2018年11月5日月曜日

小松寺

小松寺

今回は千倉町大貫にある小松寺に行ってきました。緑もみじと川の流れから溢れるマイナスイオンたっぷりの空気が魅力のお寺です。


小松寺縁起


現地案内板によれば、文武四年(700)に役小角によって庵が建てられ、養老二年(718)に巨松山壇特寺と額を掲げました。天長八年(831)には慈覚大師が山王権現を祀りましたが焼失し、延喜二十年(920)に安房守住吉朝臣小松民部正壽が再興して壇特山医王院巨松寺としました。また当初は天台宗でしたがのちに真言宗に改宗したとのことです。小松寺は県道188号館山大貫千倉線から少し奥まった場所に所在しています。

県道から入ったところ
Google map 安房
①小松寺

小松寺には鎌倉期の銅造十一面観音菩薩坐像・役行者半跏像、平安期の木造薬師如来立像・不動明王立像・毘沙門天立像・お前立薬師如来立像・聖観音菩薩坐像などの重要文化財が安置されています。

小松寺のぼり旗


乙王と大貫古道


小松寺が再建された翌年、慶賀の式典が開かれ、そこに参加していた安房守の嫡男・千代丸が怪物にさらわれ死体として伊予ヶ岳で発見される事件が起こります。千代丸の従臣・乙王は嘆き悲しみ近くの滝に身を投じたと云われています。その滝が小松寺の近くにあったそうですが、現在は埋没してしまったとのこと。

小松寺現地案内板

小松寺を囲む山稜にハイキングコースがあり、上記した乙王の滝を含む地点を歩いて回れるようですが、現地案内板を見てみると、なんと3時間ぐらいかかる壮大なコースであることが発覚しました。行きたいと思っていましたが今回はちょっと諦めます。そしてこのハイキングコースは大貫古道と云って実際に使用されていた古道が含まれるそうです。

近くの尾根道

小松寺の近くからすぐに入れる尾根道を少しだけ行ってみました。立派な尾根道が続いています。


瀬戸川


小松寺の境内前を流れる川を瀬戸川と云います。付近に池や滝があるように水量も豊富です。さらに現地案内板にれば、役小角が杖をついて掘ったと伝わる眼洗い井戸があったそうです。

瀬戸川
瀬戸川
小松寺の前にある池


小松寺やぐら


川沿いにある小松寺入口部分にやぐらが数基あります。小松寺にはこのやぐらに加え、鎌倉期の銅造十一面観音菩薩坐像が伝えられているだけに、中世にも様々な歴史があったと思いますが、縁起には何も記されていません。

小松寺やぐら
小松寺やぐら


小松寺境内


山門ではなく鳥居をくぐると仁王門です。境内は地面に苔、そして緑もみじと、緑で埋め尽くされています。紅葉の時期もきっとキレイなんでしょうね。本堂・観音堂・鐘楼などが配置されています。観音堂は下立松原神社から移築されたものだとありました。確かに、そう言われると神社の拝殿っぽいですね。

鳥居
仁王門
緑もみじ
本堂
観音堂


白山社


境内の奥から少しだけ丘陵を登るとあるのが縁結びの神として祀られている白山社です。なんで白山社が縁結びなのかというと、白山社に祀られている三柱の菊理媛尊(くくりひめのみこと)が縁結び・縁切りの神様なんだそうです。また小松寺にある鎌倉期の銅造十一面観音菩薩坐像はこの白山社から発見されたと現地案内板にありました。

白山社入口
白山社への道

wikipediaに白山信仰の本地仏が十一面観音だとありました。崖観音や那古観音など、南総地域は観音菩薩を本尊とする真言宗寺院だらけです。今回、やぐらを中心に安房地方をめぐってきましたが、このように地方によって信仰となる対象に偏りがあることも興味深いテーマだと思いました。

白山社


金のカエルが棲む池


境内にある池には金のカエルが棲んでいるとお寺の方に教えてもらいました。伝承ではなく目撃情報があるそうです。しばらく眺めていたらカエルではありませんが金の鯉がいました。画像は自分で言うのもなんですがキレイに撮れたと思います。金のカエルは見つけられませんでしたが、金の景色ですコレ。地上と水中の景色が水面で融合して金と赤の鯉がまるで空を泳いでいるようじゃありませんか。


ということで、緑とマイナスイオンたっぷりの空気が魅力の小松寺でした。失礼な言い方になりますが、やはりこれだけのど田舎でないとこんな澄んだ空気は味わえないでしょう。改めて南総の魅力を感じます。東京でドロドロした人間関係に塗れ煩悩のままに生きている人に特にお勧めです。ここに来ただけで身も心も浄化されるようです。

ホントにきれいな小松寺の緑もみじ



史跡住所  〒295-0013 千葉県南房総市千倉町大貫1057
カテゴリー 探索記事(房総・安房で鎌倉遺構探索)
記事作成  2018年11月5日

房総・安房で鎌倉遺構探索関連記事


中世安房国の勢力図と三浦一族

中世安房国の在地領主らの移り変わりと房総に渡った三浦一族

房総・安房のやぐら

房総半島の安房国(館山市・南房総市)のやぐら群まとめ

房総・安房で鎌倉遺構探索【概要編】

房総・安房国での旅のダイジェスト編

崖観音・大福寺

崖観音の名で親しまれる魅惑の岩屋寺院

那古寺・那古山

鎌倉期の仏像あり、岩屋あり、展望台あり、那古観音こと那古寺

館山城

南総里見八犬伝でお馴染みの里見氏の館山城

おくまんさま

館山城外堀地区にある横穴に祀られたおくまんさま

鉈切洞穴

海蝕洞穴に祀られた色んな意味で真っ二つな神社

光明院・地蔵堂跡

後藤義光の彫刻・岩屋形式のお堂跡・やぐら

洲崎神社・養老寺

鏡ヶ浦の突端に位置する漁業神・航海神の神社

安房神社・忌部塚

忌部氏の祖先を祀る安房国一宮神社

小網寺・法華谷やぐら

保持する文化財は一級品ばかり!

南条八幡神社

背後に城と横穴(やぐら)群を背負う八幡神社

大日山・舎那院

縁起不明の摩崖仏とやぐら群

稲村城やぐら

安房地方ならではの遺構残存度の高さが魅力の城跡

ヒカリモ黄金井戸

ヒカリモで満たされた幻想的な横井戸

岩谷観音堂

横穴墓を限りなく改変・転用した珍しい史跡

正木氏菩提寺・正文寺

前身は真田(佐奈田)氏の菩提寺だった正文寺

丸氏菩提寺・安楽寺

背後に城とやぐら群を背負う丸氏の菩提寺

真野大黒天・真野寺

覆面観音と大黒天に代表される文化財の宝庫

房州あじさい寺・日運寺

裏山も堪能できる房州を代表するあじさい寺

石堂寺(体感型城郭寺院)

城郭を感じられる足利氏・里見氏・丸氏に関連する寺院

天寧寺

鋸南町にある二階堂氏創建の禅寺

鯨塚と大黒山

捕鯨基地だった勝山で鯨を捕っていたのは里見水軍だった!

大山不動尊の謎と滝本観音

千葉にもあった大山寺は紅葉の素敵な寺院

明星山城と加茂坂

三浦多々良氏の末裔が拠点とした明星山城に迫る!

高田寺蛇骨やぐらと高田姫

高田寺跡の妖しい遺構を探検

安東千手院やぐら群

やぐらそのものがお堂となる安東氏の墳墓堂千手院

房総・上総で鎌倉遺構探索関連記事


笠森観音・笠森寺

岩山の上に観音堂が建つという日本唯一の建築様式・四方懸造寺院

長柄横穴群

高壇式と線刻画が特徴の古墳時代末期横穴

妙楽寺の森と木造大日如来坐像

定朝様式の丈六仏と天然記念物に指定された森のあるお寺

夢窓疎石・退耕庵跡・金毛窟

夢窓国師の座禅窟と退耕庵跡の痕跡

和田義盛の伊北館を探せ!

大多喜町にあると云う和田義盛の伊北館を夷隅郡史の記述から検証

燈籠坂大師と造海城跡

どちらも海と船に深く関わる興味深い史跡