悪そうな道がありましたが、ハイカーの安全を考えて道を増設したのかもしれません。ですから切通しは新しいものかも。


やまなみルート ~十二所果樹園~


切通しを抜けると、果樹園となります。せっかくなので、果樹園から壮大な景色を望める見晴台に寄っていきます。この日は曇り空だったので、下画像をご覧のとおり、景色はちょっとイマイチでした。もしも天候などの条件が良ければ、私はここから見える景色を「鎌倉からの景観ベスト10」に入れます。

果樹園
見晴台からの景色

果樹園を抜け、六浦方面に向かいます。「本当にハイキングコースなの?」と疑いたくなるほど草で道が覆われていました。夏だったからでしょうか。草木に付いている水滴でズボンが結構濡れるんですよ。

ハイキングコース・・

やまなみルート ~熊野神社~


六浦駅方面と熊野神社方面に分かれる分岐点から熊野神社方面に向かいます。朝比奈の街並みが見えてきます。ちなみに朝比奈という町名は、昭和11年に命名されたものです。もとは「峠」とか「峠村」などと呼ばれていました。残念なことに朝比奈三郎義秀が住んでいた訳ではありません。

尾根道から見えた朝比奈の街並み

近くにとてつもなく風化している石造物がありました。これが墓なのか碑なのかわかりませんが、この辺りにどんな歴史があったのでしょう。古そうだから鎌倉期のものと考えたいところですが、風化の度合いで年代は測定できません。風化は陽の光や雨風などが特に影響するそうです。

謎の石造物

熊野神社が近づくと、尾根道が古道らしい雰囲気を醸し出します。底面が若干掘り割っています。何となく歴史を感じます。

熊野神社付近尾根
熊野神社

熊野神社から朝比奈切通に出ず、神社裏の尾根道を進みます。せっかく朝比奈切通に来て、わざわざこちらを歩く人もいないので、「鎌倉を独占している感」もしくは「オレだけの尾根道感」を味わえます。尾根道は朝比奈切通の鎌倉方面の序盤に現れる小切通しの部分に繋がり、朝比奈切通しへと出ます。

オレだけの尾根道
朝比奈切通

ちゃんと六浦方面に向かってないのに評価するのもなんですが、光触寺~久木大池間(『幻の池子長ネギ道』)の方が古道らしき跡がみられたりと魅力的です。また、史跡など関係なくハイキングとして楽しみたいのであれば、果樹園周り(『十二所七曲』)を堪能してそのまま十二所に出てしまうのもありかもしれません。



探索期間 2014年7月
記事作成 2015年1月19日

十二所エリア関連記事


朝比奈切通

旧態で残された鎌倉と六浦を往来する六浦道の峠坂

十二所七曲

果樹園のある七曲に残された十二所にまつわる歴史

幻の池子・長ネギ道

光触寺裏山から明石ヶ谷裏山を経て久木大池に向かう尾根道

十二所満喫堪能コース

御坊ヶ谷を中心とした十二所のディープゾーン

十二所と大江広元

明石ヶ谷を中心とした十二所に点在する大江広元に関する史跡

光触寺

廃絶していった寺院が多い十二所にあって鎌倉期から続いてきた古刹

十二所神社

十二所神社は十二所の鎮守で鎌倉期の創建

月輪寺跡

美しい自然に埋もれる鎌倉の僻地に残された寺院跡

鎌倉遺構探索リンク