2018年5月10日木曜日

安房神社・忌部塚

安房神社・忌部塚

今回の訪れた先は安房国一宮の安房神社です。社伝によれば、安房神社の起源は2760年以上も昔、天富命(アメノトミノミコト)が阿波の忌部一族を連れ房総半島に上陸したことに因むとあります。房総半島の南端に位置する、神話の時代から存在していた安房神社で壮大な時間軸を感じてきました。

Google map 安房
①安房国一宮安房神社



安房神社の起源


阿波(徳島県)からやって来た天富命率いる忌部一族の上陸した地点が阿由戸(あゆど)の浜とも呼ばれる駒ケ崎(下地図画像③)だと云われています。そして駒ケ崎からも近い布良(めら)に天富命を祀ったのが布良崎神社②、その天富命が祖先の天太玉命(アメノフトダマノミコト)と天比理刀咩命(アメノヒリトメノミコト)を祀ったのが安房神社①です。

Google map 安房神社
①安房神社 ②布良崎神社 ③駒ケ崎

房総の地に上陸した天富命は阿由戸の浜にある男神山(おがみやま)と女神山(めがみやま)にそれぞれ天太玉命と天比理刀咩命を祀ったのが安房神社の始まりとされています。その後、養老元年(717)に吾谷山(あづちやま)に遷座し、上の宮と併せて天富命と天忍日命を祀る下の宮もそのときに造営されました。

布良から見た男神山・女神山



安房神社


さて、安房神社の壮大な歴史がわかったところで向かってみましょう。参道がこれまた壮大です。朝早いこともあって空気が澄んでいました。

安房神社
池にいた鴨

奥に入っていくと上の宮(本宮)が見えてきます。拝殿・本殿の他、御仮屋(神輿を納める建物)・神饌所(神様に奉する食事を作る建物)などがあります。また少し離れた所に天富命と天忍日命を祀る下の宮がありました。

安房神社上の宮
御仮屋
拝殿
下の宮

季節的にもタイミングが良かったようで、緑がホントきれいでした。

安房神社の新緑
なんか素敵だった根っこ


安房神社の磐座


拝殿の手前左側にあるこの何とも言えぬただの岩石じゃない雰囲気、これは社(やしろ)が造営される以前にこれを磐座として祭祀が行われていたそうです。現在は厳島神社が祀られています。

磐座


安房神社の・・・


よくわからないモノがありましたが、何かの儀式でしょうか、もしくは一般の人が見てはいけないものなのでしょうか。そうだったら面白いのに。

なんか砂を盛っている


忌部塚


社務所の裏に忌部塚なるものがあるというので向かってみましたが、横穴がいっぱいあります。ちょっと掘りが浅い感じがしますが”やぐら”でしょうか、埋もれているものも含めると結構あります。そして奥に行くとありました、忌部塚。

社務所裏の横穴
社務所裏の横穴
社務所裏の横穴

境内に埋もれていた海蝕洞穴が発見され、そこから22体の人骨と弥生土器が出土しました。これを時代的にも安房を開拓した忌部氏と考え、このように忌部塚として祀ってあるそうです。しかしその後、発掘された弥生時代のものと思われた土器が縄文時代のものである可能性が高く、また同じく発掘された人骨には縄文時代の風習である抜歯が確認されたそうです。

忌部塚

塚に祀るのがちょっと勇み足すぎたようです。また弥生時代だからイコール忌部氏という考えも強引すぎるような気もしますが、これも鎌倉にある誰々の墓と同じように、そういうことにしておいてあげようというスタンスで見守るべきものなのかもしれません。ただ、房総を、そして安房を開拓した忌部氏を崇めるという意味においては意義のあるモノだと思います。

安房神社

忌部一族は安房から北上し房総半島を開拓していったと云われています。南房総市にある富山は、天富命が指揮を執った場所で墓があるとも言い伝えられています。



カテゴリー 探索記事(房総・安房で鎌倉遺構探索)
記事作成  2018年5月10日

房総・安房で鎌倉遺構探索関連記事


中世安房国の勢力図と三浦一族

中世安房国の在地領主らの移り変わりと房総に渡った三浦一族

房総・安房のやぐら

房総半島の安房国(館山市・南房総市)のやぐら群まとめ

房総・安房で鎌倉遺構探索【概要編】

房総・安房国での旅のダイジェスト編

崖観音・大福寺

崖観音の名で親しまれる魅惑の岩屋寺院

那古寺・那古山

鎌倉期の仏像あり、岩屋あり、展望台あり、那古観音こと那古寺

館山城

南総里見八犬伝でお馴染みの里見氏の館山城

おくまんさま

館山城外堀地区にある横穴に祀られたおくまんさま

鉈切洞穴

海蝕洞穴に祀られた色んな意味で真っ二つな神社

光明院・地蔵堂跡

後藤義光の彫刻・岩屋形式のお堂跡・やぐら

洲崎神社・養老寺

鏡ヶ浦の突端に位置する漁業神・航海神の神社

小網寺・法華谷やぐら

保持する文化財は一級品ばかり!

南条八幡神社

背後に城と横穴(やぐら)群を背負う八幡神社

稲村城やぐら

安房地方ならではの遺構残存度の高さが魅力の城跡

ヒカリモ黄金井戸

ヒカリモで満たされた幻想的な横井戸

岩谷観音堂

横穴墓を限りなく改変・転用した珍しい史跡

正木氏菩提寺・正文寺

前身は真田(佐奈田)氏の菩提寺だった正文寺

丸氏菩提寺・安楽寺

背後に城とやぐら群を背負う丸氏の菩提寺

真野大黒天・真野寺

覆面観音と大黒天に代表される文化財の宝庫

小松寺

紅葉期にも行ってみたい素敵なもみじ寺

房州あじさい寺・日運寺

裏山も堪能できる房州を代表するあじさい寺

石堂寺(体感型城郭寺院)

城郭を感じられる足利氏・里見氏・丸氏に関連する寺院

天寧寺

鋸南町にある二階堂氏創建の禅寺

鯨塚と大黒山

捕鯨基地だった勝山で鯨を捕っていたのは里見水軍だった!

大山不動尊の謎と滝本観音

千葉にもあった大山寺は紅葉の素敵な寺院

明星山城と加茂坂

三浦多々良氏の末裔が拠点とした明星山城に迫る!

高田寺蛇骨やぐらと高田姫

高田寺跡の妖しい遺構を探検

安東千手院やぐら群

やぐらそのものがお堂となる安東氏の墳墓堂千手院

房総・上総で鎌倉遺構探索関連記事


笠森観音・笠森寺

岩山の上に観音堂が建つという日本唯一の建築様式・四方懸造寺院

長柄横穴群

高壇式と線刻画が特徴の古墳時代末期横穴

妙楽寺の森と木造大日如来坐像

定朝様式の丈六仏と天然記念物に指定された森のあるお寺

夢窓疎石・退耕庵跡・金毛窟

夢窓国師の座禅窟と退耕庵跡の痕跡

燈籠坂大師と造海城跡

どちらも海と船に深く関わる興味深い史跡

和田義盛の伊北館を探せ!

大多喜町にあると云う和田義盛の伊北館を夷隅郡史の記述から検証