2015年12月7日月曜日

2015年12月鎌倉遺構探索便り② 浦賀道十三峠編


金沢そして追浜からの十三峠


金沢をめぐっていたら瀬ヶ崎にある和田山やぐら群を見つけました。さらなるやぐら群を求め追浜をめぐっていると、今度は十三峠という浦賀道の一部が田浦に残されていることがわかりました。しかし、もう寒いし、来年の春にでも行こうかと思いましたが、やっぱり気になるので行ってきました十三峠。

Google map 十三峠
①JR田浦駅 ②神明社 ③長善寺 ④田浦梅の里 ⑤城の台 ⑥畠山分岐 ⑦安針塚 
⑧京急安針塚駅

横須賀市のHPによると、十三峠とは「浦賀道最大の難所で、急な山坂の連続である。十三峠の名の由来には、いろいろな説がある。保土ヶ谷より13番目の峠ということで名付けられたという説や、峠に13仏を祭った寺か神社があってそれにちなんだもの等である。」とありました。

神明社


それでは田浦駅から十三峠を目指します。駅裏に神明社がありました。境内に旧御霊宮参道という石碑があったので、とても気になりましたが、現地案内板をよ~く読むと、御霊社が合祀されているとあります。とすると、桓武平氏、というか横須賀市なので三浦一族の誰かがこの地にいたのでしょうか。誰でしょう。ちなみに神明社は正長元年(1428)の建立とありました。

田浦神明社

西林山長善寺


旧道らしき趣きを残す住宅街を通り、十三峠入口に近い長善寺に向かいます。


『三浦半島の史跡みち』によれば、長善寺は、天正四年(1567)に没した讃誉長善が開山とありました。また、長善寺付近は、浦賀道最大の難所十三峠の山越えに備え身体を整えた場所でもあったそうです。

長善寺裏山のピラミッドのようなおかしな地形

田浦梅の里


十三峠を行く前に、田浦梅の里に寄っていきます。地図を見れば一目瞭然、誰かに教えてもらわなくともここからの眺望が素晴らしいことは想像に難くありません。

田浦梅の里からの景色

思ったとおり雄大な景色でした。素晴らしい。横須賀港を正面に対岸の房総半島まで見渡せます。方向を変えると、ランドマークタワーや鷹取山の見晴台まで確認することができました。個人的なことですが、最近は金沢めぐりにはじまり、追浜まで足を延ばしていたので、それら散策ルートをはるか上から総括するような、そんな景色が拡がっていました。

横須賀港と向こうに房総半島
矢印は鷹取山の展望台

金沢からも、追浜からも、そしてここ田浦からも、見え方は違いますが住友重機の建造物が見えます。あれがどういうものなのかよくわかりませんが、大きくて目立つので一応の目印となります。

住友重機の建造物

太田坂


それでは長善寺に戻って、今度は長善寺奥にある太田坂から丘陵頂部に出ます。コンクリート舗装されていますが、傾斜があり当時の風情を感じさせます。道祖神、ではなく道六神なる石塔がありました。天保十二年(1841)のものです。

太田坂

城の台


頂部に出ると月見台団地という住宅地があります。『三浦半島の史跡みち』によれば、ここが安達景盛の下屋敷跡だとありました。景盛が側室の唐衣という女性とここで過ごしていたそうです。ここからの景色もイイかもしれませんが、梅の里から眺めた景色があまりにも雄大であったため、ちょっと感動が薄れました。

城の台から眺めた景色

跡地は団地として平屋が建ち並んでおり、それ以前は畑として活用されていたそうなので、屋敷跡の痕跡も何も残されていません。

十三峠


さて、頂部に出たので十三峠となります。旧態地形を期待していましたが、底面は完全にコンクリート舗装されていますし、普通に住宅が建ち並んでいます。さらに車も通ります。ちょっとガッカリ。しかし、歩きながらず~っとこの横須賀の港の風景を眺められます。なんて素敵なハイキングコースなんでしょう。


十三峠を進んで行くと、港の見える角度が徐々に変わっていきます。その風景にいちいち足を止めてしまいます。ホント素晴らしいです。そして今年の夏に行ってきた猿島が見えてきました。

猿島が見えた!

ところで、横須賀市のHPでも紹介されているように「急な山坂の連続」とありましたが、頂部に登ってしまえば、あとは平坦な道のりでした。ということは、昔とはだいぶ道の状況が違うのかもしれません。

安針塚・塚原公園


鹿島台という尾根道より少し高い場所を過ぎると、三浦安針夫妻の墓所が現れます。そこから塚原公園となり、辺りは紅葉で彩られていました。

鹿島台からの景色

塚原公園は桜の名所となっています。とてつもない数の桜の木が植えられているので、梅の里と合わせて春にはとんでもない人混みになっていそうです。

港の見える公園からの富士山

十三峠にキャッチフレーズを付けるとするならば、そうですねぇ「常に見晴台ハイキングコース」といったところでしょうか。梅の花も桜もイイですが、私は新緑の季節に来てみたいと思いました。近くの国道沿いに史跡がいくつかあるようなので、来年にまたガッツリとここ十三峠に訪れてみようと思います。



カテゴリー 鎌倉日記
記事作成  2015年12月7日

『浦賀道十三峠』関連記事


2015年11月 鎌倉遺構探索便り ~金沢編

六浦・金沢・釜利谷にて金沢八景ポイントや旧道をめぐってきました。

2015年12月鎌倉遺構探索便り 追浜・沼間編

追浜にやぐらを探しに行ってきました。

和田山遺跡

瀬ヶ崎の和田山にあったと伝わるやぐら群と砦跡

猿島

日蓮洞穴や旧日本軍の要塞施設が現存する島

浦郷(追浜)の記事一覧


六浦・金沢の記事一覧


横須賀市の記事一覧


鎌倉遺構探索リンク