2018年5月27日日曜日

大日山・舎那院

舎那院

今回は”お大日様”と呼ばれ親しまれていたという館山では珍しい摩崖仏のある舎那院に行ってきました。しかも摩崖仏周辺には”やぐら”のような造作まであるとのこと。これは行かなきゃ損ですね。


周辺の地理


舎那院は館山市街地中心部からも比較的近い大網という場所に所在しています。舎那院にある摩崖仏の詳細な制作時期も不明ながら、詳しい縁起もよくわかりません。館山ではよく見かける真言宗のお寺だということぐらいですかね。

Google map 館山
①崖観音 ②那古寺 ③鶴谷八幡宮 ④館山駅 ⑤館山城 ⑥鉈切洞穴 ⑦光明院 ⑧洲崎神社 ⑨南条八幡神社 ⑩舎那院 ⑪稲村城

カーナビに従って向かい、さらに市街地を通る生活道路沿いにあった舎那院の案内板が示す方向に向かったものの、見つからないためしばらく迷いました。ようやく見つかったときにわかりましたが、山門もなければ近くに案内板もありません。しかも舎那院は奥まった場所にあり、また駐車場があるとはいえ、この道を行っていいのかと悩むような道の先にありました。

舎那院の辺りから


舎那院裏山


ということで、舎那院の近くにコンクリート舗装されていない山道があり、最初はそこを行くのかと思い入ってみました。後で舎那院を見つけてわかりましたが、この辺りちょうど舎那院の裏山となります。

舎那院の裏側

それにしてもこの辺りかなり開発されています。垂直の切岸、謎のトンネル状、そしてハイキングコースかと思うほどの立派な尾根道など、古い感じはしませんがここにも何か歴史があったんでしょうね。

立派な尾根道


舎那院


それでは、ようやく舎那院を見つけたので向かってみます。少し丘を登るように来たので景色が開けます。相変わらず方向音痴のうえ迷いに迷って来たのでこのとき東京湾を見ているのか太平洋を見ているのかよくわかりませんでしたが、ここから鏡ヶ浦(館山湾)が望めます。後でわかりましたが、お大日さま(摩崖仏)もこちら館山湾の方向を向いています。

舎那院からの景色

道を進むと平場にお堂がポツンとあります。ここ無住でしょうか。ビャクシンと思われる大木に、安房地方の寺院に絶対ある蘇鉄、そしてツツジなどで境内が彩られています。

舎那院
ビャクシン・・だと思われる
古井戸と横井戸

現地案内板によると、舎那院の南方にお大日山と呼ばれる山があってそこに摩崖仏があるそうです。階段があるのでここからまた登っていくようです。不自然なスペースがあるので昔はお堂以外にも何かあったのでしょうか。

舎那院

しばらく山を登るのかと思いきや、なんてことはない、すぐにそれらしき場所に到着しました。

お大日山


舎那院摩崖仏


お大日さまこと舎那院の摩崖仏です。山腹の凝灰質砂岩に196cmの如来形の座像が彫られています。また前面にある穴に大豆を投げて入ると子供が授かるという信仰があったそうです。

お大日さま
お大日さま


舎那院縁起


現地案内板によれば、天保年間の火災によって文書などが全て焼失したようで、詳しいことはわからないようです。また摩崖仏自体の風化も激しいため詳細は不明ではあるものの、室町期より以前からあったと伝わっているそうです。江戸時代には高床式で扉がついたお堂で覆われていましたが、関東大震災で倒壊してしまったとのことです。

お大日さま

周辺の丘陵部壁面にこれまた浅い掘りながらも”やぐら”のような造作がみられます。なかなかイイ雰囲気です。色々な石造物が置かれていますがほとんどが近世のものであるようです。もしかしたら舎那院の創建は近世より遡らない可能性も。

丘陵部壁面の造作
丘陵部壁面の造作
丘陵部壁面の造作
丘陵部壁面の造作
丘陵部壁面の造作
お大日山の石像仏

もう少し詳しい縁起がわかると色んなことを考えられたり想像できたりするんですけどね、そこが少し残念でしたが、ここの雰囲気がたまらなく素敵でした。

かなりキメてますけど・・



史跡住所  〒294-0044 千葉県館山市大網111
カテゴリー 探索記事(房総・安房で鎌倉遺構探索)
記事作成  2018年5月27日

房総・安房で鎌倉遺構探索関連記事


房総・安房で鎌倉遺構探索【概要編】

房総・安房国での旅のダイジェスト編

崖観音・大福寺

崖観音の名で親しまれる魅惑の岩屋寺院

那古寺・那古山

鎌倉期の仏像あり、岩屋あり、展望台あり、那古観音こと那古寺

館山城

南総里見八犬伝でお馴染みの里見氏の館山城

おくまんさま

館山城外堀地区にある横穴に祀られたおくまんさま

鉈切洞穴

海蝕洞穴に祀られた色んな意味で真っ二つな神社

光明院・地蔵堂跡

後藤義光の彫刻・岩屋形式のお堂跡・やぐら

洲崎神社・養老寺

鏡ヶ浦の突端に位置する漁業神・航海神の神社

安房神社・忌部塚

忌部氏の祖先を祀る安房国一宮神社

小網寺・法華谷やぐら

保持する文化財は一級品ばかり!

南条八幡神社

背後に城と横穴(やぐら)群を背負う八幡神社

稲村城やぐら

安房地方ならではの遺構残存度の高さが魅力の城跡

ヒカリモ黄金井戸

ヒカリモで満たされた幻想的な横井戸

岩屋観音堂

横穴墓を限りなく改変・転用した珍しい史跡

正木氏菩提寺・正文寺

前身は真田(佐奈田)氏の菩提寺だった正文寺

丸氏菩提寺・安楽寺

背後に城とやぐら群を背負う丸氏の菩提寺

真野大黒天・真野寺

覆面観音と大黒天に代表される文化財の宝庫