2016年5月25日水曜日

2016年5月 鎌倉遺構探索便り

妙法寺

いつも鎌倉遺構探索を見ていただいている皆さま、本当にありがとうございます。今回の皆さまへの‘鎌倉に行ってきた‘ご報告は、2回分の凝縮バージョンとなります。名越周辺における寺院やハイキング、そして初めての鎌倉文学館、その他、円覚寺などに訪れました。それにしても、もう夏ですね、妙法寺で今年初めて蚊に刺されました。

Google map 鎌倉
①名越 ②文学館 ③円覚寺

名越


久しぶりに名越山周辺をハイキングしたいと思い、鎌倉駅から東へ。最近はレンタルサイクルを利用することが多かったものの、この日はハイキング主体ということで歩いて向かいました。自転車と歩きではスピードが違うので、何度も訪れた鎌倉であっても、見えてくる景色、もしくは気付くポイントが違うことに改めて気付きます。それにしても、これはいつものことですが、普通に歩いていて向こうに山が見えるってホント凄いですね。

名越大町の辺り

妙法寺などに立ち寄り、名越坂からまんだら堂などの遺跡・遺構群を経て衣張山へ向かいます。

いよいよ山の中に入っていくドキドキ感 
相変わらずジャングル
名越坂到着 素敵な掘り割りっぷり
まんだら堂やぐら群
名越在住の皆さんと休憩
がんばって衣張山へ あともう少し
衣張山からの景色

この日は夏日で天気が良かったものの、なんか景色がはっきりしなかったため、素晴らしい景色ではありますが、絶景とまではいきませんでした。衣張山下山後、犬懸ヶ谷から鎌倉中心部に戻りました。


鎌倉文学館


変わって別日、今度は柄にもなく鎌倉文学館に行ってみることにしました。ご存じの方も多いとは思いますが、文学館は加賀藩の前田家邸跡でもあり、そして何と言っても、長楽寺というお寺があった場所です。たぶん寺院跡の痕跡など見当たらないだろうと思いつつ、ちょっとだけ期待を胸にはずませて向かってみました。

鎌倉文学館 旧前田邸

さすがマダムに人気のスポットだけあってとってもキレイ。個人的には寺院跡の痕跡を一つ見つけられたのでそれで良しとします。園内にはバラが咲き乱れていましたが、梅雨時期のアイドル、紫陽花がもう咲き始めていました。


※追記『長楽寺跡~鎌倉文学館』の記事アップしました。

円覚寺


夏前の円覚寺に向かってみることに。平日だったこともありますが、この時期の円覚寺にはこれといった季節の花がないからでしょうか、よくわかりませんがとにかくとっても空いていて快適でした。最近のお気に入りは塔頭の龍隠庵。円覚寺中心伽藍をちょっと上から眺めることができます。

龍隠庵から

如意庵は一般拝観を受け付けていないのにこの素敵な玄関の佇まい。自分の家の玄関もこんな風にできたらイイのに。

如意庵

元寇から日本を守るためだけに生まれてきたような為政者、北条時宗公が眠る佛日庵。墓所がはっきりしない鎌倉の歴史上人物が多いなか、彼はほぼ確実にこの地で葬られたようです。だからつい何度も寄ってしまいます。

佛日庵

松嶺院では山アジサイが見頃です。と境内にそう書いてあったので、これらの花を山アジサイと云うのだと思います・・。

松嶺院

名越山周辺、そして長楽寺跡などの詳しい記事を作成準備中です。良ければまた見にきてください。それでは、皆さんも素敵な鎌倉デーをお過ごしください。


カテゴリー 鎌倉日記
記事作成  2016年5月25日

『2016年5月 鎌倉遺構探索便り』関連記事


大町釈迦堂口遺跡

退廃的に美しい謎めいた寺院跡

釈迦堂口やぐら群

大町釈迦堂口遺跡のやぐら群にスポットを当てました

妙法寺

苔寺として知られる自然との調和が美しい日蓮宗のお寺

安国論寺

日蓮が鎌倉入り後に初めて庵を営んだとされる日蓮宗の聖地

長勝寺

裏山からの展望が壮大な日蓮宗のお寺

日蓮宗名越寺社

日蓮宗名越寺社各社に伝わる日蓮の松葉ヶ谷法難を検証

名越坂

大町・材木座と三浦半島を往来する古道の趣きを残す切通し路

まんだら堂やぐら群

名越丘陵部に残された大々的なやぐら群

名越坂古墳遺跡

名越坂・まんだら堂・大切岸などの史跡が凝縮された遺構マニア必見のエリア

弁ヶ谷 北条時政邸跡

材木座にある弁ヶ谷の往時の姿を検証。