2016年8月5日金曜日

毘沙門海蝕洞穴と盗人狩


三浦市の海蝕洞穴ツアー、第三弾となる毘沙門海蝕洞穴です。毘沙門洞穴は地図にも印されているので比較的有名な史跡かもしれません。また盗人狩というこれまたこちらも地図に印された場所があります。盗人狩はただの地形かと思っていましたが、実際に見てみると結構迫力のある景色でした。

Google map 三浦市
①雨崎 ②大浦 ③間口 ④江名 ⑤毘沙門 ⑥盗人狩

毘沙門


松輪の間口・江名から西に向かうと毘沙門となります。近世の書物に「毘沙門村」の記述がみられるので、毘沙門は少なくとも江戸時代からある地名のようです。その名の由来となったのが毘沙門にある毘沙門堂。三浦の海岸沿いで色んな鳥を見ることができましたが、こちら毘沙門では、ウミネコが集まっていました。

毘沙門のウミネコ

毘沙門の横穴


毘沙門の漁港入口と内部に横穴がみられます。一見して自然の形状にも見えますが、中に石塔らしきものが置かれています。『三浦こども風土記』に、松輪・毘沙門の辺りにいくつも横穴墓があったと記されていたものの、それがどこにあるのか、さらには現存しているのか、さっぱりわかりません。

毘沙門港入口県道沿いにある横穴

岩礁のみち


毘沙門洞穴に向かうため岩礁のシーサイド・ハイキングコースを歩いていきます。円柱の上を歩く箇所があったりと、気分はアスレチックです。それから岩礁の色が明らかに異なる箇所があります。どうしてこんなことになっているのか、この辺りは地層の勉強しないとわからないんでしょうね。

毘沙門岩礁のみち
気分はアスレチック

毘沙門海蝕洞穴


しばらく歩くと、浅間山の浜と呼ばれる付近の崖地に毘沙門洞穴があります。ちなみに4穴あるそうで、最も大きいものは入口幅11m、奥行きは20m最小のものは入口幅5m、奥行きは8mとありました。11m×20mって・・想像しただけでエクセレントな大きさです。そして見えました!発見、がしかし、”ナニこの緑”、胸元まで覆いつくされてしまいます。しかも足元がどうなっているのか全くわからず、そして極め付けはトゲのある植物が辺り一帯を占めていることです。七分丈のズボンで来てしまった私の膝下はすり傷だらけ&出血。すぐそこに穴が見えるのに一旦あきらめることにしました。

向こうに穴が見えるのに・・

今度こそ毘沙門海蝕洞穴


近くに今度は若干の踏み跡がみえる入口を発見。それでも先ほどのトゲ付き植物地帯を歩かなければならず、またまたすり傷だらけになりながらようやく現地案内板に辿りつき、その先にある洞穴に向かうことができました。もしかして残念なことに、よりにもよって最小サイズのものでしょうか。入口幅5m、奥行き8mに該当するサイズと思われます。

毘沙門海蝕洞穴

中に入って行くと、海蝕洞穴は奥がミソと云わんばかりの何とも言えない雰囲気です。畳まれた衣服とタオルが丁寧に置かれていること、そして卒塔婆にも思える棒があったことなど、ちょっと気になります。が深く考えるのはやめておきます。

海蝕洞穴内部
思わせぶりな洞穴内部残留物

発掘調査の結果


発掘調査の結果、毘沙門洞穴では弥生時代から平安時代にかけての痕跡が確認されています。出土遺物は、土器・貝包丁・貝輪・打製石斧・磨製石斧・刀子・釣針・鉄製品・青銅製品・骨角製釣針・銛・ヤス・鏃・ト骨・人骨などです。生活の場・墓地などとして洞穴が利用されたことがうかがえます。

洞穴内壁面
底部

それでは、見学もそこそこにして周辺を散策しました。あの向こうに見える”ひょっこり島”(勝手に命名、なお正式名称は不明)のおかげでしょうか、あの島がワンポイントになるためこの辺りの景観が一段と素敵に見えます。

ひょっこり島がある景色

盗人狩へ


毘沙門湾をぐるっと回って盗人狩に向かいたいと思います。先ほどあれだけ近くにあった”ひょこり島”があんな遠くに見えます。

遠くに見えるひょっこり島

途中、ちょうどいい岩石の窪みに住んでいる方がいらっしゃいました。洞穴に住んだ弥生時代の人たちも、このネコのように「おっ!ちょうどいい穴があるじゃん」って感じで住み始めただけなんでしょうね。

三年前からここに住んでいるという毘沙門在住のNさん

盗人狩海蝕洞穴


予期せぬ海蝕洞穴を見付けました。事前のリサーチでは確認していないものです。奥行きはありますが若干手狭です。墓場としては使えそうですが、住居には狭すぎるでしょうか。狭くても愛があればやっていける新婚夫婦向けの物件でしょうね。ちょっと微妙な海蝕洞です。またこちらは海抜が低いためか、満潮時にゴミを運んだ海水が入ってくるのでしょう。底面にゴミが取り残されています。

盗人狩毘沙門洞穴

また進むと、荒々しい岩礁が一休みといった感じに底面がいくらか平らになりました。それにしてもこの上に突き上げるような岩の形、どうやったらこんなことになるのでしょう、不思議です。

岩浜が若干一休みエリア 何げにひょっこり島も見える

海がキラキラしていてとてもキレイです。そして向こうの遠くに見える橋が宮川橋です。これから三崎に向かうので、あの橋を渡って行きます。あれだけ高い位置にあるということは、またまた結構な坂道を登るということなんでしょうね、キレイな景色に見とれながらもそこだけが気がかりです。

岩礁と宮川橋

盗人狩


そして盗人狩と云われる場所に到着。結構迫力ある地形です。たぶん画像じゃ伝わらないでしょう。”ただの地形でしょ”と、行くかどうか迷っていましたが、来てよかったです。

盗人狩
盗人狩の奥に入ったところ

奥に入っていくと海に埋まっていない海蝕洞が3つ確認できます。3つある洞穴は、これまで見てきたものと比べると、生活空間としての利用は微妙な雰囲気です。ちなみに盗人狩とは、盗賊がこの崖の端まで追い詰められ、下を覗くと高さ30mの断崖に足がすくみ動けなくなり、たやすく捕まったことから「ぬすとがり」と云うようになったと云われています。

城ヶ島の馬の背洞門みたい まだ見たことないけど
海蝕洞内部

地名の由来にあるように、確かにここは動物でも下りてこれないと思います。義経でも無理でしょう。それにしてもこの地形、盗賊、特に海賊向けの絶好の隠れ家になると思います。小船であれば、そのままこの奥地まで来れますし、見渡しの良い浦賀水道にあってこの地形です。絶好の隠れ蓑になるでしょう。「ぬすとがり」の名の由来は別として、そもそもそうした賊の類がここにいたことから語られた伝承ではないかと、ふと思えてなりません。


満潮時に岩礁の窪みに入った海水が取り残された水溜りを”タイドプール”と云います。取り残された期間によってその水溜りの色が異なります。気の抜けた茶色いコーラ味がほとんどでしたが、たまに藻が発生して抹茶味となったタイドプールもありました。現地に訪れた際は気軽に味見してみてください。

タイドプール そして何げにひょこり島

ということで、雨崎海蝕洞穴松輪・間口海蝕洞穴、そして今回の毘沙門編と、いかがだったでしょうか。この後に三崎に向かったので、三崎編の記事も準備でき次第アップします。よければまた見に来てください。

※追記:『剱崎海蝕洞穴』『宮川海蝕洞穴』の記事アップしました。

※参考資料
『三浦こども風土記』『たてやまフィールドミュージアム



カテゴリー 探索記事(エリア別 三浦
記事作成  2016年8月5日

『毘沙門海蝕洞穴と盗人狩』関連記事


雨崎海蝕洞穴

雨乞いの地に営まれた海蝕洞穴と謎のビーチ

松輪・間口海蝕洞穴

間口港に開口するちょ~大型海蝕洞穴

剱崎海蝕洞穴

剱崎から江名にかけて所在する魅惑の海蝕洞穴

宮川海蝕洞穴

宮川から三崎にかけて所在する海蝕洞穴に潜入!

観音寺と権現洞穴

観音崎で海を見守っていた今は無き古刹観音寺と魅惑の洞窟

長井城跡 ~荒崎公園

長井義李の館跡・三浦義澄の城跡とも伝わる海の公園。

江ノ島

鎌倉時代の人達も参詣した江ノ島の神社や岩屋などの史跡

海蝕洞穴まとめ

魅惑の海蝕洞穴のまとめ記事

『毘沙門海蝕洞穴と盗人狩』周辺関連記事


頼朝の三崎山荘

頼朝の三崎遊覧をテーマに頼朝の三崎に関する史跡を紹介

海南神社

三崎の歴史を凝縮した三崎の総鎮守

南下浦

三浦義村の墓やレアな切妻型古墳時代横穴墓などなど

南下浦 ~後編

三浦半島の下部、南下浦の後編。

和田の里

三浦半島における和田義盛の拠点、初声の和田に所在する史跡を訪れました。

新井城跡

相模三浦一族終焉の地は強固な海の城

油壷史跡めぐり

新井城跡周辺の史跡めぐりに行ってきました!

三浦半島の記事記事


葉山町の記事一覧


三浦市の記事一覧


浦郷(追浜)の記事一覧


六浦・金沢の記事一覧


横須賀市の記事一覧


鎌倉遺構探索リンク