2014年4月21日月曜日

西行と鎌倉

願わくは、満月の光を浴びた満開の桜が、私と私の死を照らし出さんことを

生年没年 永久六年(1118)~文治六年(1190)
俗名   佐藤義清
家柄   藤原氏北家藤成流
最終官職 左兵衛尉


鳥羽院下北面の武士として活躍し、和歌・蹴鞠・今様などの才能にも恵まれ、将来を嘱望されていた佐藤義清は、突然、23歳の若さで出家し、西行と名乗り、遁世僧としてその後の人生を歩みます。2000首以上あるとも云われる彼が残した和歌は、当時から、そして現在に至るまで多くの人達を魅了してきました。そんな西行が、文治二年(1186)、鎌倉にて源頼朝と面会しています。遁世した身でありながら、一体彼にどのような目論見があったのでしょう。

西行法師

出自


佐藤義清は、藤原秀郷の嫡流(藤原氏北家藤成流)で、父・祖父・曾祖父と、左兵衛尉と検非違使を兼務する名家に生まれます。紀伊国田仲庄に荘園を所有する経済力にも恵まれた家柄です。『吾妻鏡』には奥州藤原氏と同族だとあります。他にもこの時代でいうと、小山結城氏や比企氏も藤原秀郷の末裔と云われています。時代が下りますが、光明寺を菩提寺とした内藤家もそうでした。23歳で出家する以前に、既に左兵衛尉に任官し、妻子ある身となっています。藤原頼長の日記『台記』に「俗時より心を仏道に入れ、家富み年若く、心に愁ひなきも遂に以て遁世す。人これを歎美する也。」と義清の出家した様子が記されています。

藤原秀郷流末裔の比企氏邸跡妙本寺
藤原秀郷流末裔の内藤家墓所光明寺


出家の理由


義清の出家の主な理由として、無常観説と悲恋説の二説が挙げられています。

無常観説

『西行物語』にある、同族で同僚の佐藤憲康と共に検非違使に任官される当日、憲康の突然死に衝撃を受けて無常観を募らせて出家したというものです。この「同族で同僚の佐藤憲康」ですが、文献・資料では実在を確認されていません。

悲恋説

もう一つは『源平盛衰記』にある「畏れ多くて名前を云えない程の身分の高い女性」との悲恋説です。この「畏れ多くて名前を云えない程の身分の高い女性」とは、はっきりとはわかっていないようですが、鳥羽天皇中宮の待賢門院璋子が候補の一人として考えられています。藤原李通を破滅に追い込んだとあったので、今でいうところの魅惑の悪女だったのかもしれません。ちなみに待賢門院は義清の17歳年上です。

出家後の西行は、東山・鞍馬・嵯峨などにて庵を結んでいたそうですが、特に高野山で生涯の多くを過ごしています。また、陸奥・四国への旅に出ています。後世にて『とはずがたり』の作者として知られる後深草院二条が、西行に憧れて旅に出たと云われています。

後深草院二条が鎌倉入りした極楽寺坂 たぶん西行もここを通ったはず


花が好きだった西行


「花に染む心のいかで残りけん 捨て果ててきと思ふ我が身に」

花の色に心が染まるほど花のことばかり考えている。そんなにも花に執着する心がどうして私の身に残ってしまったのか。出家の時には、あれほど念入りにすべての執着を捨て果てたと思っていたのに。(西澤美仁著『西行』より)

西行は花が大好きだったようです。花を題材とした歌が多く残されています。人が花を見て美しいと思う時、それは自分の心にある美しい部分を見ているのではないでしょうか。だからいつも花のことばかり考えている西行の心はきっと美しかったのでしょう。このことからもやはり西行は政治家には向いていなかったのでしょうね。



西行の鎌倉下向


文治二年(1186)、69歳となった西行は、二度目となる陸奥への旅に出ます。これは、平泉にいる同族の藤原秀衡から、東大寺再建事業に要する砂金を寄進するよう請うのが目的とされています。途中、鎌倉に立ち寄り、鶴岡八幡宮寺に訪れています。

西行が頼朝の目にとまった場所

頼朝との面会


『吾妻鏡』によれば、この時、鶴岡八幡宮寺の放生会に参詣していた頼朝の目に留まり、御所へと招待され、夜通し話し合っています。話題は主に秀郷流の兵法や和歌について語られ、頼朝は藤原俊兼を議事録係りにする程聞念入りに聞き入っていたようです。翌日、頼朝の引き止めにも応じず、西行は鎌倉を後にします。その際、西行は銀作りの猫を引出物にもらったものの、門の外で遊んでいる子供に与えたとありました。西澤美仁先生の著書によれば、この頼朝との面会は「秀郷流の兵法を伝授する代わりに、平泉からの砂金輸送の安全を保証させることとの政治的駆け引きだった」とあります。

平家新派だった西行


西行が鳥羽院下北面にいた頃、平清盛と同僚であった可能性が高いようです。歳も同じです。出家した後、西行は高野山に入りますが、これは忠盛・清盛の高野山復興事業と関連する見方もあり、また、忠盛の西八条の邸に高野山の僧が集まったことを歌に詠んでいます。西行自身も忠盛邸に訪れていると考えて間違いないでしょうか。さらに源平合戦で敗れた清盛の子の宗盛とその子の清宗の処刑に際し、同情的な歌を残しています。上述したように、晩年に東大寺再建のための勧進役を務めますが、これも滅亡した平家の菩提を弔っていたという見解があるそうです。

甘縄にある平盛久に関連する碑


預言の歌


「願はくは花のしたにて春死なむ その如月の望月のころ」

私は春、花の下で死にたい。願わくは、釈迦入滅の2月25日のころに、満月の光を浴びた満開の桜が、私と私の死を照らし出さんことを。(西澤美仁著『西行』より)

西行はこの歌のとおり、一日遅れとはなりますが、2月26日に亡くなります。花が大好きだった西行が桜の花びらと共に散って逝きました。西行が息をひきとったのは葛城山中の弘川寺、もしくは京都東山の双林寺とも云われています。


鎌倉での西行の痕跡


龍口寺から常立寺本蓮寺に向かう道に「西行戻りの松」と掲げられた案内板がありました。これは、西行が片瀬・江ノ島道の松のところで、村の童が鎌を持って歩いていたので「どこへ行く」と聞いたのに対し、童が「夏枯れて冬ほき草を刈りに行く」と和歌で答えたのに驚き、西行がもと来た道を引き返してしまったという伝承によるものです。このことからも西行が旧鎌倉街道でもある片瀬・江ノ島道を通っていたことがうかがえます。街道沿いには江ノ島弁才天道標と呼称される近世の石塔がいくつも残されています。

江ノ島弁才天道標

記事作成 2014年4月21日

カテゴリー別鎌倉人物に戻る

西行と鎌倉関連記事


常立寺

片瀬・江ノ島道に立地する龍口寺輪番八ヵ寺の一つ

本蓮寺

前身は開創595年の古刹で龍口寺輪番八ヵ寺の一つ

極楽寺坂

京と鎌倉の往還路、極楽寺切通沿いの史跡などを紹介

光明寺

鎌倉寺社を代表する禅宗寺院とは一味違う海と富士山が見える浄土宗のお寺

比企ヶ谷 妙本寺

比企一族の痕跡が残された比企氏邸跡に建つお寺

後深草院二条と鎌倉

後深草院二条が訪れた化粧坂とは?