2016年11月2日水曜日

円覚寺龍隠庵


円覚寺塔頭の龍隠庵(りょういんあん)は、黄梅院正続院などの他の円覚寺塔頭に比べると、歴史的ブランド力に劣る感は否めませんが、円覚寺境内の中でも屈指の魅惑のエリアです。

山号寺号 龍隠庵
建立   応永二十六年(1419)頃
開山   大雅省音
宗派   臨済宗円覚寺派


円覚寺境内図

円覚寺の境内を山門・仏殿と進み左に折れて奥へと向かいます。選仏場・済蔭庵(居士林)を過ぎると龍隠庵の入口に到着です。

秋の龍隠庵

龍隠庵


奥へ進むといきなり切岸に”やぐら”など、鎌倉を代表する土木遺構が出迎えてくれます。そして階段を登った先には心惹かれる素敵な境内が広がっていました。画像は見てのとおり紅葉シーズンのものです。

紅葉期の龍隠庵
切岸と階段
境内

円覚寺の見晴台


龍隠庵から円覚寺境内を見渡せます。ちょっとだけ高い位置から山門や仏殿を眺めることができるので龍隠庵はちょっとした円覚寺の見晴台です。

山門と松嶺院
仏殿と選仏場

切岸とやぐら


境内奥には切岸といくつもの”やぐら”があります。これら”やぐら”群はちょっと形状が変わっているので、もしかしたらただの石切り跡なのかもしれません。が、そうだとしても鎌倉寺社らしい景観となっていてとても素敵です。それにしても、これだけの大々的な切岸があるということは、円覚寺で石を切り出して収入としていた時代があったのでしょうか。


龍隠庵縁起


『鎌倉の寺 小辞典』によれば、龍隠庵は、長尾忠政の外護のもと円覚寺137世の芳隠省菊(ほういんしょうぎく)により円覚寺102世の大雅省音(たいがしょういん)の塔所として創建されました。当初は円覚寺塔頭法珠院の寮舎で龍隠軒と称していましたが、法珠院の衰退により龍隠庵だけが残り、応永三十三年(1426)に円覚寺の塔頭列に加わりました。庵の場所は度々移転したとあったので、創建当初からここにあった訳ではないようです。


長尾氏と雲頂庵


wikipediaによれば、長尾忠政は、永享の乱の頃に活躍した長尾一族です。山内上杉氏の家臣で武蔵国守護代を務めていました。忠政と同時代の同族長尾景仲が現在の円覚寺塔頭雲頂庵のある場所に屋敷を構えていたと『鎌倉市史 社寺編』にありました。もともと雲頂庵のある場所は長勝寺というお寺の開山塔があった場所です。長勝寺は永享の乱の後に廃絶しましたが、長尾景仲の子の忠景によって円覚寺塔頭雲頂庵として再興されました。ですからもしかしたら龍隠庵と雲頂庵は長尾氏に関連する繋がりがあるのかもしれません。


春の龍隠庵


紅葉時期には見逃せない境内となっていた龍隠庵ですが、新緑に囲まれた春の様相もたまりません。

春の龍隠庵



カテゴリー 探索記事(エリア別 北鎌倉
記事作成  2016年11月2日

円覚寺関連記事


円覚寺遺構探索

往時の痕跡、旧跡、遺構などを中心に円覚寺境内を解説

円覚寺黄梅院

円覚寺塔頭の黄梅院は夢窓疎石の塔所で足利氏の菩提寺

円覚寺塔頭まとめ

円覚寺塔頭をまとめました

北鎌倉エリア関連記事


建長寺伝延宝図

延宝六年(1678)徳川光圀施入と伝えられる建長寺境内を描いた古絵図

巨福呂坂

鎌倉と山ノ内を結ぶ鎌倉の大動脈にある坂道

建長寺四方鎮守 第六天エリア

建長寺の四方鎮守のひとつ第六天が所在する丘陵部に残された遺構

建長寺中心伽藍

日本初の禅寺建長寺の直線上に伽藍が建ち並ぶ魅惑の中心部

建長寺雲外庵跡

半僧坊参道にあった建長寺塔頭跡に残された痕跡

建長寺旧参道

勝上獄へ向う旧道沿いに残る塔頭や華厳塔の痕跡をめぐるルート

建長寺勝上獄 半僧坊

雄大な景色を望める半僧坊権現が祀られた勝上獄エリア

ワメキ十王跡

建長寺伝延宝図に描かれた十王跡とレイライン上に位置する十王岩

建長寺歴代住持

高僧・名僧ばかりの建長寺歴代住持の解説

長寿寺

足利尊氏邸跡に建つ禅寺の粋を極めた期間限定のお寺

明月院

関東管領上杉憲方の菩提寺で禅寺の極み

明月院 明月谷

明月谷の地に重なるいくつもの遺構と歴史に迫る

浄智寺

多くの名僧・高僧が住持した鎌倉後期の禅宗寺院

天秀尼と東慶寺

近世に縁切寺法を確立させた東慶寺の中興祖

東慶寺 ~縁切寺

明治時代までは女性救済のための尼寺だった古刹

葛原岡神社

源氏山ハイキングコース上にある日野俊基を祀る神社

瓜ヶ谷やぐら群

地蔵坐像や五輪塔の浮彫などが施された瓜ヶ谷のやぐら群

西瓜ヶ谷やぐら群

浮彫が施された瓜ヶ谷の西側にあるやぐら群