2015年8月15日土曜日

エリア別 三浦市


三浦半島の南端部となる三浦市には豊かな大自然に加え、和田義盛邸跡や三浦義村の墓、そして三浦一族終焉の地となった新井城跡などがあります。絶えず自然の風景が視界に入ってくる素敵な地域です。

Google map 三浦

三浦市の記事一覧


頼朝の三崎山荘

頼朝の三崎遊覧をテーマに頼朝の三崎に関する史跡を紹介します。頼朝の三崎山荘とはどこにあったのか、そして吾妻鏡には記されていない頼朝の妾、妙悟尼とは。

画像をクリック

海南神社

三崎の総鎮守海南神社は9世紀に大宰府を拠点とした藤原資盈に関連します。御霊神社や源為朝を祭神とした疱瘡神社、そして和田義盛に関連する筌龍弁財天などの多くの神さまが合祀されています。三崎の歴史が凝縮された神社です。

画像をクリック

新井城跡

相模三浦一族の終焉の地は三方を海に囲まれた難攻不落の城。旧道と海の景色が魅力!

画像をクリック

油壷史跡めぐり

新井城跡周辺の史跡めぐりに行ってきました!○海外町のスランプ構造○油壷湾○諸磯神社と小桜姫神社?○三浦水軍・出口茂忠○白髭神社と壮大?な由縁○義士塚、以上のテーマでお送りいたします。

画像をクリック

和田の里

三浦半島における和田義盛の拠点、初声の和田に所在する史跡を訪れました。どこまでも畑の景色が続くほのぼのエリアです。

画像をクリック

南下浦

三浦海岸から海岸線を少し南下した辺りにある三浦義村の墓を訪ねました。

画像をクリック

南下浦 ~後編

南下浦の後編です。特別これといった史跡も登場せず・・一旦はボツとしましたが、素敵な写真が撮れたこともあって、せっかくなのでアップしてみました。良ければお付き合いください。

画像をクリック

雨崎海蝕洞穴

雨乞いの地、雨崎に営まれた海蝕洞穴は、弥生時代から古墳時代までに住居や墓地として利用されていました。そしてなんと探索時には現地の裸族と遭遇するというアクシデントも。戦慄のレポートをついに公開!

画像をクリック

松輪・間口海蝕洞穴

やぐらのような造作や石塔残欠など、どこか中世の痕跡が漂う松輪。その松輪の間口港でちょ~大型の海蝕洞穴を発見!

画像をクリック

剱崎海蝕洞穴

剱崎から江名にかけて所在する海蝕洞穴に行ってきました。ちょ~巨大な洞穴に興奮を抑えられません。そして自然が織りなす造形物に神秘を感じました。

画像をクリック

毘沙門海蝕洞穴と盗人狩

有名な毘沙門洞穴、そして迫力の地形盗人狩に行ってきました。霊感の強い方は今回の記事は見ないほうがいいかも?

画像をクリック

宮川海蝕洞穴

宮川から三崎にかけて所在する海蝕洞穴に行ってきました。○釈迦堂風海蝕洞穴○鍾乳洞風海蝕洞穴○最恐の海蝕洞穴○ブルーシート海蝕洞穴と、今回も素敵な海蝕洞穴を発見することができました。その他、岩礁のみちのアスレチック度が増していたことに困惑を隠せません。

画像をクリック

その他関連記事


三浦氏系図

三浦氏の系譜を三浦半島の史跡と共に紹介!

画像をクリック