2015年7月11日土曜日

大矢部地区


はじめに


北条氏にとって最大の脅威となった三浦一族ともあろう強大な勢力の本拠地がなぜ衣笠とかいう冴えない場所なのだろうと、これまで漠然と疑問に思っていました。私は偶然に衣笠出身の友人がいたので、以前に横横の衣笠インターで下りたことがありますが、特に東京の人だと衣笠に訪れたことなどない人、もしくは衣笠という地名さえ知らない人もいるのではないでしょうか。しかし今回、鎌倉遺構探索横須賀編として実際に衣笠に訪れ、色々と調べていくうちに、なぜ衣笠なのかというその漠然とした疑問が解消することとなりました。

Google map 三浦半島

まず、三浦義村の娘で北条泰時の妻となった三浦一族を代表する女性が矢部禅尼と呼ばれていたように、衣笠城跡の存在感から衣笠の知名度が先行していますが、三浦一族の本拠地は衣笠ではなく矢部(現在の大矢部)と言ったほうが厳密には正しいのかもしれません。したがって、今回取り上げる三浦一族の本拠地を衣笠だけでなく大矢部とも記します。

三浦半島を通る古東海道


大方の著書・資料によれば、三浦半島を横断する古東海道の道筋として、通説では、鎌倉から逗子の披露山を通り、葉山の鐙摺・堀内まで下り、上山口・木古庭を通って半島の東側に進み、現在のJR衣笠駅近辺にある曹源寺を通過し走水に至ると考えられています。

Google map 三浦半島

曹源寺からは奈良時代の瓦や礎石が大量に出土しています。このことからも曹源寺のある場所が三浦半島の政治の中心地であったと考えられています。そして衣笠城は、この曹源寺から丘陵を隔てた比較的近い場所に位置しています。三浦氏は、康平六年(1063)に前九年合戦の功績として、平為通が三浦郡を獲得し、衣笠城を築き、三浦氏を称したのが始まりとされていますが、為通が大矢部に衣笠城を築いたのは、当時の三浦半島の中心地から近かったことがまず第一に挙げられるのでしょう。そしてそれはおのずと古東海道に容易に干渉できる位置にあったとも言えるでしょう。

曹源寺

大矢部の地形


そして次に特筆すべきは大矢部の地形です。宅地開発された現状からはいまいちピンときませんが、なんと、大矢部の旧態地形からは、鎌倉と同じく馬蹄形地形が浮かび上がってきます。鎌倉の場合、三方を山に一方を海に面するという南に口を開けた馬蹄形地形をしています。実は大矢部も三方を山に囲まれ、東に口を開ける馬蹄形地形を成しています。また、佐原の満願寺の縁起にもありましたが、往時は久里浜湾が佐原の辺りまで入り込んでいました。地形が口を開ける向きこそ違えど、三方を山に一方を海に面する鎌倉と全く同じ地形をしています。

Google map 横須賀

赤星先生の『三浦半島城郭史』によれば、衣笠城のある丘陵が鎌倉でいうところの鶴岡八幡宮位置となります。そして『大矢部のはなし』にはさらなるオマケが記されていて、満昌寺や清雲寺の前面通りとなる現在のバス通りには川が流れていて所々に橋が架かっていたとありました。しかも橋の名が「下馬の橋」「ゲンゾ橋(下乗橋)」などとあり、完全に鎌倉でいうところの若宮大路のような存在であったことがわかります。

満昌寺の前を通るバス通り 昔は川が流れていた

三浦為通が衣笠に拠を構えた当時、衣笠は三浦半島の政治の中心地から近く、そして当時最も好ましい要害として考えられていた馬蹄形地形を成していました。なぜ衣笠とかいう冴えない土地に来たのだろうと上記しましたが、それは現在の衣笠の状況であって、当時の衣笠は、三浦半島を治める者が拠を構える最適な場所だったと言えるのでしょう。

大矢部の史跡


大矢部には三浦氏の菩提寺が集中しています。大善寺・満昌寺・清雲寺・薬王寺跡(近殿神社)、そして佐原の満願寺と、それぞれ詳細な記事としてまとめてあるので、よければそちらもご覧になってください。そして円通寺跡という史跡だけを記事にしていないので、ここで少し取り上げます。

清雲寺には円通寺から移されてきた三浦氏三代の墓や貴重な仏像などがある

円通寺跡は自衛隊敷地内にあるので見学は不可能です。がしかし、そろそろ自衛隊がここを立ち退くという情報を得たので、とりあえず興味本位で立ち寄ってみると、工事用車両がたくさん敷地内に入り込んでいました。「これは?」と思いちょっと関係者の方に話をうかがったところ、ちょうどその自衛隊施設の撤去作業中で、しかも噂通り自衛隊がここから立ち退くとのことです(しかも今月いっぱい(現在2015年7月)で立ち退き完了)。その後この土地の利権がどこに移るのかはわかりませんが、これだけの広大な土地を寺院跡として市が管理するにはあまりにも負担が大きいので、やはり民間の手に渡ってしまう可能性が高いかもしれません。とりあえず一度でいいからその円通寺跡を見てみたいと思います。円通寺跡には19基ものやぐら群が残されているそうです。

円通寺跡

もうひとつ、腹切松という史跡が清雲寺の近くにあります。衣笠城で自刃したはずの三浦大介義明ですが、一方で衣笠城から下り現在の腹切松公園の辺りで亡くなったという話もあるそうです。一応何代目かの松と碑が建てられています。

腹切松公園

大善寺


衣笠城内にある大善寺は、寺縁起によれば、天平元年(728)に行基がこの山に金峯蔵王権現と不動明王を祀り、その別当として建てられたと伝えられています。いかにも山奥の修験の場といった雰囲気が魅力です。

大善寺

満昌寺


満昌寺は三浦大介義明の追善供養のために建立された寺院です。義明の首塚と伝わる墓が往時の御霊社位置に祀られています。

満昌寺

清雲寺


為通の没年が天仁元年(1108)に没した三浦為継の開基と伝わっています。前述したように、貴重な石塔や仏像類が円通寺から移されています。

清雲寺

薬王寺跡


薬王寺は和田義盛が父義宗と叔父義澄の菩提を弔うために建立したと伝えられています。現在廃寺となり、三浦義澄の墓と伝わる五輪塔や近世にて整備された近殿神社があります。

薬王寺跡 近殿神社

満願寺


厳密には大矢部ではありませんが、往時の大矢部城郭地域内でしょうか。こちらは寿永三年(1184)に佐原十郎義連の開基と伝わっています。臨済宗建長寺派の素敵な禅寺です。

満願寺




カテゴリー 探索記事(エリア別 横須賀
記事作成  2015年7月11日

『大矢部地区』関連記事


大善寺 ~衣笠城跡

伝説の衣笠城は城郭か?聖地か?

満昌寺

三浦大介義明の追善供養のために建立されたお寺。

清雲寺

三浦一族の邸跡か?城郭を匂わせる地形が魅力。

薬王寺跡

和田義盛が創建した寺院跡は矢部館跡とも伝わる。

満願寺

三浦佐原家の菩提寺は素敵な禅寺の様相。

猿島

日蓮洞穴や旧日本軍の要塞施設が現存する島

怒田城跡

難攻不落の堅固な海城、怒田城に迫る!

佐島・天神島

三浦一族の和田義盛・芦名為清などに由縁する史跡が集中する地域。

津久井

三浦一族の津久井義行の邸跡・峯屋敷

鎌倉遺構探索 横須賀編

5月~6月の間に訪れた横須賀市内の史跡をまとめました。

三浦氏系図

三浦氏の系譜を三浦半島の史跡と共に紹介

鎌倉遺構探索リンク