2014年6月11日水曜日

あやめ御前と西琳寺


山号寺号 弥勒山西琳寺
建立   文明十年(1478)
開山   蓮如



あやめ御前


西琳寺によれば、あやめ御前は伊豆の古奈の生まれで、都に上り鳥羽上皇に仕えていました。院で最も美しい女性だったと云われています。その後夫となった源頼政が平家討伐の戦いに敗れ京都の平等院で戦死した後、古奈に戻り、弥勒堂の下に草庵を結んで夫の菩提を弔ったと云われています。頼政は『吾妻鏡』の冒頭に登場する、以仁王の令旨を引き出した人物です。

西琳寺境内にあるあやめ御前の供養塔

古奈


古奈は伊豆長岡町の一区画にあります。長岡町同様こちらも温泉街となっています。西琳寺の辺りをあやめ小路と云いいます。そして面白いことに、西琳寺が背にする裏山丘陵部一帯を源氏山と云います。いつからそう呼ばれていたのかはわかりませんが、やはりあやめ御前が源頼政の妻だったことに由来するのでしょうか。

西琳寺前を通るあやめ小路
県道から見た西琳寺への参道

西琳寺境内


西琳寺は下田街道と平行するように伊豆長岡を南北に通る県道から少し入った場所にあります。温泉街らしく近隣は温泉宿に囲まれています。山門をくぐると本堂、少し奥へ行くと裏山となる源氏山への登頂口があります。

山門
本堂
境内

西琳寺縁起


寺伝によれば、弘仁元年(810)に弘法大師が草庵を結んだことに由来します。地元の人達が大師のためにお堂を建て、大師の刻んだ弥勒菩薩にちなみに弥勒寺と名付けられました。その後、北条斉寄なる人物が、子供が欲しいと弥勒菩薩に祈願したところ、斉寄の妻が、西琳寺の裏山から光る玉が飛んできて口の中に入る夢を見ました。しばらくすると、斉寄の妻は懐妊し男の子を産みます。斉寄は大いに喜び西の山から玉が飛んできたというので、西琳山という山号を贈りました。その後、文明十年(14787)に本願寺八世の蓮如によって真言宗から真宗に改宗し、寺号も西琳山弥勒寺から弥勒山西琳寺と改められました。


弥勒堂


境内奥から源氏山への登頂口があります。山腹に上記した弘法大師の弥勒堂があります。地形が崩落したのか、それともこの階段を造成したためなのか、中途半端な平場が斜面に残されていたりしました。

弥勒堂へ

山腹に弥勒堂が祀られています。あやめ御前も深く信仰していたそうです。境内にはあやめ御前が植えたと伝わる桜があり、頼政への追慕の情を託して植えたものと云われています。鳥羽院下で最も美しかった女性が植えた桜です。いつからか美女桜と呼ばれるようになりました。現在のものは六代目で、私がここに訪れたのは5月も後半なので、その桜は見ることはできませんでした。

弥勒堂のある細長い平場
弥勒堂から眺めた長岡町

源氏山


弥勒堂からそのまま源氏山に向かえます。鎌倉の源氏山同様、随分と整備されているようで、昔のものとは思えない立派に削平された太い尾根と広場が所々に設けられています。また、七福神めぐりとして、各地に小さな社殿とそれぞれ七福神の石像が置かれています。

源氏山尾根
見晴台

その後のあやめ御前


沼津市仏教会によれば、源頼政が平等院で戦死した後、「大師ゆかりの寺」(禅長寺)に入山したあやめ御前は、西妙と名を改め一族の菩提を弔ったと云われています。安貞元年(1228)に天寿を全うしてこの世を去ります。享年89歳でした。一説では伊豆に流されていた藤原為明が土地の女性と結ばれて産まれたのがあやめ御前と云われています。また、あやめ御前が近衛天皇に仕えていたともあったので、西琳寺の伝承とは異なる箇所が多々みられます。どちらにしろ「いつしか都の花とうたわれ殿上人の憧れの的に成長した」とあったので、あやめ御前が美人だったことだけは間違いないようです。




より大きな地図で 伊豆遺構探索 を表示

探索期間 2014年5月
記事作成 2014年6月11日

あやめ御前と西琳寺 関連記事



長岡エリア 関連記事


古奈と湯谷神社

吾妻鏡にも記されている温泉街古奈にある史跡

天野遠景と東昌寺

平家討伐の旗上げ時から頼朝に付き従ってきた天野遠景所縁の土地とお寺

最明寺

執権時頼の分骨を受け創建された伊豆の最明寺


伊豆遺構探索のTOPに戻る