2015年7月15日水曜日

長井城跡 ~荒崎公園


長井にある荒崎公園は、著書・資料などで呼び名が異なりますが、長井城・長井館・荒崎城などと呼称される云わば城跡を公園として整備された場所です。実際に訪れると、三浦半島でよく見られる岩浜の様相から荒崎城という名がピッタリだと思いましたが、赤星先生が著書で長井館・長井城などと呼称していたので、鎌倉遺構探索ではここを長井城と呼ぶことにいたします。素人では城跡の痕跡を見出すことが困難な史跡となりますが、美しい海岸線とロマンあふれる海蝕洞が魅力です。

Google map 長井

長井城縁起


『三浦半島城郭史』によると、三浦大介義明の五男となる長井五郎義季の館が長井にあったことは確かなようですが、ここ荒崎にある城跡は、義李の城山とは伝えておらず三浦荒次郎義澄の城と伝えられているとありました。また、宝治合戦で三浦宗家が滅んだ後は、佐原光盛の居館跡と伝えられているようです。三浦一族の誰かがここに館を構えたのかもしれませんが、ここで合戦が行われたなどの戦跡記録がないのでしょう。伝承がかなりあやふやです。

荒崎の名に相応しい荒崎公園の荒々しい岩浜

ここで初めて私は三浦義澄の仮名が荒次郎だということを知りましたが、荒崎に荒次郎って・・なんかつながっているんでしょうか。

城山


城山と呼ばれる岩山は、海中に細長く突出し馬背状になっており、三方を海に囲まれ周囲は絶壁となります。その東側を中台、低地部分を城口と呼びます。山城でよくみられる土塁や堀などの明確な城郭遺構を確認することはできませんが、『三浦半島城郭史』には「極めて小規模なものであるが最後に立て籠もる場所としての城山ならこれでよい」と評されています。

Google map 長井城跡・荒崎公園

上記したように岩山として地形の盛り上がっている部分が3ヶ所あります。周囲一帯を廻ってもこれといった遺構が残されている訳ではありませんが、とにかく丘陵部からの眺めは格別です。

急峻な崖
攻められることはないが逃げることもできない崖

鎌倉時代の海岸は松がたくさん植えられていたそうなので、松の木があると往時を偲ばせる最高の素材となります。小学生のときからビルボード音楽を聴いて育った私は10代の頃に江ノ島にあった松の木を古くさくてダサイと思っていました。アメリカンナイズされすぎたのでしょう。ヤシの木などがあるトロピカルな雰囲気のビーチに憧れましたが、こうしてオッサンと呼ばれる年頃になって初めて私は松の木と海という日本古来の組み合わせの素晴らしさに気付く事ができました。


崖の下にある入江は、波が寄せると轟音を出すので「どんどんびき」と呼ばれているそうです。「どん引き」という言葉がこの頃からあったのか・・と一瞬思いましたが、ニュアンスが違いますね。

シーサイドハイキングコース


城山を下りると、岩浜が続く海岸線が続きます。シーサイドハイキングコースとしてこのまま長浜まで歩けるそうです。岩浜の続く海岸線がとても素敵です。荒崎海岸の特徴は、白い頁岩と黒い凝灰岩が層を成す海蝕台と海蝕洞にあると現地案内板に記されていました。


向こうに森戸神社にある千貫松のような岩山があります。現地案内板に弁天島とあったのでそれのことかもしれません。長井の千貫松と言った方がいいのに・・。

長井の千貫松

魅惑の海蝕洞


巨大な海蝕洞がいくつもあります。何て素敵な海岸なんでしょう。中には貫通しているものもありましたが、さすがにこれは人の手が加わったものでしょうか。まるでそこら辺にやぐらと洞窟があるような、私にはたまらなく魅力的で素敵な場所でした。

自然の線刻が美しい海蝕洞

十文字にクロスする洞窟は古墳時代に墳墓として使用されたようで、土器などが発見されていると『三浦半島の史跡みち』にありましたが、海蝕洞がありすぎてどれがどれなのかわかりませんでした。私はこのとき横穴の開口部が十文字になっていると勝手に思っていましたが、もしかしたら洞窟と洞窟が十文字に重なっているということでしょうか。帰ってから気付きました。でも穴という穴をほぼ確認したので、私が見たどれかがきっと十文字洞窟なのだろうと思います。

十字に見えないこともない・・
貫通している海蝕洞

『三浦半島城郭史』では食料庫として使用されたともありました。また、後深草院二条が江ノ島の岩屋で一泊している様子が『とはずがたり』に記されているので、篭城などの際は単に寝床や休憩所としても使えるのでしょう。でも寝ている間にフナムシがやって来たら・・なんて考えると・・背筋が凍る思いですが、生きるか死ぬかの合戦中ならそんなこと言ってられないのでしょう。

やぐらのように石を積み重ねている穴が一箇所あった

どうやったらこんな形状になるのかと自然が造りだした造形物に目を奪われます。水がキレイなのはもちろんですが、底面が人工的に削平された石畳のように見える海底遺跡のような美しさ。


これはいわゆる化石と解釈していいのでしょうか。岩に張り付いている貝はカチコチで完全に石と化しています。


ということで、全くもって中世の、そして三浦氏の城跡の痕跡も何も感じることはできませんでしたが、荒崎公園はとても素敵な浜辺散策ができる場所でした。「鎌倉遺構探索じゃなくねぇ?」とかいう苦情は一切受け付けません。

城山から眺めた景色




カテゴリー 探索記事(エリア別 横須賀
記事作成  2015年7月15日

『長井城跡 ~荒崎公園』関連記事


荒崎シーサイドコース

長井の荒崎公園を中心とした海岸線沿いをめぐるコースです。

不断寺

もとは鎌倉の執権経時の屋敷内にあったと伝わるお寺

鎌倉遺構探索 横須賀編

5月~6月の間に訪れた横須賀市内の史跡をまとめました。

三浦氏系図

三浦氏の系譜を三浦半島の史跡と共に紹介

横須賀市関連記事


大矢部地区

なぜ三浦為通は衣笠を拠点に選んだのか?

大善寺 ~衣笠城跡

伝説の衣笠城は城郭か?聖地か?

満昌寺

三浦大介義明の追善供養のために建立されたお寺。

清雲寺

三浦一族の邸跡か?城郭を匂わせる地形が魅力。

薬王寺跡

和田義盛が創建した寺院跡は矢部館跡とも伝わる。

満願寺

三浦佐原家の菩提寺は素敵な禅寺の様相。

猿島

日蓮洞穴や旧日本軍の要塞施設が現存する島

佐島・天神島

三浦一族の和田義盛・芦名為清などに由縁する史跡が集中する地域。

津久井

三浦一族の津久井義行の邸跡・峯屋敷

鎌倉遺構探索リンク