2017年11月26日日曜日

鎌倉の紅葉 2017年11月


東慶寺・建長寺・円覚寺に行ってきました。今年は大山・箱根・真鶴などへ遠出をしたので紅葉もそちら方面に向かおうと思っていましたが、気づいたらもうピークを過ぎているということだったので、やっぱり安定の鎌倉で落ち着きました。

円覚寺

北鎌倉駅を出て円覚寺に入ろうと思います。がしかし、あまりの混雑のため、とりあえず東慶寺に向かうことにしました。


東慶寺


さて、ということで絶妙な色合いが魅力の東慶寺。鎌倉に通うようになってから気づけば毎年訪れています。しかし、今年はホントにちょっと早かったみたいです。でも東慶寺ってなんでこんないいんでしょう、空気がいいんでしょうかね。

東慶寺
天秀尼墓所


建長寺


それでは、この日、ハイキングをする余裕はありませんが、でもせめてプチ・ハイキング気分を味わいたかったので、建長寺に向かうことにしました。中心伽藍を抜け半僧坊・勝上獄を目指します。

建長寺
回春院

半僧坊が近づくと色付き始めた木々が出迎えてくれました。そして半僧坊に到着すると富士山が見えるはず、がしかし、この日は快晴だったものの、富士山の辺りにだけ雲がかかっているという何とも言えない不運でした。

参道
参道
参道

もったいないことに、半僧坊まで来てそこで落ち着いてしまう方が多いようです。ここまで来たのだから火災消滅塔のある頂部にまで行くべきです。結構景色が違いますよ。由比ヶ浜と”鎌倉ヶ谷”を一望できます。最近はハイキングから遠ざかっていたので、この雄大な景色の感動は”ひとしお”です。紅葉シーズンのうちにどこかハイキングに行きたいと思わずにはいられません。ちなみにこの日、近くにいた方に大山の位置を教えてもらいました。鎌倉から眺めた大山は、標高1252mもあるあの神秘の大山とは思えぬほど小さな突起物にしか見えませんでした。

火災消滅塔付近からの景色
”鎌倉ヶ谷”と由比ヶ浜
大山方面


円覚寺


時間の都合もあるので、最後に、いい加減そろそろ混雑も落ち着いたであろう円覚寺に寄ってみました。東慶寺と違って円覚寺の紅葉は見頃です。それから、円覚寺に来たらなんといっても龍隠庵でしょうか。境内はもちろん、円覚寺の中心伽藍を中途半端な位置から見下ろせるのが魅力です。

居士林
正続院
龍隠庵
山門
法堂跡

ということで、円覚寺の紅葉はピークに近く、建長寺・東慶寺などはまだまだでした。鎌倉の素敵な景観に誰もが癒されることでしょう。しかし一方で、あまりの人混みにストレスを感じてしまう方も少なくないかもしれません。人混みを人混みと思わない諦めの境地を悟りましょう。

総門内側からの景色


カテゴリー 鎌倉日記
記事作成  2017年11月26日

関連記事


天秀尼と東慶寺

近世に縁切寺法を確立させた東慶寺の中興祖

東慶寺 ~縁切寺

明治時代までは女性救済のための尼寺だった古刹

建長寺伝延宝図

延宝六年(1678)徳川光圀施入と伝えられる建長寺境内を描いた古絵図

巨福呂坂

鎌倉と山ノ内を結ぶ鎌倉の大動脈にある坂道

建長寺四方鎮守 第六天エリア

建長寺の四方鎮守のひとつ第六天が所在する丘陵部に残された遺構

建長寺中心伽藍

日本初の禅寺建長寺の直線上に伽藍が建ち並ぶ魅惑の中心部

建長寺雲外庵跡

半僧坊参道にあった建長寺塔頭跡に残された痕跡

建長寺旧参道

勝上獄へ向う旧道沿いに残る塔頭や華厳塔の痕跡をめぐるルート

建長寺勝上獄 半僧坊

雄大な景色を望める半僧坊権現が祀られた勝上獄エリア

ワメキ十王跡

建長寺伝延宝図に描かれた十王跡とレイライン上に位置する十王岩

建長寺回春院と地獄谷

建長寺の歴史を遡る地獄谷に残された伝承の痕跡をめぐる

円覚寺遺構探索

往時の痕跡、旧跡、遺構などを中心に円覚寺境内を解説

円覚寺黄梅院

円覚寺塔頭の黄梅院は夢窓疎石の塔所で足利氏の菩提寺

円覚寺龍隠庵

長尾氏に関連する龍隠庵の魅惑の境内

円覚寺塔頭

円覚寺塔頭をまとめました