2018年5月7日月曜日

洲崎神社・養老寺

洲崎神社・養老寺

今回訪れた先は、頼朝も参詣したことのある洲崎神社です。現地案内板によれば、洲崎神社は古代から漁師にとっての漁業神であり、船乗りにとっての航海神だったとあります。祭神は房総・安房を開拓した忌部氏の祖先にあたる天太玉命(アメノフトダマノミコト)の后で天比理刀咩命(アメノヒリノヒメノミコト)を祀っています。目の前に海が広がる壮大な神社です。


周辺の地理


洲崎神社(下地図画像⑧)は房総半島の西側突端に位置します。東京湾海上交通の要衝の地とも云えるので、洲崎神社が航海神として崇められてきたことが何となくわかるような気もします。また頼朝が石橋山での敗戦の後、『吾妻鏡』には、真鶴から平北群の猟島(現在の鋸南町)に渡り、北上するのかと思いきや、一旦南下し、ここ洲崎神社に参詣している様子が記されています。また『義経記』によれば、頼朝は真鶴から猟島ではなくここ洲崎に上陸したと記されているそうです。

Google map 館山
①崖観音 ②那古寺 ③鶴谷八幡宮 ④館山駅 ⑤館山城 ⑥鉈切洞穴 ⑦光明院 ⑧洲崎神社


安房國一之宮の謎


ところで、安房国の一之宮と云えば、安房神社ですが、洲崎神社も「安房國一之宮」と表記されています。「一之宮って一国に一つじゃなかったっけ?」と、首を傾げてしまいます。一体これはどういうことなのでしょう。

安房國一之宮 洲崎神社

上記したように、頼朝は石橋山での敗戦の後、房総半島に渡り、しばらくしてから洲崎神社に参詣しています。この後に頼朝は秩父党などの強大な組織を配下に組み込み、関東の主な武士団を結集させることに成功しています。たてやまGENKIナビによると、この頼朝の成功は洲崎神社に参詣したことによるもので、これにより、世間から願いを叶えてくれる神社、御利益のある神社だと認識され、多くの武士たちから崇敬を集めるようになったとありました。つまり自然発生的に洲崎神社が世間から一之宮扱いを受けるようになったと説いています。


洲崎神社・養老寺


それでは、壮大な洲崎神社の階段です。148段あって傾斜は30度とのこと。厄払い坂と呼ばれ、登るだけで厄が祓えるそうです。

洲崎神社

階段を登って向かおうとしましたが、まずはお隣の養老寺にあるという岩屋を見たかったので、そちらに向かいました。窓ガラスの中に収められた仁王像がある風情のない仁王門を通り抜けると、幼稚園と一体化したこれまた風情のない境内に思わず萎えてしまいますが、とりあえず岩屋を探してみます。

養老寺仁王門

境内を進むと、”やぐら”のような横穴造作の他、ありました!役行者の岩屋!現地案内板に、養老元年(717)に役行者を開祖とし開かれたとあります。この岩屋にはその役行者の石像が祀られているそうです。役行者を開祖とするあたり、洲崎神社周辺が修験道の場であったのかもしれません。

役行者岩屋

岩屋から裏山に登っていけるようなので向かったところ、鳥居のある見晴台となっていて、想像通り、海の景色が望めます。また頼朝の「笠掛けの松」という説明書きがありました。きましたね、頼朝所縁の観光地に必ずある頼朝の腰掛石とか頼朝のお手植えとか、もうそういうのいいから!と思ってしまいます。

鳥居のある見晴台
思ったとおりの景色

そのまま尾根が続いているので進んでみたところ、遠くに何やらまた建物が見えてきます。「まさか養老寺に奥宮があるのか」と、胸を躍らせながら進んでみると「・・洲崎神社」の額。なんと、尾根道で繋がっていたようです。厄払い坂を登って厄を祓ってもらおうと思っていたのに、登らずに到着してしまいました。

洲崎神社
洲崎神社

社殿のある平場から眺めた景色です。ちなみに階段下にある鳥居とは別に、海岸にも鳥居があります。ですからこうして見ると結構壮大な参道です。

社殿のある平場から眺めた景色

下るだけでも厄が祓えるのだろうかとセコイことを考えながら厄払い坂を下り、浜の鳥居までやってきました。素敵な岩浜が広がっています。

浜の鳥居
洲崎の浜

こちらには御神石というものがあって、竜宮から洲崎神社に奉納された二つの石の一つとされ、もう一つは三浦半島に飛んでいったと云われています。この三浦半島に飛んでいったもう一つとは、そう、安房口神社にある磐座のことです。安房口神社に訪れたとき、洲崎神社にあるこの御神石の存在を知り、機会があったら見てみたいとずっと思っていました。

御神石

安房口神社にあるものは先端に丸い窪みがあることから阿形に例えられ、こちら洲崎神社のものは裂け目が口を閉じているように見えることから吽形となり、両者は東京湾を守る狛犬のような存在となるそうです。よく考えましたね。

安房口神社と洲崎神社が守る東京湾の結界線

何もお供えがなかったのでせめて花をカメラで添えてみました(笑)

御神石

海の向こうに城壁かと思ったほど巨大な物体があったのでカメラを思いっきりズームしてみると、ちょ~巨大なコンテナ船でした。ということで、洲崎を一言で要約すると、鎌倉幕府がもし安房国にあったら、洲崎は極楽寺の領地だったのでしょう。といった感じです。

ちょ~巨大なコンテナ船



カテゴリー 探索記事(房総・安房で鎌倉遺構探索)
記事作成  2018年5月7日

房総・安房で鎌倉遺構探索関連記事


中世安房国の勢力図と三浦一族

中世安房国の在地領主らの移り変わりと房総に渡った三浦一族

房総・安房のやぐら

房総半島の安房国(館山市・南房総市)のやぐら群まとめ

房総・安房で鎌倉遺構探索【概要編】

房総・安房国での旅のダイジェスト編

崖観音・大福寺

崖観音の名で親しまれる魅惑の岩屋寺院

那古寺・那古山

鎌倉期の仏像あり、岩屋あり、展望台あり、那古観音こと那古寺

館山城

南総里見八犬伝でお馴染みの里見氏の館山城

おくまんさま

館山城外堀地区にある横穴に祀られたおくまんさま

鉈切洞穴

海蝕洞穴に祀られた色んな意味で真っ二つな神社

光明院・地蔵堂跡

後藤義光の彫刻・岩屋形式のお堂跡・やぐら

安房神社・忌部塚

忌部氏の祖先を祀る安房国一宮神社

小網寺・法華谷やぐら

保持する文化財は一級品ばかり!

南条八幡神社

背後に城と横穴(やぐら)群を背負う八幡神社

大日山・舎那院

縁起不明の摩崖仏とやぐら群

稲村城やぐら

安房地方ならではの遺構残存度の高さが魅力の城跡

ヒカリモ黄金井戸

ヒカリモで満たされた幻想的な横井戸

岩谷観音堂

横穴墓を限りなく改変・転用した珍しい史跡

正木氏菩提寺・正文寺

前身は真田(佐奈田)氏の菩提寺だった正文寺

丸氏菩提寺・安楽寺

背後に城とやぐら群を背負う丸氏の菩提寺

真野大黒天・真野寺

覆面観音と大黒天に代表される文化財の宝庫

小松寺

紅葉期にも行ってみたい素敵なもみじ寺

房州あじさい寺・日運寺

裏山も堪能できる房州を代表するあじさい寺

石堂寺(体感型城郭寺院)

城郭を感じられる足利氏・里見氏・丸氏に関連する寺院

天寧寺

鋸南町にある二階堂氏創建の禅寺

鯨塚と大黒山

捕鯨基地だった勝山で鯨を捕っていたのは里見水軍だった!

大山不動尊の謎と滝本観音

千葉にもあった大山寺は紅葉の素敵な寺院

明星山城と加茂坂

三浦多々良氏の末裔が拠点とした明星山城に迫る!

高田寺蛇骨やぐらと高田姫

高田寺跡の妖しい遺構を探検

安東千手院やぐら群

やぐらそのものがお堂となる安東氏の墳墓堂千手院

小湊誕生寺

日蓮生誕の地に建てられたその名も誕生寺

天津神明宮

北条政子の安産祈願のための奉幣使として三浦義村が向かった神社

清澄山清澄寺

房総三山に数えられる名山・清澄山にある清澄寺と天富神社

房総・上総で鎌倉遺構探索関連記事


笠森観音・笠森寺

岩山の上に観音堂が建つという日本唯一の建築様式・四方懸造寺院

長柄横穴群

高壇式と線刻画が特徴の古墳時代末期横穴

妙楽寺の森と木造大日如来坐像

定朝様式の丈六仏と天然記念物に指定された森のあるお寺

夢窓疎石・退耕庵跡・金毛窟

夢窓国師の座禅窟と退耕庵跡の痕跡

和田義盛の伊北館を探せ!

大多喜町にあると云う和田義盛の伊北館を夷隅郡史の記述から検証

燈籠坂大師と造海城跡

どちらも海と船に深く関わる興味深い史跡

出世観音立国寺

養老渓谷にある立身出世の願いを叶えてくれる関東有数のパワースポット!

三石山観音寺

三つの巨石がそびえ立つパワースポット

鹿野山神野寺

関東最古の古刹は標高379mの頂部に位置するパワースポット

最明寺大日洞やぐら群

北条時頼が宿泊した最明寺の魅惑の遺構群

遠見岬神社と八幡岬

天富命を祀る遠見岬神社と八幡岬(勝浦城跡)

洲崎神社・養老寺関連記事


安房口神社

社殿のない霊石を霊代とした古代の神社