2018年5月11日金曜日

稲村城やぐら

稲村城やぐら

稲村城は16世紀の山城で前期里見氏の二代義通・三代義豊が居城としていました。こちらに”やぐら”があるということなので来てみましたが、詳細な位置がわからなかったので探すのにちょっと苦労しました。それにしても、稲村城のあまりの遺構残存度の高さに驚き、最後はやぐらを見学しに来たのか、城跡を見学しに来たのか、よくわからなくなったほどでした。


稲村城の壮大な規模


稲村城は館山市街地から外房へ向かう国道128号線沿いの大字稲に所在してます。ですから稲村城はこの内房~外房間を往来する国道の原型となった中世の街道を押さえるための城であったのかと思いきや、実はそんな小さい規模のお城ではありませんでした。なんと、当時では鏡ヶ浦(館山湾)から稲村城まで水運で繋がっており、さらに稲村城近辺が周辺水路との結節点でもありました。現在も地図で鏡ヶ浦から稲村城付近まで川が流れているのを確認することができます。ですから稲村城は街道を押さえるどころか、館山全体を掌握することのできる規模の大きい城だったようです。

Google map 館山
①稲村城

さらにこれだけで話は終わらず、なんと、稲村城から尾根を伝って白浜城へ行くことができるそうです。今でも実際に行けるのかわかりませんが、地図で見る限り、丘陵がまだ繋がっていそうな雰囲気もしますよね。ということで、稲村城は水運だけでなく、尾根道も含め、色んな意味で交通の要衝の地となっていたようです。ちなみに白浜城は里見氏の安房国進出における最初の足掛かりとなった拠点です。

Google map
①稲村城 ②白浜城


稲村城概要


国道から内房線線路を越え丘陵の西側から稲村城に近づいてみました。後でわかりましたが、丘陵を東西に移動できる切通し路「水往来」があるので、東側からも入れるようです。周囲は田畑に囲まれいて、対向車が来たら田んぼに落ちそうなくらい道も細いため、少なくとも一見さん観光客が来るような土地柄ではなさそうです。まぁそんな人たちが来るような史跡じゃないですからね。

稲村城

今回、丘陵部内をかなり移動したつもりでしたが、帰ってから詳細な資料を手に入れることができたので確かめたところ、実際に移動した範囲は全体の1/3程度に過ぎなかったことが判明しました。また横穴群も全部で3カ所もあったようですが、幸いにも今回向かった横穴群が稲村城域内で最も大きいグループだったようです。

Google map 稲村城
①主郭 ②正木様 ③中郭 ④横穴


稲村城


それでは、いざ、稲村城へ。「水往来」と記された案内板を奥に行くと堀切状通路が続き、奥に進むと、岩肌が露出するまさに城跡の様相となります。しかしこの丘陵を東西に移動できる堀切状通路「水往来」は、残念なことに、築城後、もしくは廃城後に施された可能性が高いようです。

水往来

丘陵頂部に出ると主郭部方面に続く尾根道に、小さい平場と小さめな社殿が現れます。「正木様」とあります。興味深いことに、ホント狭いスペースなのですが、縁を囲むように土塁がめぐらされています。あまりにも規模が小さいのでそれを土塁と呼ぶかは別として。

主郭部へ続く尾根道
正木様

天文二年(1533)に正木通綱が里見氏の内紛に巻き込まれ、ここ稲村城で殺害されているので、それを祀っているのでしょうか。正木様は現在も周辺に居住する正木家が祭祀している先祖神とされています。そしてこの辺りから景色が開けます。高い建物がないのでどこまで見えているのかわからないほど遠くを見渡せました。

稲村城からの景色

そして現代の里見氏と言ってもいいかもしれない、旧安房国圏内を中心にスーパー業界を圧巻しているオドヤさんが見えます。こちらでスーパーと言ったらオドヤさんです。それにしても、現代の豊臣家と言ってもいいかもしれないイオン系列が何故こちらで多店舗展開しないのでしょう。単に商圏として魅力がないのか、それともオドヤが政治的な防衛線でも張っているのでしょうか、興味深いです。

稲村城から見えたスーパーおどや

凄い!東側の斜面に腰曲輪が施されています。随分と細かい造作です。初めて見ました腰曲輪。垂直切岸を施す過程でこのような状態になるそうです。ちなみに鎌倉の常盤にも腰曲輪があったそうですが、現代の新田義貞と言ってもいいかもしれない西武グループの土地開発によって全て破壊されてしまったそうです。

稲村城東側の斜面

こちらは丘陵東側の水往来です。西側の入口から東側の地上部まで続いています。雰囲気があります。

稲村城東側の水往来

三段以上の地形を横から確認!これだけクリアに、そしてこれだけの数のひな壇状地形を横から見たのは初めて。鎌倉でこんなの見れたら感動ですね。たぶん城郭用語で帯曲輪と言っていいのだと思いますが、ちょっとまだお城の勉強が追い付いていないので自信がありません。ごめんなさい。

感動のアングル

中郭エリアを奥に丘陵の南側を進みます。こちらは緩やかな段差のある地形が延々と続きます。井戸らしき跡も確認できました。

中郭エリア
稲村城南側の造作


稲村城やぐら群


しばらくするとようやく現れました!横穴群!”やぐら”といっても形状から察するにもとは古墳時代横穴墓です。高棺座タイプやアーチ型などが基礎となっているようです。後世にて奥壁などに造作が加えられたものと思われます。

稲村城やぐら
稲村城やぐら
稲村城やぐら
稲村城やぐら
稲村城やぐら

こちらの”やぐら”は写っていませんが左側にも石塔類を置くスペースが設けられています。誰かのお墓というより集合墓地みたいな雰囲気です。鎌倉清水寺谷にあるアパート式やぐらの龕が少ないバージョンといった感じです。

稲村城やぐら


誰が改変したのか


これら古墳時代横穴墓を誰が後世にて改変したのでしょう。まずは里見氏とその配下の在地領主らがここで横穴墓を改変したと考えるのが妥当ですが、上記したように、稲村城が交通の要衝の地であったことからも、里見氏が安房国を掌握する以前からの土地の有力者、もしくは足利氏・上杉氏の被官がこの辺りに拠点を構えていてもおかしくはありません。但し、横穴墓を転用する時点でそれほど身分の高い人が祀られているとは思えないので、里見氏より時代が下る可能性も考えられます。

稲村城周辺

参考資料:館山市教育委員会『館山市稲村城跡調査報告書』



カテゴリー 探索記事(房総・安房で鎌倉遺構探索)
記事作成  2018年5月11日

房総・安房で鎌倉遺構探索関連記事


中世安房国の勢力図と三浦一族

中世安房国の在地領主らの移り変わりと房総に渡った三浦一族

房総・安房のやぐら

房総半島の安房国(館山市・南房総市)のやぐら群まとめ

房総・安房で鎌倉遺構探索【概要編】

房総・安房国での旅のダイジェスト編

崖観音・大福寺

崖観音の名で親しまれる魅惑の岩屋寺院

那古寺・那古山

鎌倉期の仏像あり、岩屋あり、展望台あり、那古観音こと那古寺

館山城

南総里見八犬伝でお馴染みの里見氏の館山城

おくまんさま

館山城外堀地区にある横穴に祀られたおくまんさま

鉈切洞穴

海蝕洞穴に祀られた色んな意味で真っ二つな神社

光明院・地蔵堂跡

後藤義光の彫刻・岩屋形式のお堂跡・やぐら

洲崎神社・養老寺

鏡ヶ浦の突端に位置する漁業神・航海神の神社

安房神社・忌部塚

忌部氏の祖先を祀る安房国一宮神社

小網寺・法華谷やぐら

保持する文化財は一級品ばかり!

南条八幡神社

背後に城と横穴(やぐら)群を背負う八幡神社

大日山・舎那院

縁起不明の摩崖仏とやぐら群

ヒカリモ黄金井戸

ヒカリモで満たされた幻想的な横井戸

岩谷観音堂

横穴墓を限りなく改変・転用した珍しい史跡

正木氏菩提寺・正文寺

前身は真田(佐奈田)氏の菩提寺だった正文寺

丸氏菩提寺・安楽寺

背後に城とやぐら群を背負う丸氏の菩提寺

真野大黒天・真野寺

覆面観音と大黒天に代表される文化財の宝庫

小松寺

紅葉期にも行ってみたい素敵なもみじ寺

房州あじさい寺・日運寺

裏山も堪能できる房州を代表するあじさい寺

石堂寺(体感型城郭寺院)

城郭を感じられる足利氏・里見氏・丸氏に関連する寺院

天寧寺

鋸南町にある二階堂氏創建の禅寺

鯨塚と大黒山

捕鯨基地だった勝山で鯨を捕っていたのは里見水軍だった!

大山不動尊の謎と滝本観音

千葉にもあった大山寺は紅葉の素敵な寺院

明星山城と加茂坂

三浦多々良氏の末裔が拠点とした明星山城に迫る!

高田寺蛇骨やぐらと高田姫

高田寺跡の妖しい遺構を探検

安東千手院やぐら群

やぐらそのものがお堂となる安東氏の墳墓堂千手院

小湊誕生寺

日蓮生誕の地に建てられたその名も誕生寺

天津神明宮

北条政子の安産祈願のための奉幣使として三浦義村が向かった神社

清澄山清澄寺

房総三山に数えられる名山・清澄山にある清澄寺と天富神社

房総・上総で鎌倉遺構探索関連記事


笠森観音・笠森寺

岩山の上に観音堂が建つという日本唯一の建築様式・四方懸造寺院

長柄横穴群

高壇式と線刻画が特徴の古墳時代末期横穴

妙楽寺の森と木造大日如来坐像

定朝様式の丈六仏と天然記念物に指定された森のあるお寺

夢窓疎石・退耕庵跡・金毛窟

夢窓国師の座禅窟と退耕庵跡の痕跡

和田義盛の伊北館を探せ!

大多喜町にあると云う和田義盛の伊北館を夷隅郡史の記述から検証

燈籠坂大師と造海城跡

どちらも海と船に深く関わる興味深い史跡

出世観音立国寺

養老渓谷にある立身出世の願いを叶えてくれる関東有数のパワースポット!

三石山観音寺

三つの巨石がそびえ立つパワースポット

鹿野山神野寺

関東最古の古刹は標高379mの頂部に位置するパワースポット

最明寺大日洞やぐら群

北条時頼が宿泊した最明寺の魅惑の遺構群

遠見岬神社と八幡岬

天富命を祀る遠見岬神社と八幡岬(勝浦城跡)