2014年6月8日日曜日

毘沙門堂


伊豆の韮山に隣接する奈古谷という地域に所在する毘沙門堂は、同じく奈古谷にある国清寺の鎮守とされていました。しかし、もともとの創建は平安時代にまで遡るお寺に由縁する古刹なんだそうです。

Google map 奈古谷
①国清寺 ②高岩院 ③徳隣院 ④龍泉院 ⑤奈古谷観音堂 ⑥松月院 ⑦毘沙門堂

画像の範囲はほぼ往時の国清寺とされています。表記した史跡は国清寺の子院などです。地上部にある⑤奈古谷観音堂という史跡から丘陵を登り毘沙門堂に至ります。観音堂から大よそ1.25km程の道のりでしたが、永遠と続く登り坂にクタクタになりました。伊豆の国市からレンタルした自転車で快適に韮山のだいたいの史跡をめぐったと言いましたが、ウソです。この史跡だけは辛かったです。

毘沙門堂への道のり


毘沙門堂縁起


この地には平安時代に安養浄土院(奈古谷寺)と呼ばれた寺院があって、文覚が住していました。安養浄土院はその後に頼朝と文覚が大改修し授福寺と改められ、毘沙門堂はそこの鎮守となります。まだ旗上げ前の出来事でしょうか。文覚はここから1km程の距離にある不動の滝で修行をしていたとも云われています。それにしても、安養浄土院は安養院(北条政子のの法名)、授福寺は寿福寺(北条政子の創建)を思わずにはいられません。政子さん、まだ頼朝と伊豆にいたこの頃を思い出して考えついたのでしょうか。

奈古谷観音堂辺りから 毘沙門堂はあの山の頂上かな

文覚上人


毘沙門堂に住していたという文覚は、遠藤盛遠という武士でした。18歳の時に源渡の妻の袈裟御前を殺害してしまったことにより出家する決意をします。三角関係のような間柄だったそうです。熊野山などで修行を積んんだ後、京都神護寺を再興しようと、後白河法皇から執拗に寄付を求めたため、法皇の怒りにふれ、伊豆に流されてしまいます。『吾妻鏡』にはいまいち詳細が記されていませんが、頼朝の旗上げに協力・尽力していた模様です。鎌倉の大御堂ヶ谷に文覚上人屋敷跡という石碑があるように、その後しばらくは頼朝の下にいたようですが、今度は東寺再興のためにまた罪を犯し隠岐に流されたそうです。その後の文覚の消息は分かっていません。

文覚の鎌倉での住居 大御堂ヶ谷入口辺り 


七つ石と石造群


毘沙門堂に続く参道周辺には梵字や仏像などが彫り込まれた中世以来信仰の対象となっている巨石が点在しています。蛇石・夫婦石・谷響石・弘法石・大目石・護摩石・冠石と名付けられたこれら七つ石と呼ばれるものとこれ以外にも梵字などが刻まれた巨石が点在しています。このことからも毘沙門堂を含む谷一帯が密教の場であったと考えられているそうです。ですから毘沙門堂は登った先にあるお堂を見て終わりじゃなくて、行程ルート上を宝探し感覚でめぐれる素敵な所なんです。

登り道序盤で広がるのどかな風景

広がるのどかな風景を眺めながら参道を登って行くと、早速ありました。こちらは両界曼荼羅種字と呼ばれるもので、なんと、鎌倉時代中期のものとありました。

両界曼荼羅種字
梵字が刻まれているのがわかりますよね

そろそろ息が切れながらもまた登って行くとあったのが、今度は阿弥陀三尊種字と呼ばれるもので、こちらは南北朝期のものらしいです。しかもここは平場があったり地形に段差がみられたりとちょっと怪しい雰囲気でした。何かここにあったのかもしれません。

阿弥陀三尊種字 右側に梵字が見えるでしょ
奥に広がる平場

そこから少し進んだ辺りに今度は七つ石の一つで蛇石と呼ばれるものがありました。この石に棲む白蛇を国清寺の高僧がこの岩に封じ込めたという伝承がその名の由来となっています。そしてこの蛇石には鎌倉時代前期の梵字が刻まれているとありましたが、確認できませんでした。ただ、その岩石の後ろに石祠があって、石塔類がいくつか置かれています。乾元二年(1303)銘の地蔵石仏龕があるとありましたが、鎌倉でも聞いたことのない名称にちょっと戸惑います。なんでしょうソレ。下画像の手前に中世のものらしき五輪塔の欠片があります。

蛇石 道の右側にある巨石
石祠と石塔 この中のどれかが乾元二年(1303)銘の石塔

そのまま道を進み、夫婦石・谷響石・大目石などを確認しました。梵字の刻まれた岩石に感動していたところなのに、夫婦石は「頼朝夫妻がここで一息入れた」という急にクオリティーの下がるいかにも観光客向けの由縁に力が抜けました。

夫婦石・・

この辺りで参道から外れた奥に怪しい地形がみられます。昔の参道跡ではないかと思えてきます。それともただの水路でしょうか。


毘沙門堂


そしてようやく毘沙門堂に到着。観光用パンフレットなどに掲載されたこのアングルを見て素敵そうだと思っていましたが、実際に来て見てやっぱり素敵でした。荒々しい石段の向こうに見えるのが仁王門です。仁王門にある金剛力士像は延徳三年(1319)のものなんだそうです。

毘沙門堂仁王門
金剛力士像

仁王門の先に行くと毘沙門堂かと思っていたところ、民家があったりとよくわからない状態でしたが、ここが授福寺跡だとありました。またここにも七つ石のひとつで護摩石がありました。文覚が護摩を焚いたとか、硯として使用したなどと伝えられているそうですが、鑿の跡が残ったままであることから礎石ではないかと考えられているそうです。

授福寺跡
護摩石

毘沙門堂っていうお堂はないのかな・・と微かな不安をおぼえながら歩いていると、鳥居が見えました。ここで理解しましたが、先ほどの仁王門はここにあったとされる授福寺のもので、ここからが毘沙門堂のようです。そしてまた階段を登って行くみたいです。ふぅ~


そしてようやく毘沙門堂に到着。山を登ったらそこから景色を眺めたいと思うのが人情ですが、そういった見晴台はありませんでした。この時ばかりはさすがにお堂の軒先で休憩させてもらうことに。

毘沙門堂

毘沙門堂への道のりはきつかった分、帰りは快適で、その急坂からも自転車で車を煽れるほどのスピードで下山できます。行きは七つ石などに寄り道しながら来ていたこともあって、もの凄い時間がかかりましたが、帰り道はものの数分だったような気がします。いつかまた来れる機会があったら、梵字や仏像が刻まれた岩石を探す宝探しをゆっくりしたいと思います。

毘沙門堂参道



より大きな地図で 伊豆遺構探索 を表示

探索期間 2014年5月
記事作成 2014年6月8日

毘沙門堂 関連記事


勝長寿院跡 大御堂ヶ谷

頼朝が建立した源氏一族の菩提寺跡

伊豆滝山不動

頼朝が旗上げの祈願をしたというお不動様

奈古谷エリア 関連記事


国清寺

畠山国清や山内上杉氏の伊豆の拠点

伊豆遺構探索のTOPに戻る