2014年6月1日日曜日

八重姫と真珠院

山号寺号 守護山真珠院
建立   鎌倉時代
開山   実山永秀


八重姫と頼朝


安元元年(1175)源頼朝が29歳の頃だと云われています。 頼朝は伊東祐親の娘の八重姫の許に通い、千鶴という男子をもうけていました。祐親の上京中の出来事で、帰国してこの事実を知った祐親は激怒し、三歳になる千鶴を松川の奥の淵に沈め、八重姫を江間次郎に嫁がせてしまいます。そのうえ頼朝には夜討ちを仕掛け殺害をはかりますが、祐親の子の祐清の機転により、頼朝は命からがら伊東の地を脱出することができました。その後、頼朝は北条政子と結婚し、北条時政の婿として北条氏邸に居を構えていました。治承四年(1180)八重姫は待女6人と共に伊東竹の内の別館を抜け出し、頼朝がいる北条氏邸を訪ねましたが、頼朝との面会は叶わず、悲嘆に暮れ真珠ヶ淵で入水し自害したと伝わっています。真珠院にはその八重姫を祀る八重姫御堂が建てられています。


八重姫御堂


山門をくぐってすぐ右手にその八重姫御堂があります。静堂とも呼ばれているそうです。御堂には小さい梯子が置かれていましたが、これは八重姫が入水した時、せめて梯子があったら救うことが出来たのにという里人達の願いに由縁するそうです。願い事が成就した時そのお礼参りとして梯子を供える習慣として残されています。

八重姫御堂
梯子供養
真珠院前を流れる川 真珠ヶ淵?

真珠院境内


韮山の西側で守山と呼ばれる丘陵部の一画に真珠院は所在しています。丘陵部北側は御所ノ内と呼ばれ、北条氏に関連する史跡が集中しています。この立地条件にその寺縁起からも、こちらも北条氏に関連したお寺だったのではないかと想像が膨らみます。元々は真言宗で、室町期に曹洞宗に改宗しています。古来より修行道場として祇樹林の別称があるとのことです。

Google Map 伊豆韮山
①願成就院 ②守山八幡宮 ③光照寺 ④成福寺 ⑤堀越公方邸跡 ⑥北条氏邸跡・円成寺跡 ⑦真珠院跡 ⑧真珠院 ⑨子神社 ⑩満願寺跡 ⑪信光寺

真珠院入口
山門
境内
本堂

真珠院遺跡


真珠院には県下最古の正安四年(1302)の銘がある五輪塔が安置されている他、建武二年(1335)の宝篋印塔などがあります。五輪塔は通称を定仙大和和尚塔と云うそうです。なんか余計なものが乗っかっていますが、細かいツッコミはやめておきます。塔身に浮彫が施されています。鎌倉ではなかなか見ないタイプのものです。

定仙大和和尚塔
その他にも境内に中世のものと思われる石塔がある

真珠院跡


境内の隣が近現代の墓地となっていますが、これまた興味の惹かれる地形をしています。いかにも何かがあったような名残りが地形に見られます。ここがもともと真珠院のあった場所なんだそうです。

真珠院跡

丘陵壁面の高い所に何かがありそうなので、近づいて行くと、磨崖仏がありました。境内の案内板にあった「正平十八年/貞治二年(1363)阿弥陀如来磨崖仏」のことだと思われます。下の画像だと分かりづらいからもしれませんが、実際に見た限り確かに何かの像を模っているのだということは伝わってきます。

丘陵壁面にある磨崖仏
磨崖仏 

丘陵斜面が急峻だったりするので、地形の崩落があったのかもしれません。そういえば現在の境内も裏山への登頂口はなく、現代の崩落防止のための工事によってコンクリート化されていました。中世の狩野川の流れが現在と違ったように、往時の真珠院も随分と様相が異なっていたようです。

現在の真珠院裏山部

伊東親子のその後


八重姫の父の伊東祐親は、吾妻鏡によれば、寿永元年(1182)捕らわれの身として三浦義澄に預けられていました。このとき御台所政子が懐妊したこともあって、頼朝から恩赦を与えられましたが、その言葉を聞き自害して命を絶っています。一方で頼朝を助けた子の祐清も、頼朝から「おまえには功労がある。特に賞されるであろう。」と言葉をかけられていたにも関わらず、「早くお暇をいただきたい」とあくまで頼朝に従うつもりはなかったようです。寿永元年二月十五日条に誅殺されたとありますが、建久四年六月一日条によれば、祐清は平家軍に加わり北陸道の合戦で討死にしたとあります。日本人が最も美徳とするような生き方を全うした親子でした。

真珠院跡磨崖仏の辺りから眺めた景色 長岡の方を向いている



より大きな地図で 伊豆遺構探索 を表示

探索期間 2014年5月
記事作成 2014年6月1日

御所ノ内エリア 関連記事


願成就院

北条時政が奥州征伐の戦勝祈願のために建立したお寺

北条氏邸跡 御所ノ内エリア

北条氏邸を中心に御所ノ内エリアを検証

円成尼と円成寺跡

鎌倉幕府滅亡後に伊豆に都落ちした執権高時の母が北条氏の故郷に建てたお寺

武田信光と信光寺

頼家が暗殺されたことから伊豆で出家することを決意した武田信光の庵

成福寺

北条氏の持仏堂跡とも頼朝亭跡とも伝わる伊豆の成福寺


伊豆遺構探索のTOPに戻る