2016年11月14日月曜日

尾藤ヶ谷


今回の鎌倉遺構探索は山ノ内にある尾藤ヶ谷に訪れました。谷の奥が私道・民有地であるため、これまで奥に入ることはできませんでしたが、この度、尾藤ヶ谷に住む方と会うことができたので、奥へと入ることができました。

Google map 尾藤ヶ谷

北鎌倉駅から鎌倉駅を目指すと浄智寺を過ぎた辺りで横須賀線の踏切が表れますよね、横須賀線線路に谷戸ごと破壊されてしまいましたが、あの踏切の奥を尾藤ヶ谷と云います。北条泰時が自分の邸内に住まわせる程のお気に入り、得宗被官の尾藤景綱の屋地だったことにその名が因みます。

尾藤ヶ谷

尾藤ヶ谷


上記したように、尾藤ヶ谷は北鎌倉駅から県道21号線で鎌倉駅方面を目指し、浄智寺を過ぎるとある踏切の奥となります。谷戸入口に”香り仕事”といういかにも女性ウケしそうなお店があります。線路沿いに多くの”やぐら”があるのは前からわかっていましたが、崩落防止のための工事でフェンスの向こうに”やぐら”が閉じ込められていること、それからあまり奥に行ってしまうともうそこは私道なのは明らかだったので、これまで奥に入るのを”はばかって”いました。がしかし、今回偶然にも近くに住んでいる方と会うことができたので、”やぐら”の見学を申し出たところ、快く承諾していただきました。ありがとうございます。

線路沿い フェンスの向こうに”やぐら”がある

奥へ進むと傾斜のある坂道となり横須賀線線路を完全に見下ろす位置となります。そして丘陵壁面がほぼ切岸となっています。そういう形状なのか、もしくは風化したのか、よくわかりませんが”やぐら”跡らしき壁面も確認できます。かなりイケてる雰囲気にテンション上がります。

尾藤ヶ谷の奥 右手に横須賀線線路 結構高い場所でしょ
なんか怪しすぎる丘陵壁面

周辺から一際目立つ立派な切岸に”やぐら”がありました。しかもですね、中世のものらしき石塔から近世、そして現代のお墓まであります。これはつまり中世からこの地が墓地だったことを物語るのでしょうか。ちなみに地元の方がおっしゃるには、墓地は現役で、市内の方が今でもお参りに来られるそうです。

切岸とやぐら(右の横穴)

さらに地元の方に「そこにもあるよ」とただの藪の平場を指差されました。「平場に”やぐら”があるの?」と思いながら平場に足を踏み入れると、なんと、この平場、段差のある”ひな段状地形”をしていることがわかりました。

”やぐら”があるという平場

「蛇に気をつけなさい」と地元の方の指図どおり藪を掻き分けてみると、なんと、ホントに”やぐら”がありました。しかも先ほどの墓地の”やぐら”から一段低い位置にあるんです。横須賀線線路に破壊されたはずの尾藤ヶ谷に、切岸、やぐら、ひな段状地形と、これだけの典型的な鎌倉の地形が残されていることに驚きました。

隠れていた”やぐら” しかもこちらは羨道有り?
○内にやぐら やぐらとやぐらの段差

藪の中から見つけた”やぐら”には羨道があるようにも見えましたが、何せこの状況です。あまり細かい観察ができません。ということで、なかなか見ることのできない”やぐら”を見せてもらい感激しながら地元の方に感謝を述べ尾藤ヶ谷を去りました。それでは、尾藤ヶ谷にはどのような歴史があるのでしょう。ちょっと調べてみました。

尾藤谷にあった寺院


『鎌倉市教育委員会の調査報告書』によれば、『尾藤某寄進状案』に尾藤谷に正法寺という寺院の名がみえるとあり、さらに谷の奥には悟性寺なる寺があったと記されています。『鎌倉廃寺辞典』によれば、この正法寺(しょうぼうじ)なるお寺は、明月院古絵図に描かれていて、さらに元亨三年(1323)北条貞時の十三忌供養の際には僧衆5人を参加させているとありました。ちなみに悟性寺(ごしょうじ)は16人とあったので、寺院としての規模の大きさがうかがえます。そして面白いことに、延文五年(1360)には足利義詮が極楽寺末寺の報恩寺に尾藤谷屋地を寄進したとあるそうです。極楽寺の律宗がこの尾藤ヶ谷に関与していた時期があったようです。これまでも大々的な”やぐら”群がある場所には必ずといっていいほど律宗の存在が見え隠れしてきました。ここ尾藤ヶ谷の”やぐら”群も律宗が関与しているのでしょうか。


応永十三年(1406)には足利満兼が報恩寺敷地を名越の別願寺に寄進していることから、報恩寺がのちに尾藤谷から名越に移転していた可能性があるようです。

墓場の谷


尾藤ヶ谷には正法寺悟性寺報恩寺というお寺があったことがわかりました。この谷に3つもの寺院が入るとは思えないので、どれかが廃され、どれかが入れ替わるように入ってきたのではないでしょうか。またさらに宝鏡寺という寺院の存在が廃寺辞典に記されていましたが、横須賀線が開通する前には地蔵堂が残されていたとあったので、こちらは上記した3つの寺院が廃されたのちに建立された寺院なのかもしれません。それにしても、谷戸内はお寺ばかり。尾藤さんの屋敷地スペースはあったのでしょうか、余計な心配をしてしまいます。

Google map 尾藤ヶ谷

極楽寺末寺の報恩寺の存在が記されていましたが、尾藤ヶ谷の尾根を超えると、なんと、清凉寺ヶ谷です。この谷戸にあった新清涼寺(廃寺)も律宗寺院で谷戸には100基以上の”やぐら”があると云われています。また尾藤ヶ谷の向こう側には法泉寺(廃寺)という寺院の存在が廃寺辞典に記されています。こうして地図で確認すると、尾藤ヶ谷の裏側は法泉寺・新清涼寺・浄智寺の裏山ともなります。墓地・霊地として絶好の場所です。中世からそう活用されてきた土地柄だったのではないでしょうか。こんな場所がまだ鎌倉に残されていたんですね。

清涼寺ヶ谷のそれらしい痕跡

尾藤氏


尾藤景綱は、上記したように得宗家被官で初代家令に任命された人物です。北条泰時がわずか18騎で承久の乱に出陣したときの1人だと云われています。家令職を平盛綱に譲っていますが、同族の景氏(景綱の実子ではない)が尾藤氏としてその後も『吾妻鏡』にその名が記されています。ちなみに平盛綱は平禅門の乱で知られる平頼綱の祖父にあたり、また鎌倉末期にて権力の中枢にあった長崎氏の祖でもあります。そして下画像は北条泰時邸を示したものです。若宮大路の東側で八幡さまの南側の一画となります。尾藤景綱は泰時邸内の東南側に本邸があったそうです。

Google map 泰時邸

尾藤氏から始まり平頼綱に長崎氏と、鎌倉時代を通してこのように繋がっていたんですね。ちなみに”頭は良いんだろうけどなんか胡散臭い”ことで知られる脳機能学者の苫米地先生が、”現在も薩摩・長州の末裔が政界に多い”と著書で述べています。ご存じのように、現在の政府は明治に薩摩藩と長州藩が中心になって築き上げてきた延長線にあるものです。やはり政府というのは余程の政変がない限り、一部のごく限られた権力者に代々受け継がれていくものなのでしょう。鎌倉時代の北条氏や尾藤氏のように、そして現代では薩長が。


カテゴリー 探索記事(エリア別 北鎌倉
記事作成  2016年11月14日

北鎌倉エリア関連記事


管領屋敷

山内上杉家邸跡と伝わる管領屋敷に残されたやぐら

円覚寺遺構探索

往時の痕跡、旧跡、遺構などを中心に円覚寺境内を解説

円覚寺黄梅院

円覚寺塔頭の黄梅院は夢窓疎石の塔所で足利氏の菩提寺

円覚寺龍隠庵

長尾氏に関連する龍隠庵の魅惑の境内

円覚寺塔頭まとめ

円覚寺塔頭をまとめました

建長寺伝延宝図

延宝六年(1678)徳川光圀施入と伝えられる建長寺境内を描いた古絵図

巨福呂坂

鎌倉と山ノ内を結ぶ鎌倉の大動脈にある坂道

建長寺四方鎮守 第六天エリア

建長寺の四方鎮守のひとつ第六天が所在する丘陵部に残された遺構

建長寺中心伽藍

日本初の禅寺建長寺の直線上に伽藍が建ち並ぶ魅惑の中心部

建長寺雲外庵跡

半僧坊参道にあった建長寺塔頭跡に残された痕跡

建長寺旧参道

勝上獄へ向う旧道沿いに残る塔頭や華厳塔の痕跡をめぐるルート

建長寺勝上獄 半僧坊

雄大な景色を望める半僧坊権現が祀られた勝上獄エリア

ワメキ十王跡

建長寺伝延宝図に描かれた十王跡とレイライン上に位置する十王岩

建長寺歴代住持

高僧・名僧ばかりの建長寺歴代住持の解説

長寿寺

足利尊氏邸跡に建つ禅寺の粋を極めた期間限定のお寺

明月院

関東管領上杉憲方の菩提寺で禅寺の極み

明月院 明月谷

明月谷の地に重なるいくつもの遺構と歴史に迫る

浄智寺

多くの名僧・高僧が住持した鎌倉後期の禅宗寺院

天秀尼と東慶寺

近世に縁切寺法を確立させた東慶寺の中興祖

東慶寺 ~縁切寺

明治時代までは女性救済のための尼寺だった古刹

葛原岡神社

源氏山ハイキングコース上にある日野俊基を祀る神社

瓜ヶ谷やぐら群

地蔵坐像や五輪塔の浮彫などが施された瓜ヶ谷のやぐら群

西瓜ヶ谷やぐら群

浮彫が施された瓜ヶ谷の西側にあるやぐら群