2017年12月10日日曜日

紅葉便り 英勝寺編


今回は報国寺・永福寺跡・瑞泉寺・英勝寺・長谷寺をまわってきました。全体的に紅葉のピークは過ぎていますが、今回訪れた全ての寺院はどこもかしこも素敵な景観で埋め尽くされていました。(この記事は英勝寺編です。)

Google map 鎌倉

今回英勝寺に行こうと思ったのは、なんと、これだけ鎌倉に通っておいて、英勝寺に行ってなかったのを思い出したからです。なぜ行ってなかったのかというと、尼寺ということで若干の”はばかり”があったこと、また徳川家ズブズブのお寺なので鎌倉遺構探索が求める中世の世界感をあまり感じられなかったからです。しかし、英勝寺は素敵な寺院でした。今まで行ってなかったことが悔やまれます。

英勝寺

英勝寺は大田道灌の邸跡と伝わり、また水戸徳川家と密接な関係にありました。『新編鎌倉志』が大々的に英勝寺を取り上げていたことにはこのような由縁があるようです。英勝寺に中世を感じられないと上記しましたが、英勝寺の敷地はもとは寿福寺の土地であったようなので、鎌倉時代にも何かしらの建物や施設があったものと思われます。また浄土宗ではあるものの、切岸と横穴のある景観は鎌倉の禅寺と様相が似ています。やっぱり実際に来てみないとわからないものですね。

英勝寺の切岸と横穴

尼寺だからか、それとも尼寺という先入観があるからか、菩薩像の表情が割り増しで優しかったような気がします。


なんと、横穴の一つが隧道になっていて、奥に仏像が置かれています。近世にて瞑想などの修行に用いられていたのかもしれません。今年になって大山・曽我・箱根・真鶴などでこうした修行用の横穴をいくつも見ることができました。偶然にこうした類のものと出会えたことに不思議な縁を感じます。

英勝寺の隧道(たぶん修行用)

奥にある竹林が素敵です。竹林があるからというわけではありませんが、報国寺のように敷地を囲うように立派な切岸が施されています。踏み入ってはいけない奥に横穴も確認でき、歴史ある鎌倉寺院の痕跡が見てとれます。


というこでとっても素敵なお寺でした。緑が青々とした春頃にまた来てみたいと思います。そしてせっかくなのでお隣の寿福寺にも顔を出してみました。

寿福寺

寿福寺の長い参道にはだいたい観光客がいます。個人的にはなるべく人が写らない方がキレイな画になると思うので誰もいなくなるのを待ちます。写り込んだのが例え美女だとしても、人間という煩悩を抱える生き物が写った瞬間、画が台無しになってしまうような気がするからです。でも別に人間が嫌いな訳じゃないですよ。それでは、長谷寺のライトアップを見に長谷に向かいます。

寿福寺

2017年12月紅葉便りシリーズ


紅葉便り 報国寺編

ほぼピーク、圧巻の紅葉劇場、報国寺編!

紅葉便り 永福寺跡編

2017年、復元が完成した永福寺跡の紅葉はほぼピーク

紅葉便り 瑞泉寺編

自身初の紅葉ピーク真っ只中の瑞泉寺に直面!

紅葉便り 英勝寺編

今さらながら初めて訪れた英勝寺は素敵なお寺でした!

長谷寺紅葉ライトアップ

歴史ある古刹で行われた紅葉ライトアップは必見の美しさ!

カテゴリー 鎌倉日記
記事作成  2017年12月10日

2017年紅葉関連記事


鎌倉の紅葉 2017年11月

東慶寺・建長寺・円覚寺に紅葉を見に行ってきました!