2017年8月16日水曜日

湯河原・真鶴史跡めぐり 真鶴サイクリングコース編


湯河原・真鶴史跡めぐり、真鶴サイクリングコース編です。標高563mの城山ハイキング(『湯河原・真鶴史跡めぐり 城山ハイキングコース編』)を終え、真鶴に移動し、レンタルサイクルで真鶴の史跡をまわってみようと思います。

真鶴のレンタルサイクル ダサっw

概要


真鶴駅前からレンタルサイクルで移動します。如来時跡のある⑥岩地区に向かい、その後は真鶴半島へ。城山とは別のもう一つの⑦しとどの窟(いわや)・⑧貴船神社、そして⑩番場浦にある採石場跡などに立ち寄ります。真鶴半島はそれほど大きくありません。自転車で一時間もあれば一周できるでしょう。

Google map 湯河原・真鶴
①湯河原駅 ②しとどの窟 ③土肥城跡 ④城願寺 ⑤真鶴駅 ⑥岩地区 ⑦しとどの窟 ⑧貴船神社 ⑨三ツ石 ⑩番場浦採石場


源頼朝船出の浜


如来寺跡を目指して海側にやってきました。ちょうど如来寺跡の目の前にある海水浴場が源頼朝船出の浜だとありました。石橋山の合戦から房総半島に向かったとき、ここから頼朝が船に乗ったと伝わっているそうです。

岩海水浴場


如来寺跡と洞窟


さて、念願の如来寺跡です。寺院跡といっても平場などが残されている訳ではなく、辺りはすっかり住宅が立ち並んでいます。じゃぁ何が目的なのかというと、なんと、横穴が残されているそうです。今年に入って大山・曽我・搭ノ沢などに訪れましたが、意外にも修行のための横穴が寺院に付属していました。こちら如来寺跡にも横穴が残されているということで、興味津々でやって来たという訳です。

如来寺跡の横穴入口

横穴は”やぐら”や古墳時代横穴墓程度の大きさかと思っていたら、結構奥行きがあります。ほぼ洞窟です。また、当時からのモノなのかはわかりませんが、石像仏がたくさん並べられています。しかも結構暗いんですよ。

横穴の入口側
横穴の奥側

洞内には十王・閻魔・観世音菩薩など一般的な石像仏の他、壇拏頭・脱衣婆など、聞いたことのないものまでありました。どちらにしろ、閻魔さまを祀っている時点でこの洞窟が別世界を表していることは明白でしょうか。

洞内にある石像仏 こちらは閻魔さま

こちらは脱衣婆。脱衣婆って何でしょ?、意味が分からないので得体の知れない恐怖を感じます。こちらは閻魔さまと関連があるようで、Wikipediaによれば「三途川(葬頭河)の渡し賃である六文銭を持たずにやってきた亡者の衣服を剥ぎ取る老婆の鬼」とありました。

恐怖の脱衣婆

こちらは壇拏頭とあります。板に2つの生首が乗っている不気味な像です。光の無い洞内でペンライトを当てた途端これが現れるんですよ、ちょっとしたお化け屋敷かホラー映画かと思いました。この壇拏頭をネットで調べてみたところ、檀拏幢(だんだとう)というワードがヒットしました。Wikipediaの円応寺項によれば、「人頭杖とも言い、閻魔王が持つ杖。杖の上には通称”見る目””嗅ぐ鼻”と呼ばれる2つの頭部が乗っており、これらは閻魔王が冥府で亡者を裁く際に善悪を感知するという」とあります。やはりこちらも閻魔さまに関連するようです。

ほぼホラー映画かお化け屋敷としか思えない壇拏頭

そしてこれら画像を見て皆さん何かお気づきですか、そう、やたら洞内が赤いんです。赤といえば血・・(怖っ)、じゃなくてですね。塔ノ沢の阿弥陀寺を思い出しますが、観光パンフレットによると、こちらもしとどの窟(いわや)と同じく火山活動に関連するもので、赤く酸化した火砕物なんだそうです。しかもこれを間近で見れるなんてなかなか無いそうです。

洞内の壁面は赤く酸化した火砕物

如来寺跡にある洞窟のある場所はちょっとした丘状になっていて、こちらも火山活動によってできた噴石丘です。丘の頂部にはお堂のない神社があり、それとは別に祠が並べられていました。面白いのは、この不詳不明の神社跡に、山伏、もしくは天狗にも見える像が二体、狛犬のように置かれていることでした。如来寺の詳細が一切わかりませんが、山岳信仰と繋がりのあるお寺だったのかもしれません。とにかく面白い史跡でした。

洞窟のある丘の頂上にある神社跡
狛犬のように置かれている像


しとどの窟(いわや)


横穴という”おどろおどろしい”雰囲気から一転、外に出ると爽やかすぎる景色というこのギャップ。横穴を探検する鎌倉遺構探索ではよくあることです。さて、真鶴半島の付け根まで来ました。海が目の前でしかも箱根方面にそびえ立つ山々が雄大です。

真鶴半島から見た景色

しばらくすると、しとどの窟(いわや)に到着。「えっ?さっき行ったじゃん」と思う方もいるかもしれませんが、先ほどの城山のものともう一つ、真鶴にもしとどの窟(いわや)と呼ばれる窟があります。私も現地に来て初めて知りました。

真鶴のしとどの窟(いわや)

「中に入れないんかいっ!」とガックリくる史跡です。ちなみにこちらは海蝕洞で、頼朝の時代には130mもの奥行きがあったと云われています。そんな海蝕洞に入ってみたいっ!と思いますが、現在は関東大震災などの土地の隆起によって小じんまりとしています。窟内の奥には何かを祀ってあるようです。

洞窟内部


貴船神社


ガックリな真鶴のしとどの窟をあとにするとあるのが貴船神社。浜に漂着した古仏像を祀り興されたという縁起が伝わっています。海から仏像を拾い上げる縁起を持つ有名な寺院といえば、そう、長谷寺ですね、確か三浦半島のどこかにもそんな縁起をもつ寺院があったような気がします。海から何かを拾うというのは縁起がいいのでしょうか。ちなみに貴船神社は寛平元年(889)の創建という古い歴史を持っています。

貴船神社


三ツ石


真鶴半島を奥へと進みます。なんか湯河原の内陸部と木の種類が違うように思えます。一本一本が大きくて太いんです。素敵な様相です。

真鶴半島

途中に雰囲気のある神社がありました。名前がわかりません。観光パンフにも地図にも載っていません。しかもあとで聞いたら「そんなところに神社なんてないよ」なんて言われる怖い話だったら面白いですね。

不詳不明の神社

しばらくして真鶴半島の先端に到着。遠藤貝類博物館に入ると真鶴で有名な三ツ石のある景勝地を眺めることができます。「三ツ石じゃなく二ツじゃね?」と思った方、この角度だと二つに見えるだけです。

三ツ石


番場浦海岸真鶴半島採石場跡


真鶴半島の先端付近に番場浦海岸があります。こちらは特に近世にて石切り場とされていたそうです。しかも番場ってことは、この辺りに馬場があったんでしょうか、しかもいつの時代でしょう。ここから見える三ツ石も素敵です。この角度ならちゃんと石が三ツ見えます。

番場浦海岸から見た三ツ石

海岸にある無数の石が全て丸まっていて大きさもだいたい同じです。不思議。これは自然にできたものなんでしょうか。

番場浦海岸の石

さて、海岸線を伝っていくと見えてきました!採石場跡。海岸にある石切り場など見たことありません。海に沈んだ古代遺跡みたいでなんかイイ雰囲気。

真鶴半島採掘場跡

真鶴で採掘した石は小松石と呼ばれています。1200年前の岐阜県のお寺でその小松石製の墓石が発見されています。ですから真鶴での採石は奈良時代から始まっていたと考えられています。そして個人的にも驚いたのが、江戸城の石垣の9割が真鶴の石だと云われていることです。これは小松石の質が良いだけでなく、半島という地形から、運搬に都合の良い立地だったからという要因も大きいようです。確かに、海岸で石を切り出せるのであればすぐに船に積み込めますね。

真鶴半島採掘場跡

ハートマークをしたタイドプールを見つけました。四つ葉のクローバーを見つけた気分です。これは自然にできたものでしょうか、採石によるものでしょうか。

ハートマークのタイドプール

時間なのでこれにて戻ろうと思います。帰る途中、向こうの方で霧が発生したようで、素敵な景色が現れました。

真鶴半島からの帰り道




カテゴリー 探索記事
記事作成  2017年8月16日

湯河原・真鶴史跡めぐり関連記事


湯河原・真鶴史跡めぐり 城山ハイキングコース編

湯河原の城山でハイキング!

湯河原・真鶴史跡めぐり 真鶴サイクリングコース編

真鶴でサイクリング!