2016年4月7日木曜日

2016年4月 鎌倉遺構探索便り


長い冬季オフシーズンを経て大よそ4ヶ月ぶりの鎌倉です。今年も始まりました鎌倉遺構探索。最近天気が悪かったものの、予定していた日に限って陽が射してくれたり、さらに今回は発掘調査の現場に遭遇させてくれるなど、今年も相変わらず鎌倉は私を暖かく迎えてくれました。

Google map 鎌倉
①鎌倉駅 ②鶴岡八幡宮 ③無量寺跡 ④葛原岡 ⑤長勝寺 ⑥光明寺

この日、鎌倉の桜は全体的にピークを過ぎていましたが、お寺によってはちょうど良かった場所もあったり、そして新発見もあったりで、まぁとにかく、幸せな鎌倉デーを過ごせました。

今回お世話になったレンタくん 謎多き寺院跡にて

ニュー段葛


昨年から長い長い工事期間を経て、ようやく今月に新しい段葛がお目見えしました。なんと、底面が舗装されてしまっています。風情も何もなくなっています。ちょっと残念かも。

ニュー段葛

それから、国旗を並べるにしても、なんかもうちょっとセンスの良い配置はなかったんでしょうか。まだ見慣れてないからかもしれませんけど。

八幡宮


そのまま桜の名所、八幡宮の源氏池に向かいました。相変わらずお見事。

源氏池

そういえば、八幡宮にはいつも白い鳩がいます。よ~く考えるとなかなかいませんよね、白い鳩って。映画のワンシーンかマジックショーでしか見ない気がします。鎌倉時代にもいたんでしょうか、白い鳩。

白い鳩!

古我邸


八幡宮から葛原岡を目指す途中、なかなか素敵な雰囲気の洋館がありました。古我邸と云うそうです。調べてみると、大正5年に建築された建物で、現在はレストラン・カフェとなっているそうです。敷地面積があまりにも広すぎるので、きっとここにも往時では何かあったのではないかと想像が膨らみます。

古我邸

続・無量寺跡


古我邸から葛原岡を目指すと、佐助ヶ谷を通ることになります。その手前に無量寺跡があるので、ついフラっと寄ってみました。『無量寺跡潜入』の記事でも述べましたが、ここに世界遺産ガイダンス施設ができると言っていたはずが、現状では何かあまり進展がないように見えます。誰もいないし。とそこで、また大人気ないことをしているので、詳しいことは聞かずに下画像の横穴を見てください。施設予定地の前面にある空地にあったものです。

これも無量寺跡の造作か?

大きめな横穴があり、その前面スペースには水を溜められるようになっています。無量寺跡だけに瑞泉寺の庭園を思い浮かべずにはいられません。この横穴が後世の造作ではなくやぐらだとすれば、これは葬送のためのやぐらではなく、座禅窟なのかもしれません。それにしても、無量寺跡はわからないことが多すぎて興味が尽きません。釈迦堂口遺跡みたいに。

葛原岡


無量寺跡から佐助ヶ谷を経て葛原岡に到着。葛原岡神社では、しだれ桜以外はちょうど見ごろでした。

葛原岡神社

池に何か違和感を感じると思ったら、亀が何匹も一箇所に固まっていました。指でも噛まれたら大怪我すんじゃないかってぐらい大きい亀なんですけど、大丈夫なんでしょうか。

ナニ亀?

日野俊基さんのお墓にあるもみじの木。もみじの新緑の美しさは紅葉と同等、もしくはそれ以上かも、という緑好きの私個人の感想。

日野俊基墓
葛原岡のリス

長勝寺


昨年、長勝寺の桜がちょうど見ごろだったという良い思い出から、また訪れてみました。なんと、今年もちょうど良いタイミングでした。

長勝寺

材木座の発掘調査


長勝寺から光明寺に向かう途中の材木座で、発掘調査の現場に遭遇しました。お昼時ということもあってか、関係者がいないので、詳しい話を聞くことはできませんでした。ひとつ思ったのは、地層の深さからいって、鎌倉期には到達していないでしょうコレ、たぶん。そして、材木座だけに、吾妻鏡にあった北条時政の高御蔵のような、つまり和賀江嶋から荷揚げした荷物に関連する蔵のような建物跡だったら面白いですね。

材木座発掘現場

光明寺


光明寺に到着。こちらもちょうど見ごろでした。

光明寺

光明寺裏山がちょっと整備されていました。余計な草木を伐採し、展望台としてのスペースを確保してくれています。素晴らしい景色。

光明寺裏山から

鎌倉のネコらしい従順な子が近づいてきたので、桜の花びらを頭にくっ付けて撮影に協力してもらいました。ノーギャラで。

カワイイw

今年は仕事に本腰を入れるので、「あまり鎌倉遺構探索ができないかも」と伝えようと思いましたが、仕事がデキる男って「時間がないから」とか言い訳しませんよね。だから忙しくても’鎌倉デー’はきっちり確保していこうと思いました。皆さん今年もよろしくお願いします。

カテゴリー 鎌倉日記
記事作成  2016年4月7日

昨年の桜に関する記事


かまくら桜便り①

鎌倉に桜を見に行ってきました!弾丸ツアーでボリューム満点!【前編】

かまくら桜便り②

鎌倉に桜を見に行ってきました!弾丸ツアーでボリューム満点!【後編】

かまくら桜便り ~長谷寺編

前回の桜ツアーで見逃した長谷寺に桜を見に行ってきました!

鎌倉の桜の名所

鎌倉の桜の名所をまとめてみました!

『2016年4月 鎌倉遺構探索便り』関連記事


佐助ヶ谷

寺院跡と思われるいくつかの痕跡を探りながら佐助ヶ谷の往時の姿を検証

無量寺跡 無量寺ヶ谷

安達氏の菩提寺無量寺跡と邸地だった松ヶ谷を検証

無量寺跡潜入

鎌倉に残された最後の秘境がいまその姿を現す!

大町釈迦堂口遺跡

退廃的に美しい謎めいた寺院跡

瑞泉寺

カリスマ夢窓疎石が造営した鎌倉禅宗寺院の極み

瑞泉寺旧境内 ~偏界一覧亭

瑞泉寺境内絵図から往時の瑞泉寺の姿に迫る

瑞泉寺裏山遺跡

瑞泉寺裏山に眠る北条首やぐらをはじめとする遺跡群にスポットを当てる

瑞泉寺十境ハイキングコース

瑞泉寺十境の地をめぐる天園ハイキングコースを紹介

葛原岡神社

源氏山ハイキングコース上にある日野俊基を祀る神社

長勝寺

裏山からの展望が壮大な日蓮宗のお寺

光明寺

鎌倉寺社を代表する禅宗寺院とは一味違う海と富士山が見える浄土宗のお寺

光明寺旧境内

光明寺境内絵図から往時の光明寺の姿に迫る

光明寺裏山遺跡と謎の万福寺

境内に残された石像地蔵菩薩が語る光明寺のもう一つの歴史

光明寺 内藤家墓所

光明寺を菩提寺とした江戸期の大名内藤家の圧巻の巨大宝篋印塔群

弁ヶ谷 北条時政邸跡

材木座にある弁ヶ谷の往時の姿を検証。

和賀江嶋

日本最古の港湾遺跡