2015年10月25日日曜日

実際に鎌倉~江ノ島サイクリングコースを堪能してみた


今回は私の仕事関連の仲間6人で鎌倉~江ノ島サイクリングコースを堪能してきました。メンツは10・20・30・40・60代と、幅広い年齢差ですが、年長者が年下からのイジりに対してギャグで返せる懐の深い方だったので、全員が同級生感覚で楽しく一日を過ごすことができました。男6人で爽快にクロスバイクで走る姿を写真に撮りたかったのですが、何せ鎌倉マスターの私が常に先頭を走らされていたので、なんとサイクリングの記事なのに自転車の画像が一枚も撮れなかったという始末。申し訳ねぇっす。

Google map 鎌倉
①鎌倉駅 ②佐助稲荷 ③長谷寺 ④稲村ヶ崎 ⑤日坂 ⑥江ノ島 ⑦極楽寺坂

大まかなコースとして鎌倉から江ノ島を目指します。京都の伏見稲荷が大好きなK君のために佐助稲荷にまず寄り、そのまま海岸線へ向うと長谷小路を通過するため、ベタですが長谷寺に寄ることに。その後海岸線134号に出て稲村ヶ崎、鎌倉高校のある日坂、そして江ノ島へ向かいました。大勢でガヤガヤしていたし、江ノ島でアルコールが入ったこともあってか、意外にも鎌倉~江ノ島間を往復するだけで一日を要しました。

佐助稲荷


鎌倉駅前でクロスバイクをレンタルし、佐助稲荷へと向かいました。結構皆さんには好評でしたココ。あともうすぐ紅葉の季節が訪れますが、ここはイチョウの大木が見事に黄葉し、境内の底面を黄色に敷きつめる素敵な場所です。それら葉っぱが既に紅葉時期への準備をしている雰囲気でした。

佐助稲荷

長谷寺


佐助稲荷から笹目を通って長谷小路へと、一見さん観光客を連れて走るには随分とマイナーな道のりを通ってしまいました。大勢でいると、普段とは視点が違うのでしょう。長谷寺の自動発券機でスイカとパスモが使えることをこの日今さらながら知りました。便利なお寺です。あじさい路で有名な山腹からの景色には誰もが感嘆。鎌倉への愛着が少しばかり深すぎる私だからこそここからの景色を過大評価し過ぎていたかもしれないと思っていましたが、この鎌倉を見渡せる雄大な景色は誰にでも素敵に映ることがわかり一安心しました。

長谷寺からの景色

稲村ヶ崎


長谷寺から134号へ出て稲村ヶ崎へ。この日は若干雲が多めだったためか富士山が見える名所であっても、富士山を眺めることはできませんでした。

稲村ヶ崎から 黒いぶつぶつはサーファーの波待ち状態

サギを海岸で見つけました。昨年に明月谷や海蔵寺で見かけてから意識するようになりましたが、サギってキレイですよね。『絵で見る幕末日本』の著者、エメェ・アンベールも日本滞在中に、鶴ほどじゃないけど他のどの鳥よりもサギが美しいと言及しています。彼とは気が合います。著書も面白かったし。

サギ

日坂


10・20代の若手組が、幼少の折に『スラムダンク』を読んで育ったため、あらかじめここに寄ってほしいという要望があったので、スラムダンクのモデル校として有名な鎌倉高校に向かいました。また、ここは日坂と云い、新田義貞が鎌倉攻めの際に通ったと伝わる歴史ある坂道です。

日坂

スラムダンクはアジア圏でもかなりの人気を博したようで、特に中国人がわざわざ聖地訪問としてここに来ていると聞きました。確かに、この日も日本語ではない言語を話している方々がたくさんいました。全くの私見ですが、服装やイントネーションからも中国人というより台湾の人ではないかと思いました。一応これでもわたくし上海や台湾を往復していた時期があるんですよ。


スラムダンクのファンだけでなく、ここからの景色は写真家からも好まれているようで、以前にも坂道からの景色を熱心に写している方をよく見かけました。改めて思いましたが、やっぱりイイかもしれません、ここからの景色。坂道から遠くに海を眺め、時折江ノ電が前を遮るというなかなかの乙な景観です。

江ノ島


日坂から江ノ島に到着。ちょうどお昼時だったこともあってランチにすることとしました。鎌倉・江ノ島に来た観光客が望む食事の代表的なものと言えば、やはり生しらすでしょうか。大体のメンツが生しらす丼を注文するなか、私は茅ヶ崎などによく遊びに行っているので、それほど生しらすには飢えてらず、三色丼を注文することにしました。

江ノ島ランチ

ここからアルコールが入りはじめます。私はお酒を嗜まないのでわかりませんが、地ビールである江ノ島ビールが好評で、ついでに鎌倉ビールも飲んだところ、江ノ島ビールとの味の違いがわからないとのことでした。ちなみに葉山ビールもありましたが、鎌倉と江ノ島が味の違いがわからないぐらいに変わらなかったことから、葉山ビールもラベルが違うだけだろうという結論に至っています。


腹ごしらえを済ませ、裏側にある岩屋を目指します。エスカーは女性・子ども同伴時に使うものです。丘陵中腹にある神社などの史跡を見てまわりたかったので歩いて江ノ島を登ります。岩屋からの帰り道、もう結構体力的にきつい人たちがちらほらと出てきたため、帰りは裏道を通っていくぶんショートカットで戻りました。

裏道からの景色

極楽寺坂


江ノ島からの帰り道に、極楽寺坂の成就院前に立ち寄りました。海岸線を走ってきたのでもう十分に海の景色を眺めたため、みんなの反応も薄いかと思いきや、意外にこちらも好評でした。やはり美しい景色というのは誰にでも美しく見えるのでしょう。極楽寺坂の往時の底面はここ成就院前の高さだったことなど、ガイドさながらの話を伝えた後、後深草院二条の話までしようかと思いましたが、一般の人がそこまでは興味ないだろうと思いやめておきました。

極楽寺坂

駅に戻り、自転車を返した後、小町通りでお土産を買い東京に帰りました。そういえば私を含め今回のメンツは全員東京生まれなので、やはり海が見えただけでもテンションが上がってしまいます。そういった点では、今回の鎌倉散策コースにこの鎌倉~江ノ島サイクリングコースを選んだのは正解だったと思います。ただですね、私の引率する自転車が速すぎた、休憩時間が少なかったなど、後でいくつかダメ出しをされました。私の普段の鎌倉散策は食事の時間も惜しんで一日を過ごすので、それでも気を使ったつもりでしたが、やっぱり普通の感覚の人からすればタイト・スケジュールになってしまったようです。

江ノ島の岩壁に咲いていたコスモス


より大きな地図で 鎌倉~江ノ島サイクリングコース を表示

カテゴリー 鎌倉日記
記事作成  2015年10月25日

『実際に鎌倉~江ノ島サイクリングコースを堪能してみた』関連記事


江ノ島

鎌倉時代の人達も参詣した江ノ島の神社や岩屋などの史跡

鎌倉~江ノ島サイクリングコース

鎌倉の海を堪能する爽快サイクリングコース

佐助稲荷神社

頼朝に平家討伐の挙兵を促したという隠里のお稲荷さん

長谷寺

736年に建立された古刹には十一面観音像や弁天窟など見所がたくさん!

極楽寺坂

京と鎌倉の往還路、極楽寺切通沿いの史跡などを紹介

2015年10月鎌倉遺構探索便り 御所ヶ谷~極楽寺H.C編

御所ヶ谷の丘陵部、鎌倉広町緑地から極楽寺へのハイキング!

大磯・湘南平史跡めぐり ~寺社・市街地編

大磯・湘南平へ史跡めぐりに行ってきたご報告です。

大磯・湘南平史跡めぐり ~ハイキングコース編

大磯・湘南平へ史跡めぐりに行ってきたご報告です。

2015年10月鎌倉遺構探索便り 萩ツアー編

鎌倉で萩の花を訪ねて歩いてきました。

鎌倉遺構探索リンク