2015年4月24日金曜日

2015年4月 鎌倉遺構探索便り


シャガってキレイですよね。 ということで今回はシャガをテーマに鎌倉を廻ってみました。が、さすがに春ですから、シャガだけでなく色々な美しい季節の花々に出会えました。平日だったこともあってか、もしくは修学旅行生もまだまだ少ないせいか、または桜も完全に終わったし、でもツツジの季節にはちょっと早いし・・なんて考える方も多いのか、それほど人混みもなく快適な一日を過ごせました。

シャガ

シャガのありそうな史跡に狙いを定め鎌倉を廻りました。一部大ハズレの場所もありましたが、前述したように、シャガがなくとも素敵な春の様相を眺めることができました。

Google map 鎌倉
①東慶寺 ②浄智寺 ③巨福呂坂 ④鶯ヶ谷 ⑤北条時房邸跡 ⑥報国寺 ⑦浄妙寺 ⑧永福寺跡 
⑨瑞泉寺 ⑩妙本寺

浄智寺


浄智寺は、総門・山門をバックにシャガを鑑賞できるという素晴らしいシチュエーションになっていました。・・素敵。

浄智寺

東慶寺


私が言わなくとも皆さんご存知でしょうが、東慶寺は本当にキレイです。昨年の紅葉時期に訪れてちょっと感動的な美しさだったのが記憶に新しいところですが(『紅葉便り 北鎌倉編』)、新緑のもみじがこれまた紅葉に劣らずキレイです。シャガは天秀尼の墓所付近に群生していました。

東慶寺

巨福呂坂の横穴


巨福呂坂の鎌倉側の出口が更地になって久しく、さらに属性不明の横穴があることを昨年の便りでも伝えましたが、ちょっと我慢できなかったので確認してきました。遠目からは形状が変わっているように思えたのですが、意外に意外でそのままやぐらのようです。ちょっと掘り込みが浅いので微妙ですけど。また、この平場の上にまた平場があってそちらには民家が建っています。ひな段状地形でさらに巨福呂坂沿いだけに、もしかしたら往時からの地形の名残りかもしれないと想像してしまいます。

巨福呂坂の鎌倉側出口

鶯ヶ谷


鶯ヶ谷の丘陵部、小町通りから八幡様と鎌倉街道に行き着くところ、もしくは鉄ノ井がある辺りの裏山です。木々を伐採しただけなのかもしれませんが、土砂崩れがあったようにも見えます。大丈夫だったんでしょうかね。

鶯ヶ谷丘陵部

北条時房邸跡


鶴岡八幡宮太鼓橋からも近い若宮大路の西側に空地ができていました。鎌倉まで来てグルメとかお店とかにはほとんど興味を持たないので、ここにどんなお店があったのか思い出せません・・。まぁとにかくですね、ここは鎌倉市教育委員会の調査報告書に北条時房もしくは赤橋顕時邸跡とありました。両人とも執権を補佐する重要なポジションにいた人物だったので、この土地はそのような重職に就く北条一族が代々邸を構えていたものと思われます。ここで地中を掘ったらとてつもないお宝が出てきそうです。それとももう掘ったんでしょうか。

北条時房邸跡 

浄妙寺


浄妙寺では、ツツジ・ボタン・シャガ・フジ・八重桜と、とてもカラフルな境内になっていました。長谷寺ほどではありませんが、春の花オールスター編みたいでした。まぁ何はともあれとてもキレイでした。

浄妙寺喜泉庵

ところで、今回初めて足利直義墓に立ち寄りました。報国寺と同じくこちらも3つの大きな横穴が連なっています。報国寺・浄妙寺・公方御所にある横穴は、何故か大きさ形状ともほとんど一緒です。

足利直義墓所

ちなみに一番上のタイトル画像はここ浄妙寺です。視界に入った瞬間、微笑みと脱力感が同時に襲ってきます。今日はそんなところで寝てんのかい・・って。ちなみに親子か兄弟かわかりませんがソックリな風貌をしたネコがもう一匹いるんですよ。


永福寺跡


瑞泉寺に向う途中、ちょっと永福寺跡に立ち寄ってみました。覚えている景色と状況が異なるので、工事は着々と進んでいるようです。小さな石つぶが敷き詰められていましたが、ここが池の部分になるようです。出来上がりはどんな風になるのでしょう。楽しみです。

永福寺跡 画像右側に小さな石が敷き詰められている

瑞泉寺


瑞泉寺では、シャガの他、紫の小さな花がたくさん咲いていました。瑞泉寺の方にうかがったところ、こちらは「しょかっさい」という花で別名を「花大根」と云うそうです。形が大根の花に似ているからだそうです。今ちょっと調べたところ、wikipediaには、「オオアラセイトウ」とあり、別名をショカツサイ(諸葛菜)と云うとありました。この別名の由来は、諸葛孔明が広めたからだという説があるそうです。ですからシャガと同じく中国から来た花のようです。

ショカツサイ(諸葛菜)

妙本寺


妙本寺は前回の桜ツアーのときに訪れたのですが、桜ばかりに目を奪われたためか、もしくは鎌倉中の桜を見てやろうと先を急いだためか、シャガの存在に気付きませんでした。量的には浄智寺・東慶寺以上かもしれません。

妙本寺
新釈迦堂への参道

妙本寺からハイキングコースに出ました。ハイキングコースを久々に全部歩きたかったのですが、体調が万全ではなかったためか、情けないことにここらで体力が尽きてしまい途中で戻りました。本格的な探索シーズンを前に、そろそろしっかり体調を整えようと思います。

なんと祇園山ハイキングコースにもシャガがびっしり!

カテゴリー 鎌倉日記
記事作成  2015年4月24日

2015年4月鎌倉遺構探索便り関連記事


浄妙寺

鎌倉五山第五位の名刹で足利氏の邸地跡というブランド感満載のお寺

報国寺

竹のお寺で人気の上杉氏の菩提寺

永福寺跡

平家などの怨霊を鎮めるために頼朝が建立した壮大な寺院跡

祇園山ハイキングコース・エリア

ハイキングコース丘陵沿いに所在する史跡などを紹介

比企ヶ谷 妙本寺

比企一族の痕跡が残された比企氏邸跡に建つお寺

浄智寺

多くの名僧・高僧が住持した鎌倉後期の禅宗寺院

東慶寺 ~縁切寺

明治時代までは女性救済のための尼寺だった古刹

瑞泉寺

カリスマ夢窓疎石が造営した鎌倉禅宗寺院の極み

巨福呂坂

鎌倉と山ノ内を結ぶ鎌倉の大動脈にある坂道

鎌倉遺構探索リンク