2015年6月4日木曜日

森戸神社


社号   森戸大明神
祭神   大山祗命 事代主命
創建   治承四年(1180)


森戸神社は、鐙摺から少し下った葉山堀内地区の岬に所在しています。飲食店などの集積要因が集中する葉山元町からも近く、また森戸海水浴場に隣接している賑やかな土地です。

葉山元町

杜戸(森戸)


森戸神社の近くに「番場」という地名が伝わっています。往時では三浦氏の馬場があり、頼朝が馬揃えを検分したなどと伝わっています。その他『吾妻鏡』では、頼朝が納涼や小笠懸などの行事を森戸で行っている様子が記されています。これら状況証拠からも、鎌倉から森戸までの船路が既にあったこと、また多くの船が停泊可能な入江が森戸にあったことなどが推測されています。

Google map 葉山
①長柄 ②堀内 ③一色 ④下山口 ⑤上山口 ⑥木古庭

森戸神社縁起


縁起によれば、頼朝が伊豆に配流中、三島神社に源氏再興を祈り、治承四年(1180)八月、挙兵が実現したことから、ここにあった山王社に三島明神を分祀したと伝えられています。

伊豆三島にある三島神社

森戸神社境内


鳥居をくぐると参道沿いに祠がたくさん並んでいます。色々な神様が合祀されているようです。大きな神社でよく見られる風景ですね。その先に本殿が鎮座しています。境内より駐車場スペースの方が広いという地方都市ならではの絶妙な敷地配分に戸惑いを隠せません。


樹齢800年の飛柏杉


本殿裏の少しだけ地形が盛り上がった箇所に、樹齢800年以上の飛柏杉(ビャクシン)があります。三島より種子が飛来したという伝説があるそうです。建長寺にあるビャクシンも鎌倉時代からあるものですが、圧倒的なぶっ太い幹周りでした。一方でこちらは建長寺のものとは比較にならないほど貧弱な様相ですが、石やつっかえ棒でようやく支えられている様は、杖をつく老人のようで、樹齢800年なのかと言われればまぁそんな気もしないでもありません。

飛柏杉

千貫松


境内裏手から海を望めます。切り立った崖のような岩に松が植えられており、千貫松と呼ばれています。養和元年(1181)、頼朝ら一行が三浦大介義明追悼のため衣笠城へ向う途中、この地で休憩し、傍らにある松を見て頼朝が「いかに珍しき松よ」と言うと、和田義盛が「我らはこれを千貫の値がありとて千貫松と呼びて候」と返したそうです。この千貫松、小さいのでたぶん何代目かなんでしょうね。

千貫松

御殿原


森戸神社のすぐ裏の海岸には、岩浜が沖の方にまで続いています。その向こうに鳥居が立てられている素敵な風景です。『三浦半島の史跡みち』(以下史跡みち)によれば、頼朝がここに別殿を建て御殿原と呼んだとありました。現在でも柱跡や井戸跡が残されているそうです。


柱跡や井戸跡があるのは、あの向こうの鳥居のことでしょうか。ちょっとわかりません。夏になったらここで泳ぐついでに行ってみようかと考えていたところ、既にあんな所まで誰か行ってます(このとき5月)。下画像の人たちは柱跡とか井戸跡とかきっと興味ないんでしょうね・・。


葉山と言えば別荘地としても有名ですが、『史跡みち』では、頼朝が葉山で最初に別荘を建てた人ではないだろうかとありました。確かに。

夕照の森戸


森戸は夕照の地として知られています。以前に三浦半島出身の友達に連れてきてもらったことがあります。画像はそのときのものです。冬だというのにカメラを持った人がたくさんいました。

中央やや左に千貫松

霊所七瀬の御祓い


『吾妻鏡』貞応三年(1224)6月6日条に、将軍頼経が七瀬の御祓として祈雨の儀式を7ヵ所で行わせたとあります。由比浜・金洗沢・固瀬・六連・狎河・杜戸・江嶋龍穴の7ヵ所です。霊所として杜戸(森戸)が七瀬の一つとして数えられています。ちなみに「金洗沢」は七里ヶ浜の辺り、「六連」は六浦、「狎河」は上郷の「いたち川」、「江嶋龍穴」は江ノ島です。あとはわかりますよね。




カテゴリー 探索記事(エリア別 葉山
記事作成  2015年6月4日

『森戸神社』関連記事


三嶋大社

頼朝が深く崇敬し源氏再興を祈願した神社

建長寺中心伽藍

日本初の禅寺建長寺の直線上に伽藍が建ち並ぶ魅惑の中心部

和田合戦

和田義盛と北条義時の因縁は鎌倉全体を巻き込んだ大規模な市街戦へと発展

房総・紀伊半島の類似点と三浦一族

房総・紀伊半島にみられる多くの類似点と三浦一族の関係は?

六浦・金沢

六浦・金沢エリアをマクロ視点で解説

上郷

北条氏が支配した山ノ内荘本郷の史跡めぐり

江ノ島

鎌倉時代の人達も参詣した江ノ島の神社や岩屋などの史跡

鐙摺城跡

古くは『平家物語』にもその存在が記された三浦一族の砦跡

葉山 堀内地区

葉山に伝えられてきた堀内・館ノ谷という字名の意味するものとは?

長柄と長江一族

葉山の長柄を領した三浦氏の家子長江一族の旧跡をめぐる

新善光寺

戦火を逃れ名越の弁ヶ谷から葉山へと移転したお寺

木古庭 畠山陣地

畠山重忠が布陣したと伝わる木古庭に残された史跡をめぐる

葉山 上山口地区

自然の景観が多く残された葉山の秘境、上山口で山口有綱邸跡を探る

2015年6月 鎌倉遺構探索便り 葉山・横須賀編

葉山から横須賀市に入り秋谷・佐島へと向かいました!

2015年5月 鎌倉遺構探索便り 逗子・葉山編

素敵な海岸線、初めて見る史跡、豊富な自然に大満足の一日!

2015年5月 鎌倉遺構探索便り 葉山編

葉山の豊かな自然に囲まれた史跡をめぐりました!

三浦氏系図

三浦氏の系譜を三浦半島の史跡と共に紹介

鎌倉遺構探索リンク