2016年5月1日日曜日

西瓜ヶ谷やぐら群


北鎌倉駅の南側にある谷戸を瓜ヶ谷と云います。『鎌倉市史』にある瓜ヶ谷やぐら群の項には、地蔵坐像のある5基のやぐら群「瓜ヶ谷やぐら群」(下地図画像⑥)を紹介するに留まっていますが、その西側にもやぐら群が存在します(下地図画像①)。これらは地蔵坐像のあるやぐら群より西側にあるので、便宜上、今回の記事では西瓜ヶ谷やぐら群と呼称します。東側のやぐら群と同じく、こちらも素敵な浮彫のある印象的なやぐらが存在します。

Google map 瓜ヶ谷
①西瓜ヶ谷やぐら群 ②北鎌倉駅 ③円覚寺 ④東慶寺 ⑤浄智寺 ⑥東瓜ヶ谷やぐら群 
⑦葛原岡神社

瓜ヶ谷


北鎌倉駅から山内道を下り(あくまで鎌倉が中心の例え)、十王堂橋の辺りから奥に進んでいきます。十王堂橋の名の由来は、十王堂がこの辺りにあったことに因むと云われています。

山内道沿いにある十王堂橋

瓜ヶ谷には寺院がないので、一般的な観光客が訪れることはあまりないのでしょう。緑の多い静かな住宅街です。

瓜ヶ谷

やぐらの森


やぐらの森という看板から旧態地形の奥に入っていくと、やぐら群が見えてきます。丘陵を登る道は意外にも整備されていました。

西瓜ヶ谷やぐら群入口

西瓜ヶ谷やぐら群


やぐらは大よそ6基。群中で最も目立つ14基の五輪塔が浮彫されたもの、位牌の浮彫があるものなど、小さなやぐら群ながらも興味深い造作がいくつか見られます。

西瓜ヶ谷やぐら群
五輪塔の右側に位牌らしき浮彫
意外なところにもちょっとした浮彫がみられる

五輪塔が浮彫されたこの下画像のやぐら、最初数えてみたら13だったので、十王思想に基づく十三仏(追善供養)を表したもの、つまり十王堂に関連するものなのかと思い、一瞬興奮しましましたが、端っこに取って付けたような14個目があることに気付きました・・。残念。でもこれってやっぱり元々は13基の五輪塔だったんじゃないのかという疑念は未だに捨てきれません。

矢印の位置に取って付けたかのような小さな五輪塔があった

それにしてもこの浮彫、画像でも伝わると思いますが、浮彫というより五輪塔そのものを壁面にくっ付けたかのようなとてつもないボリューム感です。最初からこれだけの数を浮彫にすることを前提に作られたのがわかります。一個でも失敗したらこの壁面自体が全て台無しになるので、当時の作り手である職人さんのプレッシャーが伝わってくるようです。しかもこの横穴は、メモリアル的なきっと何か特別な意味のある造作に思えてなりません。

周辺地形


周辺は土地開発におけるただの切り崩しであるようにもみえますが、石切り場でもあったかのような様相もみられます。やぐら群奥にある尾根道などは、両側を削られあたかも土塁、もしくは土橋のようになっていました。

やぐら群奥にある地形
やぐら群の上にある尾根道

ほんの短い距離ですが、尾根道を進むと山の上にある住宅街に出ます。方向的にはそのまま梶原に繋がるので、元々このような道筋があったように思えます。

未知なる寺院は存在したか?


さて、やぐらがあるということは、寺院がこの辺りにあったことが想定されます。ちなみに「多聞院」や「瓜ヶ谷やぐら群」の記事でも紹介したように、瓜ヶ谷には多聞院の前身である観蓮寺があったと『鎌倉市史』に記されています。観蓮寺が瓜ヶ谷の何処にあったのかまではわかりませんが、東側のやぐら群同様、こちら西瓜ヶ谷やぐら群の施主がその観蓮寺である可能性も考えられます。そこで、今回の記事では、観蓮寺がここにあったのかという答えのない答え探しをするのではなく、このやぐら群を営んでいたであろう未知なる寺院があったと想定し、さらにその未知なる寺院がどこにあったのかという部分に着目してみました。

Google map 瓜ヶ谷
①やぐら群 ②高台の平場 ③地上の平場 ④やぐら群から続く尾根道の出口

西瓜ヶ谷やぐら群の横穴は、上画像の①で示した矢印のように、下・左方向に開口しています。やぐらが施主である寺院に対して背を向けることはまず有り得ないので、やぐら群近くに寺院があったとすれば、上・右方向ではなく、下・左方向にあった可能性が高くなります。「お子ちゃまじゃないんだから方角で言えよ」と思った方もいるかもしれませんが、地図画像は見やすいように方角を変えています。下は南であって実際は東ですと、ややこしい説明になってしまうので上下左右で表現しています。

典型的な鎌倉寺社裏山の様相

面白いことに、やぐら群の左側に、いかにもお堂跡といった段差のある平場(地図画像②③)が確認できます。もうこれって典型的な鎌倉寺社の様相じゃないでしょうか。さらにやぐら群付近では尾根道を上下に重ねたかのごとくひな段状地形を形成しています。前述したように、石切り跡や単なる土地開発による可能性も考えられますが、そうであってもそうでなくとも、どちらにしろ鎌倉寺社裏山の典型的な地形を成していることは確かです。

畑となっている地上の平場部分

ここに伝承を失った未知なる寺院があったのではないでしょうか、それが多聞院の前身である観蓮寺だったのかまではわかりませんが、この地形、完全に鎌倉寺社の様相です。もしくはあのやぐらが14ではなく十三基であれば、十王堂に関連したものである可能性も拡がります。ちなみに市史に「観蓮寺屋敷と称される田んぼが瓜ヶ谷にあった」とありました。やぐら群のある地上部の平場には畑が広がっています。これがまさかの観蓮寺屋敷跡だったりして・・。


より大きな地図で 源氏山 を表示

カテゴリー 探索記事(エリア別 北鎌倉
記事作成    2016年5月1日

西瓜ヶ谷やぐら群関連記事


多聞院

やぐら・切通しなどの遺構に加え開基となった甘粕氏邸までも現存する谷戸

瓜ヶ谷やぐら群

地蔵坐像や五輪塔の浮彫などが施された瓜ヶ谷のやぐら群

2016年4月 鎌倉遺構探索便り 春ですよ編

2016年4月、鎌倉の春の様相を満喫していきたご報告です

源氏山周辺関連記事


銭洗弁財天 宇賀福神社

鎌倉屈指の人気スポットで北条時頼が参詣を促したと云われる銭洗信仰の場

佐助稲荷神社

頼朝に平家討伐の挙兵を促したという隠里のお稲荷さん

佐助ヶ谷

寺院跡と思われるいくつかの痕跡を探りながら佐助ヶ谷の往時の姿を検証

無量寺跡 無量寺ヶ谷

安達氏の菩提寺無量寺跡と邸地だった松ヶ谷を検証

葛原岡神社

源氏山ハイキングコース上にある日野俊基を祀る神社

海蔵寺

十六ノ井など貴重な遺跡が残る扇ヶ谷上杉氏の禅宗寺院

海蔵寺旧境内と源翁禅師

海蔵寺周辺に残された遺跡と謎多き源翁禅師

新清涼寺跡

叡尊が鎌倉での滞在中に住したと云われる律宗寺院跡

寿福寺

鎌倉五山第三位の古刹

寿福寺旧境内

寿福寺塔頭跡などの往時の姿を検証

浄智寺

多くの名僧・高僧が住持した鎌倉後期の禅宗寺院

鎌倉遺構探索リンク