タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

鐙摺城跡

2015/06/03

カ)三浦半島 三浦氏 城郭

t f B! P L

三浦半島の入口となる鐙摺にあったと伝わる砦は、三浦一族の城郭で、古くは『源平盛衰記』にもその存在が記されています。治承四年(1180)の小坪合戦(由比ヶ浜合戦)において、三浦一族と畠山重忠の軍勢が争った際、和田義盛が三浦義澄に対して立て籠もるよう進言した砦がこの鐙摺城です。

Google map 葉山
①長柄 ②堀内 ③一色 ④下山口 ⑤上山口 ⑥木古庭

鐙摺


鎌倉から134号を伝い、逗子海水浴場、そして渚橋を過ぎると葉山港が近づいてきます。葉山港の辺りを鐙摺(あぶずり)と云います。葉山の入口で三浦半島の玄関口ともなります。このまま道を南下すると三浦半島の先端まで行けるので、近世の絵図に三崎道と記されていました。

国道134号 逗子海水浴場の辺り
小浜からの景色

鐙摺の地名の由来


『葉山町の歴史とくらし』(以下歴史とくらし)に、源頼朝が三浦義澄に招かれ、三崎に赴くとき、鐙摺の険しく狭い道で馬の鐙(あぶみ)が岩に摺れたことに因んで命名されたとありました。周辺では古墳時代の集落が見つかっています。

葉山港

岩ヶ谷やぐら


近くで地味に目立たない小さな公園に横穴を見つけました。『三浦半島の史跡みち』(以下史跡みち)に「岩ヶ谷やぐら」と記されていましたが、このことでしょうか。形状からしてやぐらのようです。『史跡みち』が云う史跡と同一であるならば、ここからは縄文・弥生時代の土器から近世の古銭まで色々と発見されているそうです。ここに一体何があったんでしょう?

岩ヶ谷やぐら

日影茶屋


葉山港入口を過ぎると日影茶屋というお店が現れます。古風な建物に風格が備わっています。それもそのはず。『史跡みち』によれば、『新編相模国風土記稿』に既に「葉山茶屋」とその存在が記されているそうです。江戸時代から三崎道の休息茶屋として300年の歴史を持ちます。凄いですね。

日影茶屋

鐙摺城跡


日影茶屋の対面にある旗立山・軍見山・鐙摺山とも呼ばれる標高25mの岩山が鐙摺城跡です。三浦大介義明は、ここに三男の大多和義久を置き、長柄には家子長江義景を置いて、三浦半島の入口を固めました。この岩山だけでは、和田義盛が云っていたような、立て籠もって戦うなどといったことは考えられないので、この岩山は城郭のほんの一部かと思われます。

旗立山(鐙摺城跡)

鐙摺の葉山港は、関東大震災で地盤が隆起したため、3年がかりで築港し直しています。ですから砦の全貌は築港で失われただけでなく、地震による地形の変化もあったのかもしれません。『相模三浦一族とその周辺史』(以下周辺史)には「三方を海に囲まれた」とあったので、やはり葉山港を含む周辺一帯が鐙摺城の全体像だと思われます。

Google map 鐙摺
①旗立山 ②日影茶屋

もしやと思い近づいてみたところ、登っていけるようなので行ってみました。丘陵部をそのまま階段状に削り、何て言うのでしょう、七曲坂状態とでも言うのでしょうか、峠道のように蛇行しながら登って行きます。

七曲坂状?坂道

標高25mでも少しは高くなるので景色が開けました。三崎道と海岸線が望めます。


頂部平場は削平されていますが、城郭といった雰囲気は感じません。眼下に葉山港、そして向こうに江ノ島が見えました。

頂部平場

伊東祐親


鐙摺は、三浦義澄が伊東祐親を捕虜として預かっていた場所です。祐親は北条政子の懐妊により恩赦となりますが、その報せを聞いた直後、祐親はここ鐙摺で自害したと『吾妻鏡』に記されています。ちなみに現地案内板には「首をはねられた」とありました。こちらは曽我物語をソースにしているようです。そして平場の一画にはその伊東祐親の供養塔が祀られています。


大多和義久邸は?


有名な亀姫事件では、伏見広綱が亀姫を連れ命からがら逃げ出し、船に乗せて鐙摺にあった大多和義久邸に逃れたと『吾妻鏡』にあります。大多和義久は小坪坂を押さえていたと『周辺史』にありましたが、邸はこちら鐙摺にあったようです。

Google map 鐙摺
①葉山港 ②旗立山 ③日影茶屋 ④鐙摺谷 ⑤岩ヶ谷やぐら ⑥渚橋

さて、大多和義久が鐙摺に邸を構えていたとありましたが、どの辺りでしょう。今となってはそれを知る手だてもありませんが、候補地としては、上記した岩ヶ谷やぐらがある辺り、もしくは、そのまま日影茶屋でしょうか。日影茶屋を奥に行くと、鐙摺谷と呼ばれる小谷戸となります。マンションが建てられるほどの平地があり、さらに地元名手の家によくある蔵のような建物が残されていました。


お知らせ

●2021年9月現在サイトの工事中です。ご迷惑お掛け致します。

ブログ内検索

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ