2016年12月11日日曜日

鎌倉の境界線


はじめに


”鎌倉の境界線”というと、中世における鎌倉の範囲がどこからどこまでだったのかということを思い浮かべるかも方もいるかもしれませんが、今回の記事では、鎌倉の境界で何が境界線として認識されていたのか、またその境界にどんな造作があったのかといったことをテーマにしています。鎌倉フリークの皆さんには興味深いテーマだと思います。ぜひご覧ください。

中世の境界線


名越の安国論寺手前にある三枚橋の”三枚”とは”三昧”から転訛したものと考えられています。「三昧とは三昧寂光の意で涅槃(悟りの境地・死)の別称である」(鎌倉遺構探索『名越坂』から引用)とあるように、中世の人たちは橋の向こうに死の世界や別世界があると考えていたようです。仏教思想が根底にあるとは思いますが、それにしてもちょっと大げさに思えてしまいます。実際に彼らが”涅槃”をどのようにとらえていたのか、細かいニュアンスまでは推測しかねますが、こちらの世界とあちらの世界、またはテリトリーの内と外など、彼らが境界を強く意識していたことは確かなのでしょう。

三枚橋 県道311号線からちょっと入った所


坂道・切通し路


鎌倉七口と云われる切通し路は”鎌倉城”の出入り口となるのでまさに境界線ではないでしょうか。但し、現在の鎌倉七口は当時のルートなのか定かではないもの、また崩落や土地開発によって原型を留めていないものがほとんどです。そんななか、極楽寺坂成就院前からの景色は、当時と差ほど変わらぬ視点である可能性が高いようです。極楽寺坂は崩落によって深く掘り下げられてしまいましたが、ちょうど成就院前が往時の坂道の高さだったと云われています。西側からやってきた人が極楽寺坂のピークに差し掛かったとき、鎌倉旧市街地内の景色が広がります。当時の人たちが「鎌倉に着いた!」と思う瞬間が思い浮かぶような、そんな歴史の一幕を想像させてくれる景色が極楽寺坂にはあります。

極楽寺坂成就院前からの景色

河川


河川が境界線となっているケースがみられます。川は現代でも多摩川が東京と神奈川の県境となっているので、我々現代人の感覚でも共感できる境界線と言えるのではないでしょうか。治承四年(1180)に北条政子が鎌倉入りする様子から、稲瀬川の辺りが当時は鎌倉の西の境界だったことがうかがえます。稲瀬川は長谷の辺りを南北に流れていた川です。長治二年(1105)頃に成立した『堀河院百首和歌』の左京大夫藤原顕仲の歌にある「みなのせ川(水無瀬川)」が稲瀬川だと考えられています(鎌倉遺構探索『甘縄神明神社』より引用)。

稲瀬川の碑


堀切・掘割


鎌倉の丘陵を歩いていると、堀切をよく見かけます。堀切といっても戦国時代にある城郭のような立派なモノではありません。鎌倉にあるものは実際にも歩いていて大した障害にはなりません。単純に通行路としての掘割状が重なり合った例もありますが、鎌倉市教育委員会の調査報告書によれば、堀切が寺域を示す境界線だった可能性が高いと記されています。

西御門の報恩寺跡裏山にあった堀切

実際にあった確実な例として、玉縄にある二伝寺坂が挙げられます。この玉縄と藤沢を往来する二伝寺坂は、円光寺と貞宗寺の敷地境界線として使われていたと地元のご老公からうかがいました。坂道としての掘割状がちょうど境界線として適しています。現代でも国道や県道が住居表示の境となるケースがよくありますよね、それと同じ感覚だと思われます。ですから鎌倉の堀切というのは、城郭ではなく、単に寺域を表す”表示造作”であることが多いようです。ちなみに残念なことに二伝寺坂は土地開発によって道としての機能は失っています。

Google map 玉縄

そして我々素人でも”なんかコレ気になる”と気付けるのが東勝寺跡裏山にある古道跡です。昔はこの道を伝って葛西ヶ谷名越を往来できたようですが、位置的には東勝寺妙本寺の境ともなるので、もしかしたら東勝寺裏山に残るこの古道跡は、こちらも坂道であってしかも寺域を示す境界線だった可能性が考えられます。掘割状地形は近づく向きによって、そして見る人によっては堀切となり、それが境界線を表すものとなるようです。

東勝寺切通


尾根道とやぐら


現在も尾根道が市区町村の境となっているケースがあります。そしてさらにやぐらがその境界線、もしくは敷地範囲を示す例があります。”やぐら”は施工主である寺側に向かって開口しています。ですから寺院跡であってもやぐらが残されていれば、そのやぐらの開口する方向から廃された寺院がどの辺りにあったのか大よその検討がつきます。そこで、一つの例として瑞泉寺の裏山にある大々的な”やぐら”群の中にある(北条)首やぐらと云われる小規模なやぐら群の向きがちょっとおかしいことに気づきます。これは瑞泉寺裏山の向こう側にあった月輪寺(廃寺)に因むやぐら群だと云われています。どうしてこれほど瑞泉寺と近接しているのかというと、たぶんですが、”ここまでがうちの敷地ですよ”ということを示すために敷地いっぱいの縁部分にお互いが”やぐら”を造営したのかもしれません。

Google map 瑞泉寺
矢印はやぐらの開口する方向を示す
北条首やぐら群

尾根道が境界線となっている最もわかりやすい例として、金沢・追浜にある和田山が挙げられます。下画像の雰囲気に「尾根道?」と思うかもしれませんが、昔は尾根道だったところです。実際に現地に行ってみれば、国道から登り坂となっているので、昔は山だったのだろうということがわかります。この尾根道を境に左が武蔵国久良岐郡、右が相模国三浦郡となります。現在でも横浜市金沢区横須賀市の境界線になっています。

昔は和田山の尾根道だった場所
道を境に左が武蔵国久良岐郡(横浜市)で右が相模国三浦郡(横須賀市)


隧道・洞門・切岸


「トンネルを抜けると・・」ではありませんが、隧道(洞門)が境界線となっているケースがあります。古文献に残る確実な資料として、称名寺の隧道が境内絵図に描かれています。称名寺から隧道を抜けると金沢文庫のある御所ヶ谷となり、お寺の結界外となります。

称名寺境内絵図一部
称名寺の隧道

寿福寺に残されている隧道も近世に描かれた境内絵図に描かれているので、こちらは塔頭の出入り口だったことが絵図からもわかります。出入り口だったということは、つまり境界線だったということですね。

寿福寺境内絵図
寿福寺の隧道というか洞門

そういった視点で思い返すと、建長寺浄智寺浄光明寺などにあった隧道も塔頭などの敷地内外を出入りする造作だったのかもしれません。

浄智寺
浄光明寺
建長寺

付け加えると、隧道がある丘陵壁面は絶壁状の切岸となっています。こうした壁面造作は鎌倉中で見ることができます。近世にて鎌倉で石切りが盛んであったことに因むものなのかもしれませんが、それにしても、鎌倉では寺院を取り囲むように丘陵が絶壁状に削られているケースが多いように思えます。切岸が境界線としての意味合いを含んでいたのかもしれません。

隧道と切岸とやぐらが混在する釈迦堂切通
こちらは名越と浄明寺の境界線


十王堂


山ノ内にある十王堂橋は、付近に十王堂があったことにその名が因みます。しかもこの辺りは四角四境祭では鎌倉の北境となるので、この十王堂が境界となっていた可能性が考えられます。十王とは死者の生前の行いを裁断する10人の王を云います。あの世とこの世の境にあるものです。まさにギリギリの境界線といったところでしょうか。また、天園ハイキングコースにある”ワメキ十王像”がある位置は鎌倉旧市街地丘陵の”縁”となります。何故あの浮彫が十王と呼ばれるのか、もしかしたら境界線の意味があるからなのかもしれません。

十王堂橋
天園ハイキングコースにあるワメキ十王

ということでいかがだったでしょうか、その他、道が境界線となっているケースは今も昔もよくあることなのであえて取り上げることはしませんでしたが、とにかく”境界線造作”は探せばもっとあると思います。例えば、大磯ではお堂が村の境界線になっていた例もありました。それから道に必ずといっていいほどあるお地蔵さんなんかが目印になる場合もあるのかもしれません。何が境界線だったのか、皆さんも探してみるのも面白いかもしれませんよ。

カテゴリー 鎌倉事典
記事作成  2016年12月11日

『鎌倉の境界線』関連記事


名越坂

大町・材木座と三浦半島を往来する古道の趣きを残す切通し路

安国論寺

日蓮が鎌倉入り後に初めて庵を営んだとされる日蓮宗の聖地

極楽寺坂

京と鎌倉の往還路、極楽寺切通沿いの史跡などを紹介

甘縄神明神社

甘縄の古い歴史を伝える貴重な史跡は長谷の鎮守

まぼろしの二伝寺坂

渡内と相模陣を往来する古道は往時の旧鎌倉街道だった

東勝寺跡 ~東国の王の寺①

北条氏得宗家の氏寺で詰めの城とされた魅惑の寺院跡

東勝寺跡 ~東国の王の寺②

東勝寺の丘陵部寄り南西方面に残された土木遺構を紹介

東勝寺跡 ~東国の王の寺③

東勝寺の丘陵部寄り北東方面に残された土木遺構を紹介

東勝寺跡 ~東国の王の寺④

東勝寺エリアの総括記事

和田山遺跡

瀬ヶ崎の和田山にあったと伝わるやぐら群と砦跡

瑞泉寺

カリスマ夢窓疎石が造営した鎌倉禅宗寺院の極み

瑞泉寺旧境内 ~偏界一覧亭

瑞泉寺境内絵図から往時の瑞泉寺の姿に迫る

瑞泉寺裏山遺跡

瑞泉寺裏山に眠る北条首やぐらをはじめとする遺跡群にスポットを当てる

瑞泉寺十境ハイキングコース

瑞泉寺十境の地をめぐる天園ハイキングコースを紹介

瑞泉寺十境ハイキングコース 紅葉編

瑞泉寺とその周辺をめぐる魅惑のハイキングコース 紅葉編

月輪寺跡

美しい自然に埋もれる鎌倉の僻地に残された寺院跡

称名寺

金沢を代表する寺社で金沢流北条氏の菩提寺

称名寺旧境内

称名寺境内絵図から往時の称名寺の姿を検証

金沢文庫

駅名ともなった有名な北条氏の文庫跡は金沢流北条氏の邸跡で御所だった?

称名寺裏山ハイキングコース

旧態が残された称名寺の壮大な裏山を堪能するハイキングコースを紹介

寿福寺

鎌倉五山第三位の古刹

寿福寺旧境内

寿福寺塔頭跡などの往時の姿を検証

浄光明寺

赤橋流北条氏の菩提寺で旧態地形や鎌倉期の遺跡が残存する魅惑のお寺

相馬師常墓やぐら群

相馬天王社跡に残された相馬師常の墓と伝わるやぐらに迫る

建長寺雲外庵跡

半僧坊参道にあった建長寺塔頭跡に残された痕跡

大町釈迦堂口遺跡

退廃的に美しい謎めいた寺院跡

ワメキ十王跡

建長寺伝延宝図に描かれた十王跡とレイライン上に位置する十王岩

円覚寺塔頭まとめ

円覚寺塔頭をまとめました