2018年5月13日日曜日

ヒカリモ黄金井戸

黄金井戸

今回訪れた場所は、なんと、横井戸を祀るというこれまでに見たことも聞いたこともないユニークな史跡です。こちらでは古くから黄金井戸と呼んで洞穴に弁財天が祀られてきたそうです。なぜ井戸が祀られているのかというと、それは黄金色に輝く不思議な井戸だからなんですね。そしてなんとそれは鎌倉にもあったことが判明しました。それはのちほど。


周辺の地理


富津市竹岡に所在する黄金井戸は、有名な鋸山や東京湾フェリーに乗れる金谷港などがある鋸南町からも近い位置にあります。鋸南町までが安房国圏内なので、竹岡は上総との国境付近となりますが、三浦氏全盛の時代では鋸南町も富津も三浦氏の所領だったようなのであまり関係なかったのかもしれません。鎌倉時代後期では鋸南町に二階堂氏が絡んでいたようです。

Google map
①黄金井戸 ②岩谷観音堂


鋸南町保田


館山からの帰り道、黄金井戸に寄るため高速に乗らず下道で行くことに。途中、ちょうどコーヒーでも飲みたくなったので鋸南町の辺りで道の駅に寄ってみました。三浦一族が、そして政所執事の二階堂氏なんかも使っていたかもしれない保田(ほた)の港がちょうど目の前です。

保田港


黄金井戸


保田から移動して黄金井戸に到着。国道127号線沿いにあるので迷うことはありません。井戸だと聞いていました、祀られているとも聞いていました、が、鳥居が二つもあるこんな神社のような大げさな様相だとは思いもしませんでした。

黄金井戸

岩屋のごとく丘陵壁面を削り社殿をはめ込んでいて、さらに細かい造作がたくさんあります。小さいながらも”やぐら”のように石造物を置くスペースをいたる所に施してありました。想像以上に素敵な景観です。

黄金井戸
黄金井戸
黄金井戸

さぁ、神々しくも有難い井戸はというと、せっかくなので「わぁ素敵!」とか言いたいところですが、申し訳ありませんが正直な感想として、黄金色というか、んん・・変な色してます(笑)

黄金井戸
黄金井戸

この黄金色に輝くからくりはヒカリモです。ヒカリモは黄金藻類に属する単細胞の藻で、洞穴内に入ってくる光を反射させます。そしてここが重要で、一般的に4月~6月までが見頃(ヒカリモの浮遊期)なんだそうです。

黄金井戸

井戸の上に皇神社なるものがあります。これも黄金井戸のためにわざわざこの地に勧請したのでしょうか。少しだけ高台になっているので海を見渡せますが、この日はちょっと”どんより”雲が出てきてしまいました。

皇神社
皇神社からの眺め

昔の人はヒカリモなんて知らないので、なんて神々しい現象なんだといって崇めていたのでしょう。でも日本って近世まで雨乞いをしていたんですよ、祈れば雨が降ると思っていた、もしくは神にすがるほど水が欲しかったんですよ、なかには「こんな色してたら飲めねぇし使えねぇ」とか言って無用の長物扱いをしていた人もいたのではないでしょうか。それにしても、私たちのご先祖さまたちは何でも神にして祀っちゃうんですね、そりゃぁ神が八百万(やおよろず)もいる訳ですよ。


鎌倉にもあった黄金井戸


今回ヒカリモを初めて見たはずなのですが、実は鎌倉のどこかで見たような・・気がしてなりません。記憶をたどってパソコンにある画像フォルダを探してみると、ありました。これ、常盤にあった横井戸です。これ絶対ヒカリモですよね、しかもこっちは確かに黄金色。

鎌倉の黄金井戸

このとき、水があると思っているところにこの色だったので、土砂でも流れ込んでしまったのかと思っていました。これがヒカリモだったとは思いもよらず。まぁ何はともあれ、鎌倉にもヒカリモが、そして黄金井戸があることがわかりました。但し、竹岡の現地案内板に「毎年同じ所に定期的に多量に発生する例はごく稀」とのことです。また常盤に行くことがあったら確かめてこようと思います。



カテゴリー 探索記事(房総・安房で鎌倉遺構探索)
記事作成  2018年5月13日

房総・安房で鎌倉遺構探索関連記事


中世安房国の勢力図と三浦一族

中世安房国の在地領主らの移り変わりと房総に渡った三浦一族

房総・安房のやぐら

房総半島の安房国(館山市・南房総市)のやぐら群まとめ

房総・安房で鎌倉遺構探索【概要編】

房総・安房国での旅のダイジェスト編

崖観音・大福寺

崖観音の名で親しまれる魅惑の岩屋寺院

那古寺・那古山

鎌倉期の仏像あり、岩屋あり、展望台あり、那古観音こと那古寺

館山城

南総里見八犬伝でお馴染みの里見氏の館山城

おくまんさま

館山城外堀地区にある横穴に祀られたおくまんさま

鉈切洞穴

海蝕洞穴に祀られた色んな意味で真っ二つな神社

光明院・地蔵堂跡

後藤義光の彫刻・岩屋形式のお堂跡・やぐら

洲崎神社・養老寺

鏡ヶ浦の突端に位置する漁業神・航海神の神社

安房神社・忌部塚

忌部氏の祖先を祀る安房国一宮神社

小網寺・法華谷やぐら

保持する文化財は一級品ばかり!

南条八幡神社

背後に城と横穴(やぐら)群を背負う八幡神社

大日山・舎那院

縁起不明の摩崖仏とやぐら群

稲村城やぐら

安房地方ならではの遺構残存度の高さが魅力の城跡

岩谷観音堂

横穴墓を限りなく改変・転用した珍しい史跡

正木氏菩提寺・正文寺

前身は真田(佐奈田)氏の菩提寺だった正文寺

丸氏菩提寺・安楽寺

背後に城とやぐら群を背負う丸氏の菩提寺

真野大黒天・真野寺

覆面観音と大黒天に代表される文化財の宝庫

小松寺

紅葉期にも行ってみたい素敵なもみじ寺

房州あじさい寺・日運寺

裏山も堪能できる房州を代表するあじさい寺

石堂寺(体感型城郭寺院)

城郭を感じられる足利氏・里見氏・丸氏に関連する寺院

天寧寺

鋸南町にある二階堂氏創建の禅寺

鯨塚と大黒山

捕鯨基地だった勝山で鯨を捕っていたのは里見水軍だった!

大山不動尊の謎と滝本観音

千葉にもあった大山寺は紅葉の素敵な寺院

明星山城と加茂坂

三浦多々良氏の末裔が拠点とした明星山城に迫る!

高田寺蛇骨やぐらと高田姫

高田寺跡の妖しい遺構を探検

安東千手院やぐら群

やぐらそのものがお堂となる安東氏の墳墓堂千手院

房総・上総で鎌倉遺構探索関連記事


笠森観音・笠森寺

岩山の上に観音堂が建つという日本唯一の建築様式・四方懸造寺院

長柄横穴群

高壇式と線刻画が特徴の古墳時代末期横穴

妙楽寺の森と木造大日如来坐像

定朝様式の丈六仏と天然記念物に指定された森のあるお寺

夢窓疎石・退耕庵跡・金毛窟

夢窓国師の座禅窟と退耕庵跡の痕跡

和田義盛の伊北館を探せ!

大多喜町にあると云う和田義盛の伊北館を夷隅郡史の記述から検証

燈籠坂大師と造海城跡

どちらも海と船に深く関わる興味深い史跡