2018年5月25日金曜日

真野大黒天・真野寺

真野大黒天

今回は南房総市久保にある真野大黒天こと真野寺に訪れてみました。真野寺は行基の作と云う木像千手観音立像を本尊とし、南北朝期の木像大黒天立像などが伝えられています。そしてなぜか縁起に北条義時が登場し、また”やぐら”に加え裏山の造作があるという鎌倉遺構探索好みの境内が待っているようです。


周辺の地理


真野寺が所在する場所は山間部の谷間という絶妙な位置にあり、東京から来た一見さん観光客にはなんとも説明しづらい立地となります。東京のサーファーに人気の千倉の上で安東氏所領の東側になります。と、こんなしょうもない説明しかできません。ごめんなさい。

Google map 安房国
①真野寺 ②安楽寺 ③正文寺

真野寺が所在する久保という地名は地形形状を表しているのかもしれません。周囲から隔絶した集落のような場所にあります。

真野寺周辺


真野寺境内


平日とはいえ駐車場に停まっている車が一台もなかったので、思いっきり枠を無視して駐車場の真ん中に自分の車を停めてみました。気持ちよかったです(笑)お寺の関係者らしき方に「御朱印いる?」と聞かれましたが、あいにくそういうのに興味がないので丁重にお断りしました。が、帰りにもまた言われたので、もしかしたら真野寺としては御朱印をもらってほしいのかもしれません。駐車場から坂を登るとあるのが祈祷所です。

祈祷所

駐車場から一段高い場所に祈祷所があり、観音堂がある平場はさらに一段高い所にあります。平場がひな壇状地形で連なっています。やっぱりお寺は鎌倉寺社のように段差のある方が趣きがあるし荘厳な感じがします。観音堂にはスロープでも階段でも向かうことができます。

観音堂に向かうスロープ
観音堂に向かう階段

丘陵中腹にあるのが真野寺のメインスポットである観音堂。その他には七福神堂、鐘楼、そして境内を囲むように遊歩道が設置されていて、四国八十八カ所をまわったことになるという巡礼路が施されています。そして巡礼を終わった方には巡礼の証を授けるとありました。やっぱり”あげたがり”・・。

観音堂
七福神堂
鐘楼


真野寺縁起


現地案内板によれば、真野寺は神亀二年(725)に行基によって現在地より東方にある高倉山に開かれました。建永元年(1206)に焼失しましたが、翌年に北条義時が大黒天に信仰が厚かったため私財を投じ当地に七堂伽藍を建立し、高倉山真野寺と称するようになったと伝えられています。ちなみに真野寺が建立された建永二年・承元元年(1207)は将軍実朝が16歳で北条義時の治世です。比企氏はもちろん将軍頼家や阿野全成に畠山重忠などが既に滅ぼされています。


観音堂


観音堂には行基の作と伝わる木像千手観世音立像、慈覚大師の作と伝わる木像大黒天立像、平安末期作の木像天王立像、建武二年(1335)作の木像二十八部衆などが安置されています。本尊の千手観音菩薩立像は室町期に制作された面を被り御開帳のときも素顔を拝むことができないことから覆面観音と呼ばれているそうです。また堂内には後藤義光と並ぶ安房の有名人、波の伊八の装飾が施されています。

観音堂内
真野寺の秘宝

これら真野寺の秘宝は特別な日にしか見せてくれないのだろうと思っていましたが、なぜか木像大黒天立像だけは普通に展示してありました。慈覚大師(794~864年)の作とありましたし、また北条義時の信仰があったとも寺伝にありましたが、南北朝期の作品なんだそうです。それにしても七福神って近世の頃にあのような姿に描かれるようになったと勝手に思っていましたが、中世にて既にこのような宝槌を持ったスタイルが確立していたんですね。

木像大黒天立像


巡礼路


観音堂の裏側丘陵部に四国八十八カ所をまわったことになるという巡礼路が施されています。ものの数分で歩ける距離です。

巡礼路
巡礼路
巡礼路


真野寺やぐら


真野寺にも”やぐら”が施されているということですが、ありました、安房特有の階段付きタイプです。館山地方のものと違って丁寧に作られている感じがします。宝篋印塔の残片と地産石から作られた石造地蔵菩薩立像が安置されていて、その他にも扉跡などの造作が確認できます。安房地方では美品の部類でしょう。

階段付き真野寺やぐら
真野寺やぐら内部

こちらはなんでしょうね、しかもこの楕円形の石に合うよう奥壁にちゃんと造作が施されています。

小さいやぐら

丘陵壁面を浅く掘り石塔類が置かれています。階段のような造作が残っているので、昔はこれを伝って鐘楼に上がって行ったのかもしれません。

丘陵部壁面の造作
丘陵部壁面の造作

見上げると存在感のある大木が・・、ツガ(栂)と云うそうです。

ツガ(栂)の木

ということで、真野大黒天こと真野寺でした。とても見どころの多い寺院です。もちろん覆面千手観音立像を見れたら良かったんですけどね。でも慈覚大師(794~864年)が彫った南北朝期の大黒さまを見れて良かったです。お寺の周りではもう紫陽花が咲いていました。

真野寺前面道路



史跡住所  〒299-2524 千葉県南房総市久保587
カテゴリー 探索記事(房総・安房で鎌倉遺構探索)
記事作成  2018年5月25日

房総・安房で鎌倉遺構探索関連記事


中世安房国の勢力図と三浦一族

中世安房国の在地領主らの移り変わりと房総に渡った三浦一族

房総・安房のやぐら

房総半島の安房国(館山市・南房総市)のやぐら群まとめ

房総・安房で鎌倉遺構探索【概要編】

房総・安房国での旅のダイジェスト編

崖観音・大福寺

崖観音の名で親しまれる魅惑の岩屋寺院

那古寺・那古山

鎌倉期の仏像あり、岩屋あり、展望台あり、那古観音こと那古寺

館山城

南総里見八犬伝でお馴染みの里見氏の館山城

おくまんさま

館山城外堀地区にある横穴に祀られたおくまんさま

鉈切洞穴

海蝕洞穴に祀られた色んな意味で真っ二つな神社

光明院・地蔵堂跡

後藤義光の彫刻・岩屋形式のお堂跡・やぐら

洲崎神社・養老寺

鏡ヶ浦の突端に位置する漁業神・航海神の神社

安房神社・忌部塚

忌部氏の祖先を祀る安房国一宮神社

小網寺・法華谷やぐら

保持する文化財は一級品ばかり!

南条八幡神社

背後に城と横穴(やぐら)群を背負う八幡神社

大日山・舎那院

縁起不明の摩崖仏とやぐら群

稲村城やぐら

安房地方ならではの遺構残存度の高さが魅力の城跡

ヒカリモ黄金井戸

ヒカリモで満たされた幻想的な横井戸

岩谷観音堂

横穴墓を限りなく改変・転用した珍しい史跡

正木氏菩提寺・正文寺

前身は真田(佐奈田)氏の菩提寺だった正文寺

丸氏菩提寺・安楽寺

背後に城とやぐら群を背負う丸氏の菩提寺

小松寺

紅葉期にも行ってみたい素敵なもみじ寺

房州あじさい寺・日運寺

裏山も堪能できる房州を代表するあじさい寺

石堂寺(体感型城郭寺院)

城郭を感じられる足利氏・里見氏・丸氏に関連する寺院

天寧寺

鋸南町にある二階堂氏創建の禅寺

鯨塚と大黒山

捕鯨基地だった勝山で鯨を捕っていたのは里見水軍だった!

大山不動尊の謎と滝本観音

千葉にもあった大山寺は紅葉の素敵な寺院

明星山城と加茂坂

三浦多々良氏の末裔が拠点とした明星山城に迫る!

高田寺蛇骨やぐらと高田姫

高田寺跡の妖しい遺構を探検

安東千手院やぐら群

やぐらそのものがお堂となる安東氏の墳墓堂千手院

房総・上総で鎌倉遺構探索関連記事


笠森観音・笠森寺

岩山の上に観音堂が建つという日本唯一の建築様式・四方懸造寺院

長柄横穴群

高壇式と線刻画が特徴の古墳時代末期横穴

妙楽寺の森と木造大日如来坐像

定朝様式の丈六仏と天然記念物に指定された森のあるお寺

夢窓疎石・退耕庵跡・金毛窟

夢窓国師の座禅窟と退耕庵跡の痕跡

和田義盛の伊北館を探せ!

大多喜町にあると云う和田義盛の伊北館を夷隅郡史の記述から検証

燈籠坂大師と造海城跡

どちらも海と船に深く関わる興味深い史跡