2015年10月1日木曜日

2015年10月鎌倉遺構探索便り 萩ツアー編


今回は萩の花をテーマに鎌倉に訪れました。9月ギリギリだったのでちょっと旬も過ぎた感もあり若干遅かったようでしたが、昨年の見れなかったという出来事(鎌倉遺構探索便り2014年10月)に比べれば、見れただけでも満足のいく一日となりました。また、私事ですが春から夏にかけて三浦半島の史跡めぐりをしていたので久しぶりの鎌倉ともなります。北鎌倉駅で下車して浄智寺から葛原岡ハイキングコースを進み、化粧坂で下りて海蔵寺、そして浄光明寺、そこから八幡宮に向うように進んで萩寺宝戒寺、そしてさらに宝戒寺から祇園山ハイキングコースを歩き最後は鎌倉駅に戻るというコースとなりました。

Google map 鎌倉
①北鎌倉駅 ②浄智寺 ③葛原岡神社 ④海蔵寺 ⑤浄光明寺 ⑥巌堂 ⑦宝戒寺 ⑧東勝寺跡 
⑨八雲神社 ⑩鎌倉駅

北鎌倉駅


北鎌倉駅から山内道に出ると円覚寺旧境内に萩の花が咲いていました。この時点でまだ花が散っていないことを確信できて一安心です。どうやら昨年の二の舞は避けられたようです。

山内道北鎌倉駅前

葛原岡ハイキングコース


浄智寺から葛原岡ハイキングコースを行きます。浄智寺の裏山となるこの辺りの尾根道は相変わらず素敵です。蛇居ヶ谷切通(大堀切)に到着したところ、海蔵寺のある谷戸を見渡すことができました。こんなに景色が開けて見えたは初めてです。旧態地形を複数回訪れると、草木の伐採状況によって以前は見れなかったり気付かなかったりした場所が必ず現れます。

大堀切から見渡せた海蔵寺のある谷戸

葛原岡神社前の広場に到着。生い茂る木々で自然の地形しか見えませんがここからも結構遠くまで見渡せます。その広場の一画に一人で座って佇んでいる女性がいました。何か考え込んでいるのでしょうか、どこか寂しそうな感じであまりにも絵になっていたのでちょっと写真を勝手に撮らせてもらいました。

葛原岡神社前処刑場跡地

ハイキングコース尾根道から佐助ヶ谷の光明寺畑に抜ける坂道を七曲坂と云います。そういえば実際に下りたことがなかったので、ちょっと今回行ってみることに。道とは思えぬただの崖の様相をした坂道ですが、実際に下まで行くと確かに光明寺畑にアクセスすることができました。但し、この坂道の通行を拒絶しているのか、所々で倒木が道を塞いでいます。あと今回ちょっと新しい発見があったので、いづれ記事にしてみようと思います。

七曲坂を下りていったところ 向こうに銭洗弁天に続く坂道が見える

化粧坂を下りていよいよ海蔵寺を目指します。化粧坂は山を下りるとすぐにコンクリート舗装した道となりますが、旧道の様相が残されていてとても素敵です。ここでも草木伐採がされていて今までに見たことのないやぐららしき横穴を発見することができました。

化粧坂
初めて見るやぐら

海蔵寺


さていよいよ海蔵寺に到着。萩は確かに旬を過ぎてはいましたが、昨年見れなかったこともあってかちょっと感激です。

海蔵寺

本堂でお参りを済ませると境内に住職らしき方を見かけました。「こんにちは、おじゃましてます」と挨拶をすると、意外にも野太い覇気のある声で挨拶を返されました。もうちょっと具体的に言うと結構威圧感のある怖い感じです。そういえば浄光明寺の住職とも以前に少しだけ会話をしたことがありますが、今すぐ時代劇の俳優をできるぐらい通る声をしていました。お坊さんってやっぱりお経を毎日唱えているので声帯が鍛えられるているのかもしれませんね。

境内は萩以外にも色んな花が咲いている

浄光明寺


海蔵寺から往時の武蔵大路(諸説あり)を進み浄光明寺へ。こちらも間に合ったようです。まだ萩の花が咲いていました。

浄光明寺
阿弥陀堂と萩の花

巌堂


そのまま武蔵大路沿いを上るとあるのが巌堂です。ここは個人の所有物なのでしょうか、ちょっとわかりませんが、とにかくここにある飲食店のおかげでこれまで立ち寄るのをはばかっていましたが、この日は朝早いこともあってか、その飲食店がまだ開業していないようだったので少しだけ見学させてもらうことに。

巌堂

正確には巌堂ではなくその背後にある横穴を見たかったんです。横穴は形状からしてもとは古墳時代横穴墓のようです。奥にはフェンスで遮られて入れないようになっています。横穴の最奥に画像を見てのように石像物か何かを置くためなのか、ちょっとした造作がみられます。現在の雰囲気では想像もつきませんが巌堂は『吾妻鏡』にも登場するれっきとした史跡です。

巌堂背後にあるやぐら

松源寺跡


巌堂からすぐ近くにある川喜多映画記念館は敷地内を通るだけならお金はかかりません。興味ある方は通るだけ通ってみてはいかがでしょうか。往時にはここに松源寺というお寺がありました。旧川喜多邸と呼ばれる建物がある辺りに実際にも本堂があったのではないでしょうか。わかりやすい地形をしています。鎌倉市教育委員会の調査報告書によれば、未だやぐら群が残されていて五輪塔などの石塔群は東林寺跡に移されたそうです。映画記念館とか私個人的には興味がないので、やぐらを常時公開していただけないでしょうか、川喜多映画記念館さん。

松源寺跡川喜多映画記念館 正面の建物が旧川喜多邸

萩寺宝戒寺


川喜多映画記念館を進むと小町通りにぶつかり、そのまま八幡宮前に出ます。若宮大路を横目に六浦方面に進むと宝戒寺に到着します。昨年訪れた宝戒寺で初めて萩の花を知りました。今年は昨年に比べ、もう旬を過ぎたからなのかわかりませんが、ちょっとボリューム不足のような気もしました。但し相変わらずキレイな景色です。

萩に囲まれて幸せそうな五輪塔
水面に映る萩

土佐坊昌俊邸跡


宝戒寺から祇園山ハイキングコースに向います。とその前に、宝戒寺から向う途中の小町大路沿いには土佐坊昌俊邸跡の碑があります。ここは私が覚えている限り確か空地だったはずですが、この度こうして新しい家が建ったようです。それにしてもこの新しい家とこの碑の絶妙な配置感、この家があたかも土佐坊の家のようで格好イイです。もしかしたら「鎌倉市の土佐坊昌俊邸跡」と書くだけで郵便や宅急便が届くんじゃないでしょうか、うらやましい。ちなみに土佐坊昌俊は頼朝の命で義経暗殺のため京に向かい逆に返り討ちに遭ってしまった人物です。

平成の土佐坊昌俊邸

祇園山ハイキングコース


大町釈迦堂口遺跡とここ東勝寺跡(祇園山ハイキングコース)は鎌倉遺構探索として初めて訪れた場所で、私個人的にはとても思い入れがある場所です。東勝寺跡の記事作成時はまだまだ初心者でもあったため、調査報告書の受け売り的なことが概ね記されています。その後鎌倉を一周し、伊豆や平泉に三浦半島へと足を運び、最近ようやく自分の考えでこの尾根道の様相を伝えられるような気がしてきました。まだ祇園山ハイキングコースの記事を作成していないのでちょうどいいかもしれません。それにしてもこのハイキングコースは何度来ても魅力的。

東勝寺跡腹切やぐら
祇園山から

牡丹餅寺常栄寺


ハイキングコースを下山後、桟敷尼の邸跡だったぼたもち寺常栄寺に寄りました。こちらも萩の花があります。小さい境内に花がいっぱい敷き詰められています。

常栄寺

ここから駅が近いので戻って一旦一休憩としましたが、久しぶりのハイキングコースだったためか、体力的にはまだ大丈夫でしたが、くるぶしの足の付け根辺りの疲労感があったので今日はこれくらいにしておこうと思いました。山道は平地と違い足が色んな方向に曲がるから慣れてないとダメなんでしょうね。確かにハイキングコースは一年ぶりぐらいだったかもしれません。

カテゴリー 鎌倉日記
記事作成 2015年10月1日

2015年10月鎌倉遺構探索便り萩ツアー編関連記事


2015年10月鎌倉遺構探索便り 御所ヶ谷~極楽寺H.C編

御所ヶ谷の丘陵部、鎌倉広町緑地から極楽寺へのハイキング!

実際に鎌倉~江ノ島サイクリングコースを堪能してみた

団体行動で鎌倉~江ノ島サイクリングコースを行ってきました!

大磯・湘南平史跡めぐり ~寺社・市街地編

大磯・湘南平へ史跡めぐりに行ってきたご報告です。

大磯・湘南平史跡めぐり ~ハイキングコース編

大磯・湘南平へ史跡めぐりに行ってきたご報告です。

2014年10月 鎌倉遺構探索便り

残念?な萩ツアーのお知らせと玉縄・山崎方面に行ったご報告です

浄智寺

多くの名僧・高僧が住持した鎌倉後期の禅宗寺院

葛原岡神社

源氏山ハイキングコース上にある日野俊基を祀る神社

銭洗弁財天 宇賀福神社

鎌倉屈指の人気スポットで北条時頼が参詣を促したと云われる銭洗信仰の場

佐助ヶ谷

寺院跡と思われるいくつかの痕跡を探りながら佐助ヶ谷の往時の姿を検証

海蔵寺

十六ノ井など貴重な遺跡が残る扇ヶ谷上杉氏の禅宗寺院

海蔵寺旧境内と源翁禅師

海蔵寺周辺に残された遺跡と謎多き源翁禅師

浄光明寺

赤橋流北条氏の菩提寺で旧態地形や鎌倉期の遺跡が残存する魅惑のお寺

泉ヶ谷 ~浄光明寺敷地絵図

鎌倉期に描かれた浄光明寺敷地図から往時の泉ヶ谷の全貌が明らかに!

東林寺跡

特殊形態アパートやぐらを擁する浄光明寺の支院跡

宝戒寺

滅亡した北条氏を弔うために建立されたお寺

萩寺 宝戒寺

萩寺で有名な宝戒寺に萩を見に行きました。

祇園山ハイキングコース・エリア

ハイキングコース丘陵沿いに所在する史跡などを紹介

東勝寺跡 ~東国の王の寺①

北条氏得宗家の氏寺で詰めの城とされた魅惑の寺院跡

東勝寺跡 ~東国の王の寺②

東勝寺の丘陵部寄り南西方面に残された土木遺構を紹介

東勝寺跡 ~東国の王の寺③

東勝寺の丘陵部寄り北東方面に残された土木遺構を紹介

東勝寺跡 ~東国の王の寺④

東勝寺エリアの総括記事

大町釈迦堂口遺跡

退廃的に美しい謎めいた寺院跡

桟敷尼とぼたもち寺

ぼたもち寺と呼ばれる腰越の法源寺と名越の常立寺に迫る!

鎌倉遺構探索リンク