2014年6月2日月曜日

武田信光と信光寺


山号寺号 熊野山信光寺
建立   元久元年(1204年)頃
開基   武田五郎信光入道光蓮


伊豆韮山の西側で守山と呼ばれる丘陵部の一画に信光寺は所在しています。北条氏邸があった御所ノ内エリアです。信光寺の開基は『吾妻鏡』にも度々登場する武田信光で、寺縁起に、尼将軍の時代に伊豆の国を給わり12年間伊豆で過ごすとあったので、ここは伊豆の武田信光邸の名残りなのかもしれません。

Google Map 伊豆韮山
①願成就院 ②守山八幡宮 ③光照寺 ④成福寺 ⑤堀越公方邸跡 ⑥北条氏邸跡・円成寺跡 ⑦真珠院跡 ⑧真珠院 ⑨子神社 ⑩満願寺跡 ⑪信光寺

信光寺境内


三嶋大社から修善寺方面に向かう下田街道沿いに面しています。境内は広くありません。正面に本堂、左手に観音石仏群と武田信光墓所があります。

旧下田街道位置から
境内
境内奥

嘉永四年(1852)に裏山に西国三十三番観音霊場として石仏が配置されました。2003年に岩山の石段を登るのが危険であることからここに一箇所に集められたとあります。ですから青蓮寺のように裏山の各所に配置されていたのかもしれません。崖面は崩落防止のための工事が成されているので、裏山は失われているようです。残念。

観音石仏群
観音石仏群

境内には大師堂があり空海の加持井と称する井戸が残るとありましたが、どれのことなのかわかりませんでした。下画像のものは加持井とは記されていなかったので違うようです。

井戸

信光寺縁起


鎌倉より頼家の病状をうかがいに修善寺に赴き、鎌倉への帰路ここで頼家の殺されたことを聞き、方広庵を結び出家し光蓮と称し頼家の菩提を弔ったと云われています。『吾妻鏡』にも伊豆入道光蓮と記されています。

信光寺境内

二代将軍頼家は修善寺に幽閉され殺害されました。頼家のいた修善寺は前面通りの下田街道を下ってほんの12kmぐらいの場所にあります。

修善寺

武田五郎信光入道光蓮


武田氏は清和源氏で、八幡太郎義家の弟の新羅三郎義光を祖とし、義光の三代後の信義の時に武田氏を名乗ります。頼朝旗上げの際には共に挙兵しており、奥州合戦などでも戦功を挙げています。信光は弓馬四天王の一人に数えられる名手で、執権時頼にその技を伝授したと伝わっています。また、信光は武田信玄から遡ること14代前の武田家当主となります。

武田信光墓

吾妻鏡に記された武田信光


『吾妻鏡』の仁治二年(1241)三月に、海野左衛門尉幸氏と土地 の境における争論が記されています。裁判の結果、信光が敗訴となり、それにともない子の信忠を義絶しているので、その記述だけでは全貌をうかがい知れない一悶着があったようです。

建保元年(1213)五月の和田合戦において、北条方として参戦した信光ですが、若宮大路の米町口で朝比奈三郎義秀に出くわしたと記されています。互いに狙いをつけて戦おうとしていたところ、信光の息子の悪三郎信忠がその中に割って入ってきます。その時、朝比奈三郎は信忠が父に代わろうとしていた様子に関心し、急いで過ぎ去って行ったとあります。信光が弓馬四天王の一人に数えられる名手であっても、吾妻鏡に「彼と戦って死を免れない者はいなかった」と評される朝比奈三郎と対峙していたら、少なくともタダでは済まなかったと思われます。その後に義絶することとなる子の信忠にこのとき助けられたようです。

信光寺近くの下田街道から 向こうに富士山が見える



より大きな地図で 伊豆遺構探索 を表示

探索期間 2014年5月
記事作成 2014年6月2日

御所ノ内エリア 関連記事


願成就院

北条時政が奥州征伐の戦勝祈願のために建立したお寺

北条氏邸跡 御所ノ内エリア

北条氏邸を中心に御所ノ内エリアを検証

円成尼と円成寺跡

鎌倉幕府滅亡後に伊豆に都落ちした執権高時の母が北条氏の故郷に建てたお寺

八重姫と真珠院

頼朝との悲恋から真珠ヶ淵に身を投げた八重姫にまつわるお寺

成福寺

北条氏の持仏堂跡とも頼朝亭跡とも伝わる伊豆の成福寺


伊豆遺構探索のTOPに戻る