2015年4月1日水曜日

かまくら桜便り 後編


かまくら桜便り後編です。前編では鶴岡八幡宮から六浦道、そして小町大路沿いの史跡に立ち寄り材木座光明寺まで南下しましたが、今回は鎌倉の西側に入ります。下地図画像の番号でいうところの⑫の光則寺から始まります。

Google map 鎌倉
①八幡宮②大倉幕府跡③浄妙寺④明王院⑤光触寺⑥宝戒寺⑦妙隆寺⑧妙本寺⑨安国論寺⑩長勝寺
⑪光明寺⑫光則寺⑬長谷寺⑭御霊神社⑮極楽寺坂⑯極楽寺⑰源氏山⑱海蔵寺⑲薬王寺⑳浄光明寺


長谷・甘縄


光明寺から海岸線を伝って長谷・甘縄に入り、まずは光則寺を目指します。お寺の案内板に「山門のしだれ桜」が紹介されていたのを覚えています。普段の様相とは異なり谷戸の入口から多くの人がいました。光則寺の桜も有名みたいです。案内板通りのしだれ桜でしたが、想像よりちょっとボリューム感がありませんでした。しかしそこは花のお寺光則寺、境内の本堂前にカイドウ(案内板にカイドウとあった)という見事で立派な花が咲き乱れていました。光則寺にこんなに人がいるのを初めて見ました。

光則寺のしだれ桜
光則寺本堂前のカイドウ

そして今回のかまくら桜ツアーの本命の一つ、長谷寺ですが、このときちょうどお昼時ぐらいだったでしょうか。もう既にとてつもない人混みだったため、残念ながら断念することにしました。やっぱり人気の長谷寺は朝一番で行かないとダメですね。名残惜しい気持ちでいっぱいですが、またいつか鎌倉で桜を見る機会に恵まれたときの楽しみにとっておくことにします。

極楽寺坂


長谷寺から極楽寺坂に向かいます。とその前に御霊神社に寄ってみました。こちらも存在感のある桜があって素晴らしい雰囲気でした。

御霊神社

さて、鎌倉遺構探索でよく取り上げる極楽寺坂ですが、成就院前に桜があったので、ご覧の通り、いつもの坂道から見える海に加え桜まで視界に入る絶景です。そして極楽寺境内にも桜が立ち並んでいました。

極楽寺坂
極楽寺

七里ヶ浜


上地図画像に印していませんが、極楽寺から江ノ島方面に向かいました。久しぶりの鎌倉ということもあって、海辺をサイクリングしたかったのと、常立寺・本蓮寺がいつもキレイなので、この時期も期待できるのではないかと思ったからです。下画像は七里ヶ浜の海岸線沿いの駐車場にあったファーストキッチン跡地です。昨年の紅葉時期にファーストキッチンが閉店していたところまでは見届けたのですが、冬の間に新しいお店が新装開店したようです。どうやら飲食店のようです。七里ヶ浜のここ最近のオシャレ感に似合ったお店になっています。

七里ヶ浜駐車場

龍口寺八ヵ寺エリア


途中、小動神社の参道が桜に覆われて素敵なことになっていたので、立ち寄ってみました。キレイなんですが、この辺りから桜の美しさの感動が薄れはじめました。ところで皆さん、アイドルグループには計算してブサイクも入れておくという法則をご存知でしょうか。ブサイクなのがグループに混ざるだけで可愛い子がさらに引き立つという結果となります。例えると今回のかまくら桜ツアーは、全員が石原さとみ状態、つまりグループ全員美人みたいな感じなので、どんなに美しくても徐々にその美しさの価値が薄れていってしまうという感じです。私の言いたいことが伝わったでしょうか・・。

小動神社

そしていよいよ江ノ島エリアに到着。龍口寺には桜がありましたが、なんと・・前述した期待の常立寺・本蓮寺が全くもって意にそぐわない状態となっていました。今ネットで調べたのですが、この時期の常立寺は桜というより梅で有名なようです。ですからこの時期にはもうすっかりそれら梅の花が無くなって一息ついている状態なんですね。知っていたらここまで来なくても良かったかなぁ・・なんて思いましたが、海辺のサイクリングが快適だったので良しと考えましょうか。

龍口寺

源氏山エリア


江ノ島からまたはるばる海岸沿いを戻り、和田塚から北上して笹目を抜け佐助ヶ谷、そして源氏山に向かいます。銭洗弁天にも何本かの桜がありました。それにしても改めて思いますが、銭洗弁天の谷戸の形状ってホント不思議ですね。火口の中に谷戸があるようなこの形状、確かに隠れ里という表現がピッタリです。誰か重要人物を囲ったりするのに最適です。

銭洗弁天 ほぼ360度丘陵に囲まれている

そして源氏山の葛原岡神社前に到着。広いスペースがある分、多くの人で賑わっていました。皆さん上野公園のようにシートをひいてくつろいでいます。そしてなんと、肝心の源氏山(頼朝像広場)に行くのを忘れました・・。前も忘れたような気がするんですが、確か紅葉の時期だったと思います。

葛原岡神社前
葛原岡神社前

扇ガ谷


そして源氏山から扇ガ谷へ。いつも素敵な海蔵寺に桜はありませんでしたが、相変わらず目を惹く花が咲いています。名前はわかりませんが白いフサフサの花とシャガです。白いフサフサの花はネットで調べた限り、どうやらユキヤナギと呼ばれるものらしい・・気がします。たぶん。それから亀ヶ谷の薬王寺に、泉ヶ谷の浄光明寺にも素敵な桜が咲いていました。

海蔵寺のユキヤナギ(たぶん)
薬王寺
浄光明寺

ということで、桜だけ堪能してきたとはいえ、一日でざっと数えただけでも25ぐらいの史跡を廻りました。個人的にはたぶん新記録かもしれません。美しい光景が目に焼き付いて心が穏やかになった気がします。鎌倉に感謝。


カテゴリー 鎌倉日記
記事作成  2015年4月1日

かまくら桜便り関連記事


かまくら桜便り①

鎌倉に桜を見に行ってきました!弾丸ツアーでボリューム満点!【前編】

かまくら桜便り ~長谷寺編

前回の桜ツアーで見逃した長谷寺に桜を見に行ってきました!

浄妙寺

鎌倉五山第五位の名刹で足利氏の邸地跡というブランド感満載のお寺

光触寺

廃絶していった寺院が多い十二所にあって鎌倉期から続いてきた古刹

十二所と大江広元

明石ヶ谷を中心とした十二所に点在する大江広元に関する史跡

宝戒寺

滅亡した北条氏を弔うために建立されたお寺

比企ヶ谷 妙本寺

比企一族の痕跡が残された比企氏邸跡に建つお寺

安国論寺

日蓮が鎌倉入り後に初めて庵を営んだとされる日蓮宗の聖地

長勝寺

裏山からの展望が壮大な日蓮宗のお寺

光明寺

鎌倉寺社を代表する禅宗寺院とは一味違う海と富士山が見える浄土宗のお寺

光則寺

草花で彩られた境内と横穴墓が魅力の光則寺は北条氏被官の宿屋光則が開基

長谷寺

736年に建立された古刹には十一面観音像や弁天窟など見所がたくさん!

坂ノ下御霊神社

坂ノ下の鎮守で頼朝の鎌倉入り以前からあった歴史ある神社

極楽寺坂

京と鎌倉の往還路、極楽寺切通沿いの史跡などを紹介

鎌倉~江ノ島サイクリングコース

鎌倉の海を堪能する爽快サイクリングコース

小動神社

八王子宮に由来する腰越の鎮守

龍口寺

龍ノ口の法難跡と伝わる日蓮宗の聖地

桟敷尼とぼたもち寺

日蓮に帰依していた桟敷尼とぼたもち寺と呼ばれる腰越の法源寺と名越の常立寺の関係は?

常立寺

片瀬・江ノ島道に立地する龍口寺輪番八ヵ寺の一つ

本蓮寺

前身は開創595年の古刹で龍口寺輪番八ヵ寺の一つ

銭洗弁財天 宇賀福神社

鎌倉屈指の人気スポットで北条時頼が参詣を促したと云われる銭洗信仰の場

葛原岡神社

源氏山ハイキングコース上にある日野俊基を祀る神社

海蔵寺

十六ノ井など貴重な遺跡が残る扇ヶ谷上杉氏の禅宗寺院

薬王寺

鎌倉期の伝承を失った謎の多いお寺

浄光明寺

赤橋流北条氏の菩提寺で旧態地形や鎌倉期の遺跡が残存する魅惑のお寺

鎌倉遺構探索リンク